生きてます!

●ごくごく

一部の方ではありますが、ご心配をかけてごめんなさい。

お心遣いありがとうございます。

あたたかい励ましのお言葉も嬉しいです。

わたしは大丈夫です。

ブログを放っていた・・・つもりはないのですが、なんでしょ。

疲労困憊。

気力減退。

ぷっつん。

つまり、万事ぐだぐだ。

そんな感じです。







●三日つづけて

夜の人身事故とか、線路の陥没事故とか、なんだろう。

地震でも台風でもないのに(ダイレクトには)、何だったんだ。

祟られてるんじゃないかと思うレベルの、運の悪さでした。

いや、もうさ。

都心の電車あるある・・・とも、言い切れないよね。

(^~^;)

なんなんだよー。

わたしが何をしたっていうのー。

自分の通勤ルートじゃないところで、なんか大きなトラブルが発生する。

「ふうん」

ぐらいの感覚なのに、それが加速度的にトラブルを助長する。

こっちの路線が混み、あっちの路線が混雑で止まり。

振替輸送のルートすら、別の故障かなんかでストップする。

おいおい。

雪だるま式に、あっちこっちに影響が広がる。

うにゅ。

いとも簡単に、帰宅難民のできあがり。

カオス。

あまりにも容易に発生しすぎじゃない?



ホント。

日本の交通インフラ、大丈夫なのか。

東京が世界に誇る便利で正確なトランスポート、ではなかったのか。

台風が去ったあとでこれ。

地震が来たわけじゃないのにこれ。

来年ラグビーのワールドカップが来ますけど、大丈夫なのか。

その次の年はオリンピックらしいですけど、こんな惨憺たるありさまでいいのか。

しかも、オリンピックは夏だぜー。

やや涼しくなった今ですら、鉄道網がマヒすると大変なのに。

真夏なら、熱中症は不可避だよ。

どうするんでしょうねえ。

(他人事だけど、自分がその迷惑をこうむるの? 他人事じゃなくね?)



あ。

あかん。

妙に、悲観的になってるようです。

(((((((;´д`)))))))







大谷翔平くん

なんかシーズン最終試合の直後に、さっさと手術してましたね。

しばらくは痛かろう。

それはそれは痛いだろう。

ああ。

想像するだけでイヤダ。

(ρ_;)。。。

靭帯をあたらしく張りつけたほうの腕は、もちろん。

どっかからその靭帯を持ってきたわけで、そっちの腕(足?)も痛いだろう。

(ρ_;)。。。

傷の心配は、まあ痛いだろうけど、いつかは癒える。

でも、リハビリの痛さは半端じゃないらしい。

というかそれ以前に、日常生活にも不便するらしい。

ご飯を食べるとか、お風呂に入るとか、冷蔵庫を開けるとか。

そういうごくごく日常的な動作の、ひとつひとつ。

髪の毛ひとつかき上げるのにも、ズキ!って痛みが走るとか。

(ρ_;)。。。

想像してみてよ。

超がつく凡人のわたしですら、いやだ。

利き腕の肘にざっくりメスを入れて、靭帯をごっそり入れ替えるとかイヤダ。

怖いもん。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。



あうう。

道は長いなあ。

4週間ごとに術後の経過をチェックする、らしい。

今は完全オフですが、さて。

ってことはしばらく、日本に帰って来ないのかな。

11月半ばまではメジャーの行事がある・・・かもしれないけど。

その後は帰国するんじゃないかって、思ってますが。

わかりませんね。

早く痛くなくなるといい。

早くリハビリが始まるといい。

うまくいってほしいです。







●おまえはマジで

大谷翔平のことしか頭にないのか?

―――といわれたら、さあ。

答えに困るぞ。

『春抱き』。

といっても、当分は岩城さんに会えないみたいだからなあ。

どうすればいいのか。



Amazonプライムで、ひっそり映画やドラマを見てるぐらい?

猫侍」(ドラマのほう)とか、その程度ですが(笑)。

ウォッチリストにはいくつか好みの映画も入ってるのですが、重たいので気が乗らない(汗)。

「日本の一番長い日」 「最後の忠臣蔵」 などなど。

TBS版の「ロクヨン」は見ました。

原作は読みたいけど、まだ読んでない。

NHKがドラマ化したらしく、それも見てない。

・・・そんな状態で見たけど、わりと面白かったけどなあ。

レビューを見るとさんざん貶されてたので、ちょっと心配になった。

おっさんの顔に刻まれた苦悩や、後悔や、恐怖を、じっくりこってり描いてました。

原作を読んだら、また印象が変わるのかもしれません。



そういえば、新潟で35度を超えたって?

10月なのに。

台風一過のフェーン現象とはいえ、あんまりじゃなかろうか。

「平成最後の猛暑日」

などといわれてますが、住民は別に嬉しくないだろうなあ。



巨人軍。

高橋由伸監督が辞任。

・・・罵詈雑言になるから感想は書かない。

ですが、彼に若干の同情心は残ります。

そもそもの経緯からして、気の毒やったからね。

3年も監督やったら、言い訳はできないけど。



「新潮45」をめぐる問題。

例の、某自民党員のしょうもない記事と、そこから発展したいろいろな問題。

そして急転直下の休刊(廃刊)劇。

いいたいことが山ほどありますが、なかなかまとめる時間がない。

わたしはね、LGBT問題に深入りしたくない。

・・・というか、それを口実にした右翼左翼論争、かな。

そういうひとが事実、いること。

それは趣味の問題ではなくて、そういうふうに生まれついたってこと。

わたしたちの周りにもふつうにいて、中にはいいひとも、そうでない人もいるってこと。

そのぐらいしか知らない。

世の中ではマイノリティなので、いろいろと差別されたり、誤解されたりするってこと。

それがいやで隠してるひとも大勢いるってこと。

みんな、事実だ。

なかには大いに偏見を持つひともいる、よね。

そういうネガティブな気持ちを抱くひとに関しては、まあしょうがない。

人間は自分とちがうもの、自分の感覚が通用しない相手を、怖がるものだから。

でも、そういうのにシンパシーを感じない人であっても、許容はできると思うの。

価値観の多様性。

そういう寛容は育てられる。

偏見を助長するのは、無知だ。

偏見を端っこに押しやることができるのは、知識だ。

偏見は差別を生みます。

―――というのは、人類の歴史が証明してるんじゃないでしょうかね。

肌の色による差別、とか。

信仰による差別、とか。

今もあるけど、でも、まあ、徐々になくなりつつある。

(と思いたい。)

んね。

まあ、この話はまたいずれ。



織田信成くん。

何年ぶりかで演技を見ましたけど、わお。

わお、と思ったのは初めてでした。

技術的なことはよくわかりません。

わからないけど、でも凄いとは思った。

ポイントはそこじゃなくて、あの雰囲気。

存在感というか、あの余裕というか。

気負いなく、堂々と、何よりも非常に楽しそうに。

見ているひとを幸せにする、あの圧倒的な雰囲気。

あれは大人にしかできないなあ、と思いました。







●では

またね。。。



【07/10/2018 05:12】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (1)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。