青魚

●先日

よそ様に、そのまま食べるかつおスライス、というものをいただきました。

しっとり、ほんのりしょうゆ味のついてる、半生みたいなかつお節・・・削り節みたいなの。

鹿児島産。

うんまい。

すごく美味しい。

(*´∀`*)

お酒のおつまみ的ですが、ふつうにおやつに食べてもおいしい。

ご飯のおともにも、サラダにも使えそうです。

パックの推薦のとおり、ちょっとマヨネーズを乗せて食べたら、ホント美味でした。

まあ、あれだよね。

おいしいかつお節の削ったのって、そもそも美味しい。

そのまんまで美味しいのだから、あたりまえかもしれません。

(//∇//)



ちなみに、祖母の実家が鹿児島です。

南のほうの半島のそのまた奥地。

祖母の、何十年ぶりの帰郷につきあって、一度だけ行きました。

大昔のことです。

本当に、南国だった。

食べ物が、めちゃくちゃ美味しかった。

あたりのお家がみんな、とにかくでかくて立派だった。

漁村と聞いてたけど、イメージと全然ちがったわ。

わたしには、ものすごく豊かな、おおらかな田舎町に見えました。

なぜか、町・・・村? の人全員?が、わたしを見に来た(汗)。

不躾な感じではなくって、本当に、特別なイベントみたいな賑わいでした。

ふわふわと不思議な体験でした。

みなさん、とても親切。

だけど、仲間うちで話している内容が半分もわからない。

わたしと話すときだけは、標準語なのですけど。

最初のうちは、祖母が翻訳してくれてたけど、途中からめんどくさくなったらしい(笑)。

放っておかれて、おじさんおばさんたち(祖母の兄弟姉妹とその配偶者たち)と話すこともなくって。

初めて会った人たちですしねえ。

※当時、20歳ぐらいの大学生。

界隈をふらふら歩いた記憶があります。

漁村というより、農村に見えたなあ。

わたしのかすかな鹿児島の思い出です。

ぼんやりとしてますけど。



その、祖母の実家。

そのおうちから毎年、うちの実家に、立派なかつお節が送られてきていました。

大きくて、重たくて、独特のいい匂いがする。

子供のころは、ときどきかつお節けずりをやらされました。

大工さんみたいなカンナで。

新聞紙を広げて、床にぺったり座って。

けっこう力がいるので、あんまり好きな家事ではない(汗)。

でも、けずったばかりのかつお節の、あの素晴らしい香り。

それをその場で、つまんで食べちゃう。

(*/∇\*)

その削ったかつお節で、母が出汁をとるのだね。

煮物だったり、お汁だったり、お正月のお雑煮だったり。

きわめておいしいにおいの記憶です。

思えばあれば、わりと幸せな体験かもしれない。

なつかしいなあ。

あ。

かつお節けずりの記憶はたしかに昔のことですが、あれだ。

両親はいまだ健在ですので、おいしい匂いは今も嗅げます。

ときどき。

かつお節けずりは、今は父の(たまの)仕事です。







●サヴァ?

やたらと味つけの種類が増えた気がする。

スーパーのパック寿司コーナーにも、あたりまえのようにある。

そのわりには、商品棚(缶詰)はわりと品薄。

―――そうです、サバです。

意識してなかったけど、ぼんやりと認識してはいました。

サバ、流行ってるらしい。

とろいわたしなりにそう思ってはいたけど、今めちゃくちゃブームなのね。

最近、それを知りました。



昔からサバ、大好きでねー。

小学生のころから、いっちばん好きながサバの味噌煮でした。

(* ̄¬ ̄*;)

大人になっても、そうです。

ロンドンのとある和食屋さんに、ときどきサバ味噌を食べに行ってました。

缶詰じゃないやつ、食べたくって(笑)。

(最近はとしのせいか、ふつうに塩焼きも好きかもしれん。)

あるいは京都にね、旅行に行くじゃない?

帰りの新幹線の中で食べるご飯は、たいてい鯖寿司です。

いづう・・・いづ重・・・いや、他にもあるか。

ひとりで一本、たいらげます(汗)。

※小鳥さんは青ほぼダメなので、食べない。

ぐひ。

ひとり暮らしをするようになって、缶詰もつねにキープしていたので、なんというか、変な感じよ(笑)。

さばのブーム?

今さら?

(--;)

身体によくて、栄養たっぷり。

比較的やすくて、今のところは資源が枯渇するって話も聞かない。

今時、貴重なおです。

これからもサバの健闘を祈る。



なお>>

わたしはカツオも、サバも 青 だと思ってます。

が、カツオはちがうだろ、という意見も多いようです。

どちらが正解かは・・・知らない。







●では、

またね。。。

【16/09/2018 23:58】 旅★たべもの | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。