アッチィ―――ヽ(´Д`;≡;´д`)ゞ―――!!!! (この夏7回目)

●部屋が

あちい・・・ (((((((;´д`)))))))

あかん。

暑すぎる。

旧型エアコンが仕事しない。

プロに調子を見てもらわないと、マジでまずい。

サーキュレーターも死にかけてる。

が、部屋がきたなくてなあ。

(ρ_;)。。。

家事代行を頼むのが先か。

あぐぐ。







●佐々木くん

大船渡高校の3年生ピッチャー。

時速160キロを超えるストレートを持つ令和の怪物、とかね。

甲子園のスター。

・・・に、なってたかもしれない。

いろいろ言われてましたけど、県大会の決勝では、投げることなく敗退。

(勝った花巻東がヒールになるのかと思うと、それも解せないぜ。)

※花巻東というのは、大谷くんの母校。

残念だったね。

ものすごく、投げたかったでしょう。

監督さんだって、ほかの選手だって、投げさせたかったでしょう。

甲子園、行きたかったでしょう。

死ぬほど。

そりゃそうだよ。

観客だって、甲子園で佐々木くんを見たかった。

でも、さー。

彼が決勝で登板しなかったことで、学校に苦情が殺到って。

「なんで佐々木を使わないんだ」

ええ。

なにをいってるんだ。

おかしいでしょう。

高校野球ですよ。

学校の部活だよ。

選手の起用を決めるのは、監督だ。

選手の体調や調子をいちばんよく知ってるのも、監督だ。

そして監督は、ただ勝てばいいわけじゃない。

高校生の指導者だよ。

子供たちの健康とか、未来とか。

そういうものについて考えないといけない、先生でしょう。

まだ若い監督が、どれほど悩んだか。

まったく外野のわたしですら、想像がつきます。

佐々木くんを使いたい。

チームを勝たせたい。

エースが投げるのが、いちばん、勝つ確率が高い。

でもその彼は、県大会でここまでかなり投げてる。

体調とか、肩の調子とか、いまいち不安だったんだろうと思います。

見るからに、佐々木くんまだ細いものね。

すでにプロのスカウトがたくさんマークしてるほどの逸材だ。

秋のドラフトの目玉になる選手。

怪我をさせてしまったら、彼の将来をつぶしてしまう。

でも、本人は投げたがってる。

チームも、彼に投げて(勝って)ほしいと思ってる。

甲子園まで、あと1勝。

目の前には、強豪の花巻東。

―――ねえ。

この監督の立場になってみたいひと、いる?

いやだよ、わたし。

正解はない。

佐々木くんを起用しなかったら、どんだけ非難されるか。

起用して、うまくいかなかったら?

怪我をさせたら?

(起用してボコられる可能性もあるが、それはそれで、あきらめがつくかもね。)

責任とれないでしょう。

どんだけ責任感が強くても、とれないよ。

おまけにこの判断は、選手にも嫌われるものだ。

選手は無理をしたがるものだ。

甲子園に行けるなら、後でどうなってもいい、とすら思うものだ。

それでも監督さんは、佐々木くんを使わなかった。

この判断が、正しかったのかどうか。

だれにもわからないよ?

でも、責めるのはおかしい。

どうしても、佐々木くんに無理をさせたくない、と。

そう考えるだけの根拠が、監督にはあったんだと思う。

思うしかない。

ね。



ちなみに、岩手県すごくない?

すごい選手が次々と出ている。

佐々木くんもたぶん、プロ入りするでしょう。

あのクラシックな投げかたも好き。

彼の今後に期待します。



あ。

あとね、県大会のスケジュールには、改善の余地があるかも。

エースに頼りすぎ問題を考慮して、ね。

高校生の投げすぎ問題。

球数制限問題。

熱中症リスクつか、夏の甲子園暑すぎ問題。

まだ何も解決してないけど、問題になるようになっただけマシ?

かもね。

まだ身体ができていない段階で、投げすぎてつぶれる選手もいる。

無事な選手もいる。

大船渡の監督については、県予選での投手の起用法が・・・なんというか。

他にやりようがあったんじゃないか、という気もする。

考えることはいっぱいありますね。







●芸人とか

芸能プロダクションとか、お笑いとか。

わたしは興味がなくて、誰が有名かとかも、あまり知らない。

でも、闇営業問題が、変な方向に行ってる気はする。

なんかおかしくない・・・?

反社会的勢力とのおつきあい問題、だったのでは。

それがいつの間にか、芸能プロのパワハラ問題になってる???

上司のパワハラとか、そもそも書面で雇用契約がないとか。

それはたしかに問題ですよ。

超絶ブラック。

そんでもって、ブラックは間違いないけど、かといってあれだよ。

契約に違反して、所属事務所を通さずに仕事しちゃだめよ、って。

それが闇営業問題。

・・・のはず。

(そもそも書面で契約がないなら、まあそこも、うやむやかも。)

でもそれと、法律が禁じているお相手とのおつきあいは、別物ですよね。

労働法、契約法の問題がひとつ。

これは民事案件。

だけど反社会的勢力とのおつきあいは、法令が禁じているものです。

こっちのほうは、どうなった?

うやむや・・・?

もともと芸能界というのは、そういう団体のかたとのつきあいが深い。

正直、歴史的事実だよね。

でも、そういう世の中ではなくなりつつある。

裏の世界のおっさんたちが興行を仕切る、そういう時代はおしまい。

過渡期だから、なのかねえ。

なんかグダグダで、意味不明だわ。







台風

何事もなく、通りすぎてくれますように。

では、またね。。。



【27/07/2019 09:30】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。