イチローくん

成績は・・・ちょっとさびしい。

打てないよなあ。

正直、年齢なのかと思ってしまう。

言いたくはないけど。

それでもマリナーズのスタメンとして、日本に来ています。

※今のところは、日本の野球チームとの練習試合ね。

メジャーの球団が、日本でレギュラー・シーズンの開幕試合をやる。

それ自体がイベントだ。

すごいことだ。

いいたくはないけど、イチローくんの引退の花道として、チームが用意してくれたんだろうな。

と、思うよね。

やっぱり。

寂しいとは思うけど、同時に、それをしてもらえるほどの選手なのだと。

レジェンドだもんなあ、と思う。

あらためて、イチローくんは凄い。

すごいと知ってるからこそ、今の打てない状態は見たくない。

そうも思っちゃう。

複雑よね。

(^~^;)



マリナーズのお相手は、アスレティックス。

こちらは日本ハムと対戦しました。

このチームは強い。

うぬ。

それは、昨年ずっとエンジェルズを見てたから知ってる。

日本ハムはわりとあっさり負けました。

まあ、ね。

そんなもんでしょう。

しかし、ちーちゃんが好投してびっくり。

ちーちゃんというのは、ベテラン金子投手のことです。

4回を投げて9奪三振って。

メジャー強豪を相手に、出来すぎの出来栄え。

メジャーに行きたかった人だもんなあ。

昨シーズンまでオリックスのエースでしたけど、いろいろとゴタゴタ契約でありまして。

すったもんだの挙句、日本ハムがお安く手に入れた。

・・・ま、そんな経緯のひと。

我ながら現金ですけど、オリックスのちーちゃんはキライでした(笑)。

かっこつけマン。

そんな感じの人なので(笑)。

※小学生みたいな悪口ですまん。ごめん。

が、不思議なもので、ひいきのチームに来てくれた途端、たのもしい(笑)。

なんともいえず、たのもしく感じます。

ちーちゃん、素敵♪

ヾ(´▽`;)ゝ

先発投手の足りない日本ハムで、どうぞ存分に活躍してください。

がんばってほしいわ。







●ニュージーランドの

クライストチャーチ。

というと、これまで日本のメディアで話題になったのは、地震だったと思う。

覚えている方も多いでしょう。

東日本大震災の少し前に、大きな地震があった。

日本人の留学生が大勢、被害にあった。

教会やビルが倒壊して、大変なことになっていました。

その報道が続いているときに、あの大震災が起きた。

日本の地震のすさまじさに、ニュージーランドの地震は吹き飛んでしまった。

そういう印象があります。



そして今回、起きたこと。

モスクでの銃撃テロには、戦慄しました。

何が起きたのか、どうして起きたのか。

どれだけニュースを聞いても、読んでも、脳内で理解できない。

理解したくない、のかも。

友人の出身地ですが、のどかで落ち着いた街だというイメージしかない。

ビデオゲームみたいなノリで、実況しながら、銃を乱射しまくる・・・?

何十人もころしてしまう。

女性も子供もいるのに、なんの見境もなく?

そこにいる人たちに、なにか恨みがあるわけでもないのに?

※恨みがあったら殺戮が許されるわけではない。念のため。

意味不明。

まったくもって意味不明。

理解不能。

もっとも、この虐殺劇を 「理解」 できる人にはなりたくない。



イスラム教徒と、イスラムを騙ってテロ行為を働く輩は別物だ。

まったく別だ。

それを混同してはいけない。



メインストリームの報道ではさすがに見せていないけど、ネット上にはあふれている。

・・・らしい。

犯人が自ら撮影し、インターネットに中継した映像。

見たくないし、見るつもりもないけど、あれだよ。

わたし程度のネット知識があれば、簡単に見られるところに、それはある。

(あった、かもしれない。今は削除もされてるだろうけど、さらに拡散もされてるでしょう。)

世界中で、誰でも、それが見られる状態にある。

大人だけじゃない。

子供が好奇心に駆られて、見てしまう・・・よね。

つかもう見たよね、おそらく。

なんというか、しみじみと恐ろしい。

とても恐ろしいことだと感じます。



ヘイト。

その対象が人種なのか、宗教なのか、その両方なのか。

人を人と思わないからこそ、虫けらのようにころせるのでしょう。

人間らしい感情がない。

それと同時に、こんなことをやったら人生終わりだ、という発想がないのか?

とも思う。

失うものがない人間の犯罪、という側面もあるのでは。

そこには正当化するための、なにがしかの 「正義」 「義侠心」 があったのかもしれない。

それが、どれほど歪んだ思想であっても。

ふと、思い出した。

相模原の例の事件。

障害者施設を襲ったあの大量殺人事件と、似たような感じかもしれない。

闇は深い。



異質なものをおそれ、排除しようとする心理は、多くのひとが持ってる。

それが性的指向でも、宗教でも。

それを抑制するのは教育の役目。

知性と、教養と、想像力。

実際にその文化を知ることでしか、解消されない。

みんな違って、みんないい。

―――それを、だれもが信じられる社会にならなければと思います。







●では、

またね。。。



【18/03/2019 23:07】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。