"Bohemian Rhapsody" the film (2回目)

●12月1日は

映画の日。

(たぶん)一年に一度、1000円で映画が見られます(笑)。

おまけに土曜日。

ヾ(*´∀`*)ノ

これ幸いと、というべきか。

小鳥さんと一緒に、ふたたび映画館に行ってきました。

ウッホ━━━━ヽ(*'∀`*)ノ━━━━イ

ええ、もちろんクイーンです。

フレディ・マーキュリーです。

ボヘミアン・ラプソディー』です。

2度目です。

(//∇//)

















ちなみに、混んでました。

田舎のシネコンなのに(笑)。

お昼前の段階で、すでに 「残席わずか」 になってたのは 『ボヘミアン・ラプソディー』 のみ。

しゅごい。

実際に満席、ではないと思う。

見たところ、8割ぐらいの入りかな? (もっとも、午前中の上演です。)

でも、封切から4週間でこれは凄い。

うん、すごい。



映画「ボヘミアン・ラプソディ」配給会社が驚いた「異変の始まり」

いや、驚かないよ。

クイーンだもん。

「リピーターが多い」

「話題が話題を呼んで、ふだん映画に行かない人も行ってる」

「当時を知ってるはずのない若いひと、昔からのファンじゃない層も見てる」

ぜんぶ、その通りだと思います。



『ボヘミアン・ラプソディ』超ヒット、全世界で5億ドル突破へ ― 日本、海外興収第3位にランクイン

どこが凄いのか?

実在の人物をベースにした映画だから 「再現度」 が話題になるのは当然だ。

どれだけ似ているか。

つまり、どれだけホンモノたちを彷彿とさせるか。

人物だけじゃなくて、あの時代、あの社会の空気を含めてね。

どうしたってそこが話題になるけれど、この映画は、なんというか。

そういのを超越してる。



単なる再現ドラマ、じゃないのよね。

ドキュメンタリー風、でもない。

きっちりと、映画というアート(=創作物)として成立している。

ファンが、そして何より本人たちが、それを認めている。

そこが凄いのだと思います。

この映画を見て泣く人も、大興奮する人も、魂が震える人も、たくさんいると思う。

そこにはもちろんクイーンの音楽と、フレディの存在が欠かせない。

そこは大前提。

でも、結局、映画に感動してるんです。

映像作品としてダメだったら、感動は生まれないよ。

クイーンの音楽を題材にして、こんなもんしか作れないのか」

「役者たちは頑張ってたのに(よく似てたのに)」

「巨費を投じて、あのころのウェンブリーまで再現したのに」

って言われると思う。

ダメ作品だったらね。

映画の力。

総合すると、そういうことなのだと感じました。







●ちなみに

個人的な記録?といえば、 『モーリス』 なのです。

(//∇//)

映画を、じっさいに映画館で見た回数ナンバーワンのね(笑)。

まだ学生のころですが、いったい何回みたのかわからない。

少なくとも20回、30回は行ってる気がしますが、カウントしてません。

覚えてない。

一人でも行ったし、友だちとも行ったし、彼氏とも行った。

(男性にはしんどかったろうと思うが、よく何回もつきあってくれたよね。)

不動の記録です。

一生もうこの記録は破られないでしょう。



映画を見て、いいと思い、感動し、いろいろ考える。

泣いたり、震えたりする。

そういう体験をした映画はたくさんあります。

でも、だからといって何度も何度も見たいか? というと、そうとは限りません。

まして映画館で、となるとね。

だけど 『ボヘミアン・ラプソディー』 は、そういう映画です。

また見たい。

もう一度、見たい。

映画館で見たい。

あの人たちにまた会いたい、と思わせてくれる。

めったにないことです。



2度目を見て思ったのは、おそろしく覚えてないってこと(爆)。

あれ? こんな表情をしてたっけ?

こんな会話だったっけ?

おや、あれはもしかして 〇〇(別のアーティスト)のそっくりさんか?

―――そんな、小さい発見(再発見)がいっぱい。

おばちゃんとはいえ、記憶力には自信がある。

そう思ってましたけど、かなり劣化してるようです。

(^~^;)

詰め込まれている情報が多すぎて、全部をひろうのが大変(笑)。

二度目でも、まだまだ把握した気がしない。



たとえば今回、

「ああ、あれはひょっとしてデイヴィッド・ボウイと、もしかしてジョージ・マイケルなのか」

などと、思ったりするわけですよ。

ライヴ・エイドで、記者さんたちが大物アーティストを囲んでいるシーン。

ロングで撮ってるし、あえて役者さんたちの顔は見せない。

わずか数秒。

でも衣装から、わかるのよね。

あの当時の洋楽ファンなら、たぶんわかる。

たとえば、あの希代のイベントを計画したボブ・ゲルドフ(を演じる俳優)。

若い。

似すぎ。

それがまた、訛りまでそっくりで泣かせる。

ボウイも、マイケルも今はもういない。

フレディもいないけど、他にもライヴ・エイド関係で、もういない人がたくさんいる。

※ボブおじさんは元気みたいです。

いうまでもなく、わたしはボウイの大ファンでした。

この映画の中で、たとえ一瞬であっても、彼(のまぼろし)に会えたのがうれしい。

そういう発見がいっぱいです。



そういえば小鳥さんも、ブログ更新してましたね。

金閣寺のお札の話。

あれ、同じものを持ってます(笑)。

最初に映画を見たとき、お寺のお札があるのは気づいた。

かなり目立つので。

でも、どこのお札かまでは判らなかった。

たしか金閣寺では、拝観料を払うともらえたんじゃないかなあ。

フレディもそれをもらって、自宅に貼っていたのか。

そう思うと、ちょっと繋がりができた気がします。

(//∇//)



小鳥さんは今回も号泣し、手が震え、全身で発熱してた。

フレディとクイーンへの思い入れが、わたしとはケタがちがう。

「今度、ひとりで見に行ったらごめん」

とまで言われた(笑)。

彼女は休日出勤の振替で、水曜に休みがあるからね。



わたしもたぶん、また見ます。

とても見ずにはいられない。

見たい。







●では、

またね。。。


【02/12/2018 10:04】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。