日曜日は

●晴れて

ぬくかった。

うむむ。

小鳥さんがフリースを着てなかったぐらいには(笑)。

らしい・・・?

かなあ。



定期券(Suica)の更新に行ったついでに、駅でたくさん集めてきました。

旅行のパンフレット(笑)。

ああいうのって、どうしても気になります。

こういうところに行きたいな、ああいうのもいいなって。

あれこれ妄想しながら、ページをめくるのが楽しい。

から冬は、とくに。

実現するかどうかは、まあ、たいした問題じゃない(笑)。







●こころの

栄養剤はこれです。

なんて楽しいの。

(*´∀`*)







うっとり。

お気に入りは1本目。

チームのお祝いが最高だよね。

4本目。

ヤンキーズの剛腕セヴェリーノが 「絶対に打たれないだろう」 と確信して投げた速球(ちなみにボール球)。

内角高めを、ほぼ反応で振り抜き、右翼スタンドにぶち込んだ。

メジャーをあっと言わせたホームラン。

セヴェリーノは 「もう内角には投げない」 と宣言し、その後はずっと大谷くんを追いかけてた。

というか、気にせざるを得なかった?

「彼がホームランを打つと、テレビもネットもそのニュースばっかりになるし。いやでも目に入る」

とかなんとか、いってました。

このホームラン以降、大谷くん攻めはガラリと変わります。

内角ではなく、外角(チェンジアップとか)一辺倒に。

(シーズン開幕時点では、大谷くんを封じるには 「内角に速球投げとけ」 と言われてた。)

データ野球とはいいますが、なんでしょう。

ここまであからさまに、一本のホームランが 「大谷対策」 を変えるものなのね。

(//∇//)

13本目(動画で4:18ぐらいから)。

代打ホームランです。

珍しく、めちゃくちゃ強引に引っぱたいている。

打撃フォームが崩れるほどに(踏ん張りすぎて滑ったのかも)、なんというか、飛ばしたよなあ。

14本目。

あこがれのジャスティン・バーランダーからの一発。

すっきり清々しい。

22本目のホームラン。

ファンには嬉しい、元チームメイトのマーティンとの対決。

大谷くんが勝った、のはまあ、事実なんですけど。

だけどレフトの守備がひどいと思う。

あのホームランは、うまい外野手なら捕れたよなあ。

・・・あうう、キリがないですね。

おなじみの 「ビッグフライ、オータニサン!」 の心地よいこと(笑)。

ちなみに、ヴィクター・ロハスという実況担当者だ。

Fox Westの彼と、マーク・グビザという解説者のコンビがいちばん多い。

グビザはエンジェルズOBで、もうベッタ惚れの大谷くんファン。

ショウヘイショウヘイ、ほんとうるさいよ(笑)。

中継でこのふたりの声が聞こえると、なんかほっとします(笑)。







●では、

またね。。。

【21/10/2018 23:59】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。