雪。

●はい、

寒いです。

すんごく寒い

((( ´w` )))サムゥイ!!。。。

です。

いや、今どうなってるのか知らないけど。

日付の変わる前、おそくに帰って来るときはでした。

みぞれ気味の、大きな、ひらひら、ふわふわ、べちゃべちゃの

「あ・・・」

(--;)



コートにひちゃっとくっついて、水になる。

そういう



ん・・・?

東京は、こないだ初を観測したんだっけ。

忘れちゃった。

でも、わたし的にはこれがこの冬の初雪。

一月の終わりとともに、やって来ました。

そう。

二月というと、なぜか雪のイメージ。

三月も、雪のイメージだなあ。



東京と神奈川で生まれ育つと、雪はそれだけでイベントです。

「お、雪だ!」

という言葉のあとに、見えないちいさな ♪ がついてる感じ(笑)。

おばちゃんになってすら、そう。

いや、しちメンドクサイんですよ?

寒いし、びちゃびちゃに濡れるし、翌朝はたまに凍ったりするし。

電車がとまるわ、遅れるわ、バイク便が来ないわ。

いいことない。

(^~^;)

それはわかってるんだけど、雪の超レア感は消えない。

お祭り感というか、ね。

勝手に、心がわくわくしちゃう感じ。

それは、消せない。

ガキみたいですけど、ね。

(((((((;´д`)))))))



明日どうかなー。

晴れの予報だから、仮に積もったとしても、たぶんとけちゃう。

あっという間に。

はかないね。







●そして

大谷翔平きゅん。

うひひ。

ヾ(*´∀`*)ノ

いいねえ。







うはは。

ヽ(*´∀`*)ノ

へったくそよ、英語。

若いんだし、もうちょっとうまくてもいいんじゃないかと思う(笑)。

ミズハラ通訳、しばらくは失職しなさそうね。



でも、ね。

えこひいきじゃなくて、実際、これはいいスピーチだと思った。

なぜか?

まず、本人が堂々としている。

焦りもせず、びびりもせず、自然体。

顔をあげて、ちょっと笑うところもいいね。

きれいな姿勢と、きちんとボタンをとめたスーツ。

こういうの、見てるひとは見てます。

でね、ちゃんとね、いうべきことをいってる。

これ重要。

誰にどういうお礼をいうのか、ちゃんとわかってて、フルネームで呼ぶ。

日本の社会ではこういう習慣はないけど、アメリカにはあります。

名前を呼んで称える、感謝する。

この世界で生きていくうえで、とっても重要です。

思えば大谷くんは、そもそもエンジェルズの入団会見のときから、そうだった。

名前をあげて、感謝する。

―――ちゃんと、いい参謀がいるんですね。

(エージェントだと思う。)

最後に、両親に感謝するのもポイント。

家族を大事にする、してるところが見えるのは、すごく大事。



面白いことは、ひとつもいってない(笑)。

いや、オスカーをとった俳優ならともかく、受けを狙う必要はない。

スピーチがうまい必要もない。

スポーツ選手だもんね。

だけど最後に、今度はアンチョコなしでスピーチするね!(笑)

って、笑顔をみせる。

うーん。

なかなかいい。

(〃∇〃)

エンジェルズの入団会見では、

「ホントは背番号、27番がよかったんだけど、他のひとが背負ってるから・・・」

という冗談が、ファンに大うけしました。

もちろん、27番とは、エンジェルズの至宝マイク・トラウト選手です。

大看板。

チームを文字通り背負って立つ大スターです。

日本からやってきた新人がおこがましい!

・・・とは、ならなかった(笑)。

彼の人柄でしょうね。

うひ。

うひひ。







●では、

寒いです。

みなさま、どうぞご自愛ください。

またね。。。


【01/02/2019 01:54】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。