あれから34年

●拡大しないと

見えないと思うけど・・・(笑)。

今年の夏のここまでの気温を、貼っておこう。



may-july2019weather.jpg



なぜかというと、もちろん。

わたしの記憶にある限り、こんなに穏やかな(涼しいとはあえていわない)夏はない。

めったにない。

慶賀の至りであります。

ホント。

というか、毎年あつくって苦しんでいるけど。

怪獣・・・じゃなかった。

いつも、夏は妖怪アセミドロだけど。

(そしてわたし的には、東京の夏は5月に始まり、11月にようやく終息する感覚。)

去年は本当に、ホントにひどかったんだなあ、と思います。

今さら。



いや、まあ、なんというか。

こんなことを書いた途端に、暑くなるかもしれないけど(汗)。

(^~^;)

それはヤダな。

実にヤダな。

うぎゅ。



そうね、冷夏。

(今のところ、ね。)

個人的な皮膚感覚ではうれしくても、一般的には、あまりよくはない。

それはわかります。

夏だというのに、野菜や果物の値段が上がるよね。

お米の出来にも、きっと影響する。

そういうのを望んでいるわけじゃ、ない。

でもねー。

日本の夏は暑すぎる。

わたしが子供のころとは、全然ちがう。

ひとが死ぬほどの暑さだもの。

だから、こういう夏があるとほっとします。

完全にトロピカルになったわけじゃないのね、と。

生きていく気力がわいてくる。

救い。

それはありがたいのです。

実に。







●夏のクイーン・イベント

ひと様に教えていただきました。

情報提供、感謝です。



映画『ボヘミアン・ラプソディ』無料上映が上野公園で開催

上野で、ぼへ。

ふえ~。

野外フェス的な何か?

暑いと思うのでパス。

ですが、いや、もし涼しかったら・・・(笑)。



QUEEN -HEAVEN-

夏のプラネタリウムで、クイーン

わお。

これは行ってみたい。







小鳥さんはまず不参加なので(大きなお耳のワガママお嬢さんがいるからね)、さて。

誰か、ご一緒してくれるといいなあ。



なお、明日ですが。

7月13日というのは、かの 『ライヴ・エイド』 の日です。

1985年、昭和60年。

遠い昔だわね(笑)。

ええ、もちろん。

わたしは多感なティーンエイジャーで、洋楽の大ファンで。

ライヴの映像を、テレビで見ていましたとも。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

仮に、クイーンの伝説のパフォーマンスがなかったとしても。

それでもあのライヴは、あの企画自体、空前絶後の大イベントでした。

永遠に語り継がれるでしょう。

そういうレベルだった。

今ああいう規模のイベントを、企画はおろか、夢想するひとすらいないんじゃなかろうか。

ねえ。

(そして仮に今あったとしても、インターネットの時代に、かつてのインパクトはない。)

凄いことが起きたものです。

凄いものを、体験した。

うん。



では、またね。。。


【12/07/2019 23:17】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。