ぼへる、ぼへる。

●はたして

いつ飽きるのか?

いつやめるのか?

それは誰にもわかりません。

やめられない、とまらない。

それが、『ボヘミアン・ラプソディ』。

ヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪



日曜日も、小鳥さんと映画館に行ってきました。

13週目かな?

11月9日の公開から、すでにほぼ3か月。

まだ上映してるだけでびっくりですが、ねー。

ぼへ だもんねー。

常識は通用しない。

日曜日のお昼ごろの上映。

東京のちょっと郊外寄りのシネコン。

300人以上はいるスクリーン。

ボヘミアン・ラプソディ』 は、ほぼ満席でした。

ふつうの上映ですが、ほぼみんな、こっそり小声で歌ってる(笑)。



ラミちゃん。

本当に不思議だ。

映画の中では、ラミ・マレックは本当にフレディにしか見えない。

バンドの4人の中で、素顔という意味では、いちばん似てないのに。

さらに不思議なことに、見るたびに、

「あ、似てる・・・」

と思う回数が増える。

見れば見るほど、似てる。

似てるというより、フレディにしか見えない。

どういうことでしょう。

理屈では説明がつかない。

「なんか、前よりも、今のほうが、似てるよね」

という意味不明の発言をしたら、小鳥さんもうなずいた。

あ、フレディだ。

そう思うシーンが、10ぼへ ぐらい?して、増えているのが驚異。

本当の、本当に、降りてきてる・・・んだなあ。

そうか。

こんな気持ちを抱く人がたくさん、リピーターになってるのかも。



どこぞの記事で、

映画(の中の事実をいじってる部分について)に腹が立つけど、でも見てしまう」

とかいうファンがいる、ってのを読みました。

あほ。

あほやね。

悲しいひとだね。

映画は創作物、フィクションですってば。

ドキュメンタリーではありません。

映画の中でつかわれる曲が、実際のリリース順じゃない、とか。

あい?

ほえ。

超どうでもいい。

フレディという人間に関する素材を、だね。

かき集めて、取捨選択して、ひとつのストーリーになるように並べなおした。

選択されずに落っことしたネタも多い。

映画ってせいぜい、2時間ちょっとだものね。

おおむね時系列だけど、繋がりが悪ければ入れ替える。

事実が生きてる人間のプライバシーに立ち入りすぎるなら、メタファーと差し替える。

そうやって加工して、仕上げた作品でしょう。

フレディの音楽家としての天才を、人間としてのもろさを、最高のかたちで見せるために。

そのための映画よ?

フレディをもっともよく知ってるひとたちが、OKを出した作品よ?

なんで、それに文句をいうかなー。

わっかんない。



あ。

もしかすると、正規の料金を払って見たのは、初めてかもしれない(笑)。

(*´∀`*)

もはや、なるべく安く見よう、という思いすら、どうでもよくなりつつある?

今週はまだぼへってないな、と。

そう感じて、からだが自然に要求するんですね(笑)。

うは。



正直にいうと、あれだよ。

赤字。

想定外の大赤字(笑)。

ぼへ に通うようになってから、えらくお金がかかります(笑)。

それまで通わなかった映画に、突然に、せっせと行くようになったでしょう?

もともと映画が趣味のひとと違うから、いきなり出費が増えた。

どうしてくれよう。

もうね。

映画のチケットは、安く買えるときもあるけど。

それでも回数を重ねれば、それなりの金額になります。

交通費。

わりとかかります。

わたしの場合は、レイトショーにタクシーで無理やり間に合わせてるせいもあるけど。

(^~^;)

劇場にいけば、ドリンクとか買ったりするしねえ。

幸い、ポップコーンは好きではないので買わない(笑)。

あと、ひとりならいいけど、誰かと行くときは、ほら。

映画の前後にお茶をしたり、ご飯を食べたりしますよね。

そういうのも、ぼへ のせいで激増中。

うひゃ。

まあ、そりゃ、自業自得ですわ(笑)。

生活費のどこかを削って、趣味に投下してるわけですから。

アホといえばアホ。

ですが、クイーンだからなあ。

フレディ・マーキュリーと、ブライアン・メイだからなあ。

どうしようもない。

理性が死ぬのもしょうがない。

「命張ってるよね」

と、小鳥さんはいいます。

たしかに。



いつか、いつか。

どこまで伸びるかは知らないけど、いつか終わる。

ぼへ の上映ね。

いつかは終わります。

今のところ、2月いっぱいはあると思う。

アカデミー賞の結果次第では、3月まで伸びるかもしれない。

でも、永遠に続くわけではない。

終わる、のかー。

いやだな。

焦る気持ちもある。

耐えがたいほどつらいですが、でも、でも。

・・・心の奥底で、ちょっとほっとするかもね(笑)。

(^~^;)







●では、

またね。。。


【04/02/2019 12:30】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。