惨敗。 (追記あり)

☆追記その2☆

3日はなんとか無事に映画館にたどり着きました。

これもすべて、同行してくださった某さまのお陰です。

感謝!





☆追記☆

お年賀のご挨拶をたくさん頂戴しています。

みなさま、本当にありがとうございました。

あらためて、本年もどうぞよろしくお願いします。







●父のPCを

借りています。

ひとの器械は使いにくいけど、まあ、しょうがない。

うひ。



1月2日は、あれです。

朝とりあえず、海に向かいました。

海というか、海岸線というか、要は国道134号線。

つまり、箱根駅伝のコースです。

何年かぶりに、応援に行ったので。

(なにしろ徒歩10分ぐらいの距離なので、近所にも、駅伝応援がお正月の定例イベンドっていう人は多い。)

そのへんで配られている読売の小旗は、いつも拒否。

うは。

それなりに写真を撮りましたけど、さて。

どの程度ちゃんと撮れているのか、疑問です。

母校の応援は・・・どうかなあ。

あんまりパッとしない順位なので、明日(復路)の奇跡を祈ろう。

シードがつく程度には頑張ってほしいですね。







●さて

その後、頼まれて駅前までお買い物。

ほかにも雑用を済ませてから、のたのたと辻堂に向かいました。

その時点ですでに、敗北は確定していたようです。

ううう。

なんの話かというと、もちろん、映画です。

テラスモールにある映画館にね、行くつもりでした。

(というか、行きました。行っただけ。)

お正月休みだし、レディースデイだし、まあ、ほら。

なんせ異常なまでに興行成績が伸びている『ボヘミアン・ラプソディ』、ですし。

ある程度は混んでるだろうと、思ってはいました。

思ってたよ。

うん。

とはいえ、さ?

さすがにもう、封切から2か月ですよ。

田舎のシネプレックスですよ。

なんとかなるだろう、と思ってました。



が。

わたしは、もちろんそんなつもりはないけど、ぼへを舐めていたようです。

テラスモール(=ロケーションが田舎)も、思えば完全に舐めていた。

いろいろと、楽観視しすぎでました。

事前に予約をせず、ぶらっと行ってもなんとかなるだろうと。

ひとりだし。

そう考えていたのですが、大きな間違いでした。

うにょん。

いやん。



スクリーンは3つ。

そのいずれのシアターでも、次の上映は完売。

満席。

入場不可。

「ええ・・・・」

うっそお。

マジか。

「どの回なら空いてるの・・・?」

ほぼ8時間待ちの、21:30なら。

「はあ?」

本気でいってんのか。

その時間から始まる上映だと、まずうちに帰れません。

たぶん電車おわってるって。

「無理・・・」

どんなにその時点で悔いても、予約してなかったのはわたしのミス。

帰省中でぷちネット落ち中だったから、混雑状況のチェックもしてない。

はい。

迂闊でした。

見くびってました。

あかん。

すんません。

わたしがバカでした。

・・・退却。

すごすご。



ちなみに>>

テラスモール自体も、卒倒するくらい混んでました。

なんなのあれ。

元日からセールやってたのに、2日目でもあんなに混むのか。

ひょえ。

※わたしは昔から、世間的にうバーゲンなどには非常に疎いです。

「全茅ヶ崎市民と、全藤沢市民がここに結集しているのでは」

と思うほどの、混雑でした。

ダメ。

無理。

助けて。

しまいには立ち眩みと頭痛で、ふらふらと退散しました。

撤収。

敗北。

惨敗。

ぐうの音も出ない完敗でした。

ちぇ。

リベンジするもん。

きっと。







●では、

またね。。。


【03/01/2019 03:59】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。