赤ラミ煩悩

●帰省中です

なので、これは予約投稿。

2018年のうちに書いたけど、でも1月3日に見たらみ、もといぼへ、を基に追記してます。

うひ。







●お正月に

いきなりこれかよ!

といわれそうなのが、今日のタイトル。

(´∀`σ)σ

おとそ気分とか、死語ですから。

(^~^;)



ご明察どおり。

ラミというのは、もちろんラミ・マレックです。

映画ボヘミアン・ラプソディー』の主役です。

フレディ・マーキュリーです。

って、書くまでもない?

彼が、いかにフレディの魂を表現しているか。

今さら、いうまでもありません。

乗り移っているよね、という気すらする。



ただ、純粋に役者さんの容姿だけをみると、そこまで似てはいない。

だからこそ、彼の演技力が高く評価されているわけですが。

フィジカルな点だけでいえば、そっくりさんではない。

ラミはむしろ、どちらかといえば小柄というか、ほっそりタイプ。

身長も高いほう、とはいいがたい。

だけどいちばんの違いというか、彼の特徴は、その眼の大きさでしょう。

くりくりした、とても大きな目。

顔の面積における瞳の割合が、とても高いと思う(笑)。

彼の役者としての魅力ではあるし、表現力の源でもある。

でも、目が大きいと、やや幼く見られがちです。

とくに、映画のライヴ・エイドの場面。

すっきりした髪型とシンプルな衣装のせいもあって、ほら。

あの場面のラミは、じつはいちばん美しい、というか、かわいい。

というか、かっこいい・・・?

ホンモノと比較するとわかるけど、だいぶ若く見えます。

実際には、あのライヴ時点でのフレディと、撮影時のラミは、ほぼ同年代。

外見だけでいえば、ラミのほうが若く、かっこよく見える。

(フレディファンから非難ごうごう浴びそうだけど、まあ、相手はハリウッド俳優だからね・・・?)

が、あれだよ。

色気。

色気は、フレディの圧勝だから(笑)。

大人の男性の (げいの) 色気。

んね?

(´∀`σ)σ



というわけで、あれです。

今まで書いたのは単なる前提で、本日のテーマは色気です。

らみのセクシー大爆発。

なんのこっちゃ。



※以下、ネタばれあります。



わたしは、ラミちゃんに色気がないとは思ってない。

でも映画では、それをあんまり見せてもいない。

(=監督がそれを要求していない。と思う。)

いっちばん若いころのフレディの描写では、ちょっとだけ。

それこそ最初にメアリーに出会ったころね。

その当時のホンモノのフレディは、なんていうんでしょう。

イカツイ大男なんだけど、いろいろ破綻しているんだけど、あやしいまでの色気があった。

ヤバい感じの色気ね。

女性美とはまったく違う、かといってゲイゲイしいわけでもない、歪んだ美。

一般的に見て美しいとか、かっこいいとか、そういうものではない。

ゲテモノすれすれ(ごめん!)でありながら、目をそらせない魔力。

毒のある・・・倒錯美、みたいな感じ?

※初期の話です。



ラミは、それをうんと希釈した何か、を見せてはいる。

「Keep youself alive」のシーンとか。

彼本来の控えめなキャラもあるかもしれないけど、意図的ですよね。

制作者サイドの。

アメリカでいう「PG-13」を得るために、性的な部分をコントロールしてるのだと思う。

映画の審査機関による指定で、13歳未満の子供が観るには親の注意が必要、という意味。

逆にいえば中学生以上なら好きにみられるわけで、映画の興行成績にひどく影響するらしいです。

(ちなみに、えっちやぬーどの有無だけじゃなくて、ドラッグや暴力シーンも指定に影響します。)



で、あれだよ。

フレディの光の部分だけではなく、闇の部分も見せる。

キレイゴトにはしない。

そういう意図の映画ではあるけど、ダークな側面はあくまでソフトに。

間接的に描いています。

クルージングとか、ドラッグとかさ。

※クルージングってナンパというか、まあ、男あさりというか(爆)。

そういう、意味です。

映画の中に、その断片はあります。

無軌道な、性的に奔放・・・つか、かなり乱れた生活をしてたんだろうな、というシーン。

タバコはしょっちゅうふかしてるけど、パーティー場面には麻薬もあるよね。

ポールが連れてくる男性たちも、いかにも、だし。

(^~^;)



で、赤ラミです。

もっともあからさまにゲイゲイしい、「Another one bites the dust」 のシーン。

映画のストーリーとしては、あれだ。

例によってロジャーとフレディが喧嘩して、それをブライアンが仲裁して。

険悪な雰囲気のときに、ジョンが黙ってベースを弾き始める。

そのリフレインが、じつに個性的でカッコいい。

「・・・あ?」

全員がはっと振り返る。

「That... that's quite... a cool riff...」 といったのは、ブライアンだっけ?

(台詞はうろ覚え。)

バンド仲間でもめても、音楽のことになるとみんな目の色が変わる。

というのもおもしろいし、なにしろ、実際かっこいいのだ。

曲が。

楽曲の制作過程を描くのがこの映画のおもしろいところですが、ここは特にいい。

これが 「Another one bites the dust」 という曲に昇華する。

しびれるほどに、かっこいいロックです。

高音で朗々と歌い上げるタイプのフレディが、ここではシャウトしてる。

そこも超かっこええ。

(*/∇\*)



映画ではそのまま、演奏シーンになる。

じっさいには、ほぼミュージックビデオみたいな作りです。

約3分間の至福。

★。*゚☆ ヽ(*´・`**)チュッ♪

この歌をうたうラミは、赤いノースリーブを着ている。

ゆえに赤ラミ。

飛び散る汗と、盛り上がる筋肉と、浮かび上がる血管と。

ベースのリズムに合わせて肩をゆする、その仕草。

そのなめらかな肌を、下からのアングルで舐めるように映すカメラ。

おい。

うわあ。

なんだこれ。

なんだこれ。

ヒ ワ イ。

たまらん。

ラミの成熟した色気が、いきなり爆発してる。

やらしい。

肩の浮き上がった血管のラインと、しなやかな筋肉が超絶せくしー。

濃厚な、動物的なフェロモン。

すさまじい。

やばい。

肩。

筋肉。

視線。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

悩殺。。。



薄暗い舞台に、ライトがまぶしい。

耳に残るかすれたシャウト。

ベースのボン、ボン、ボン・・・というビート。

歌うラミと交錯するのが、革ジャンを着たフレディ(ラミ)がバーの店内にいる映像。

撮影されたものの、最終的な映画からカットされたシーンだと思われます。

明らかに、だって、ゲイバーだよね。

クルージングだ。

右へ、左へ、視線がゆらぐ。

ワン・ナイト・スタンドの相手を探してるのか。

ボツになったのは、どういう場面だったのか。

あうう。

気になるのは当然でしょう。

ああ、見たい。

どんな男をひっかけた(ひっかけられた)のか。

絡み合う視線。

ぐう。

ラミはいったい、そのシーンをどう演じたのか。

それが知りたくてたまりません。

(//∇//)



ラミはちょっと小柄で、ちょっとキュートで。

お色気は控えめ、ややキレイ目バージョンのフレディ。

―――と思っていたのが、ひっくり返るかもしれない。

よね。

うふ。







●以上

ああ、よかった。

やっとやっと、赤ラミのことを書けました。

他のどの場面よりも男くさく、色っぽい3分間。

これだけで、何度でも映画館に足を運ぶ理由になります。

そのくらい強烈。

はい。

悩殺されてください。

では、またね。。。



【04/01/2019 01:06】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。