言い訳でしかない。言い訳ですらない。

●おお・・・

晴れた。

晴れてる。

(^~^;)

なんか久しぶりな気がします。

このところ雨ばっかり、という印象でした。

よかった・・・かな。



「最近、ぜんぜん写真とってないんじゃ?」

というようなコメントをいただきました。

(--;)

暑いうちは、はっきりいって死んでました。

写真どころではありません。

ちょっと涼しくなったから、カメラを取り出してみよう。

うん。



職場のおっさんに借りた(勝手に押しつけられた)、くだんのライカ。

Leica M4 ・・・だわね。

※ドイツ製の超?高級フィルム式カメラである。もちろんアンティーク。

(かるくヤフオクで調べてみると、ぶっ壊れてるものですら5万円とか。最高値で30~40万円ぐらい。)

こいつも試さねばなるまい。

といっても、フィルムをまず買うところからですね(笑)。

そもそもイマドキ、どこでフィルムを買うのか。

たぶん、コンビニやその辺のスーパーにはないですよね。

家電量販店なら、あるんでしょうか。

知らないぞ。

中古カメラを取り扱っている専門店に持っていって、使用方法を聞いてみようかしら。

取り扱いかたもろくに知らないのに、なんでライカなんだ。

重たいんだよ、ホントに。

実際に重量もあるし、わたしにとっても荷が重い。

身の程知らずでござる。

うぐぐ。



オフィスで断ればよかったでしょう? とはいわないで(笑)。

なんの前触れもなく、事前のお伺いもなく、ある日突然ですよ。

貴女を (カメラ好きの) 同志として信頼してこれを貸す、と。

重たい古いカメラと、レンズが全部で3本。

合わせて5キロ以上にもなろうってシロモノを、勝手に持ってきたおっさんです。

(おっさんはカメラマニアで、このライカM4だけで4台もってるそうだ。金持ち。)

アンティークの本革製のキャリーケースつきです。

(そのケースだけでおそらく、重さ2キロはあるだろう。)

いやいや、いや。

ありがたいけど、ありがた迷惑。

超いらない。

しかし善意のかたまりなので、どうにも拒否できず・・・(汗)。

(^~^;)

ボディ重量が500グラムのデジタル一眼レフですら、今では重たいと思ってるわたしなのに。

高級アンティークカメラテロ。

・・・あぐ。







●うさぎを

ケージから出したのが気に入らない、と。

言い訳をしたのが許せない、と。

父親が子供をなぐって、殺したそうだ。

「しつけのつもりだった」

―――ほんまに、反吐が出るよね。

この手の事件が多すぎる。

本当に、おおすぎる。

虐待。

という言葉すら、甘すぎる気がする。

れっきとした傷害致死でしょう。

自分に保護責任がある子供に、手足や言葉で暴力をふるう輩。

それを 「しつけの一環」 というやつらは、全部もう有罪でいいよ。

父親だとか、母親だとか関係ない。

情状酌量にはならない、全然ならない。

全員、もう無期懲役で。

それでいいよ。



親だってふつうの人間で、特別によくできた聖人ではない。

・・・うん。

カッとする、腹を立てることだってある。

・・・うん。

子育ては思うようにはいかない。

・・・はい。

でも、それでも。

虐待は別次元だと思う。

子供を口汚くののしったり、力まかせに引っぱたいていいはずがない。

子供だもん。

自分にとって、対等な相手ではない。

自分が絶対に負けないと、腕力では勝つと決まってる相手に、暴力をふるう。

それは、いじめだろう。

弱いもの虐め。

最悪。

どんだけチキンなんだよ。

それは傷害罪に問われるべき行為だ。



「叱る」 と 「怒る」 の区別がつかない親。

自分のプライドがいちばん大事で、子供相手に本気になる。

なるなよ。

情けない。

脆弱な自尊心を抱えているんだと思いますが、だからって許されることじゃない。



邪悪な子供っていうのは、もしかしたら、稀にいるかもしれない。

育てにくい子供は、確実にいると思う。

でも、それでも、暴力はダメ。

絶対にダメ。

我を見失うほどカッとなったら、負けだ。

いや、あれかな。

カッとなってもしょうがない場合はあるけど、暴力に訴えたらだめだ。

相手は子供なんだから。



個人的には、仮に例外があるとしたら、非常に特殊な場合。

親と子に体格の差がなかったり、あるいは子供のほうが体格がよかったりして。

それで親に対して、暴力をふるってくるようなケース。

バットで殴りかかってくるみたいな、生命の危機を感じるような場合。

・・・自衛という意味でなら、暴力はやむを得ないかもしれない。

特殊すぎますね。。。



「しつけの一環」 は、もう聞きたくない。

小さな子供が死んで、それで親がそういうのがホントに許せない。

嘘つけ。

アンタ自分が腹を立てて、思いっきり暴力をふるったんじゃないか。

都合よく正当化するな。

暴力はだめだ。

何があろうとだめだ。

自分の子だろうと、他人の子だろうと、だれかその辺の大人だろうと。

同じなんだよ。

殴りかかっていい相手なんかいないのだから。

ねえ。

小さい子が亡くなるニュースは、見たくないよ。

もう見たくない。







●では、

またね。。。


【23/09/2018 16:20】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。