空前の鯖クライシス、略して「サバクラ」

●感謝

スカート(ワンピース)ねたに、アドバイスいっぱい!

ヾ(*´∀`*)ノ

ありがとうございます♪♪

まさかいろいろ教えてもらえるとは思ってなくて、すごくうれしかったです。

革ジャンかっこいいなあ。

持ってないけど、ほしくなりました。

今の時期ならではのファッションですね。

(*´∀`*)



大学2年生ぐらいまでは、スカート派でした。

完全に。

アメリカの大学に交換留学に行ったときに、おやあ?

周囲を見渡したら、スカートはいてる人なんかほぼいない。

全然いない。

細いひとも太ったひとも、とにかく女性はみんなジーンズ。

お、今はデニム?(笑)

制服かってぐらい、キャンパスでの日常は(ほぼ)ジーンズ。

(プラス目だけ厚化粧、ロゴ入りトレーナー、スポーツシューズ。)

ふと浮いてる格好の自分が恥ずかしくなって、人生初のジーンズを買いました。

今でもなんとなく覚えてるけど、ミネアポリスのショッピングモールで。

わたしが住んでた街ではない。

(それは、イリノイ州のド田舎。本当に、ド田舎。)

大学のセンセ(教授)に、連れて行ってもらったんだよなあ。

今かんがえると変に感じるかも?

その週末たまたま、その先生のご自宅に泊まりに行ってました。

週末もキャンパスの寮にいっぱなしの留学生のわたしを、だね。

「今週末は実家(自宅)に帰るけど、一緒に来ない?」

みたいに誘ってくれるクラスメートや先生が、わりといました。

みんな、いいひとなのよ。

気軽に誘ってもらってたし、こっちもわりとほいほいついて行ってました。

牧歌的というか、性善説よね(笑)。

アメリカとカナダ留学中、いったい何軒のひとん家に泊まったのか?

数えられない、覚えてないです(笑)。

びっくりするほどの豪邸もあったし、その逆もあった。

嫌な思いをしたこともあるけど、危険や悪意にさらされたことはない。

アメリカ中西部、というのがミソ。

本当のアメリカの懐に飛び込んだ、そんな気がしています。

この話をするとエンドレスなので、やめておこう。

振り返れば、めちゃくちゃ貴重な体験を山ほどしました。

(*´▽`*)♪







●目がかゆい

花粉症ひどいよね。

この記事を読んで、すこし勉強になった。

花粉症の目のかゆみ 人工涙液と目薬の二刀流で

アレルギー性結膜炎の目薬は、買った。

これを使うようになって、若干ですが酷いかゆみは軽減しています。

あと、人工涙液かー。

これは明日さがそう。

うむ。







●サバ缶

品薄のうえに、価格が高騰しすぎ。

オサレな新製品が出る一方で、サイズはどんどん小さくなる。

おいおい、笑えない。

ヾ(´▽`;)ゝ

もともとサバ好きで、貧乏人の味方サバ缶だいすき(笑)。

そういう従来のサバ缶ファンには、昨今の鯖ブームは忌々しい。

腹立たしい。

なんもいいことない。

ふつうのさ、容量が多くてやっすいサバ缶どこ行った?

市場から消えたよね。

(((((((;´д`)))))))

むっかつくー。



そもそも、あれです。

サバ缶に限らず 「女性向け」 「女性受け」 のために何でもかんでも小さくする。

オサレなパッケージにして、値段を上げる。

・・・そういう風潮が、大きらいだ。

バキッ( `o´)ノ)゜3)゜∵∴ブハッ

見栄えだけよくて、中身がすっからかん。

ぼったくりって言わない、それ?

女性がみんな、そんなのを喜ぶと思ってるのか。

全員、そこまでアタマヨワイとでも?

バカにするのにもほどがあるぜ。

ふん。







●では、

またね。。。


【10/03/2019 17:56】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。