・゜・⌒(PД`q。)⌒・゜・アツイ!! (この夏8回目)

<追記>

15号やっとキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!







大谷くん、久しぶりのホームラン。

えがった、えがった。









●その晩

わたしは、どうしても、どうしてもだね。

レッドホットチキンが食べたい・・・」

心の底からそう思ってました(笑)。

うはは。

(^~^;)

ちなみに、ロンドンでは通年販売です。

※お値段も同じだよ、オリジナルと。

いつでも食べられる。

オリジナルよりも、はるかに好き。

(もともと、揚げた鶏肉は大好物なので・・・あぐ。)

なんで日本では、夏しか売らないのか。

まったく理解不能だぜ。



理屈じゃないのよ。

その日は明るいうちから、なぜか、すごく食べたくて。

ずっと、帰りにKFCに寄ろうと思ってました。

心に誓ってました(笑)。

最寄り駅の駅前にあるお店、閉店時間が22:30。

ふだんだと、残業のせいで間に合わない。

平均すると、駅につくころには23時だからね・・・(汗)。

だから、ものすごくがんばった(笑)。

今日は早く帰るぞ!

そう宣言して、がんばりました。

(同僚たちに理由を話したわけじゃないので、まさか辛いチキンのためとは思わなかったでしょう。)

バタバタと仕事をかたづけ、一部はあと回し。

デスクの整理もそこそこに、オフィスを飛び出した(笑)。

バスが来ないのに、いらだち。

しょうがないのでタクシーをつかまえた。



そんなこんなで、まあ。

22:25ぐらいに、うちの駅に到着しました。

ギリギリ間に合う!

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪

よろこび勇んで、お店に駆け込みました。

「お持ち帰りですか?」

「はい。えっと、レッドホットチキンの・・・」

「ああ、すみません。今日は完売です」

「は・・・?」

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

「レッドホットチキンは、完売です」

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

あうち。

なんてこと。

なんという絶望感でしょうか。

はらほれひろ。

残酷にもほどがある。

わたしはしばし、絶句しました。



うそお。

いぢわるう。

「・・・そうですか・・・」

この時点で、暑さでふらふらです。

お腹もぺこぺこです。

ああ。

夢にまで見たレッドホットチキンなのに。

食べられないなんて。

「オリジナルチキンでしたら・・・」

「要らん」

とぼとぼと、わたしはお店を後にしました。

なんだこの喪失感。

泣きわめきたいような気持ち。

ぐう。

さびしい。

悲しい。



しかし、ハラペコである。

真夜中かもしれないが、空腹である。

ι(´Д`ι)アチィ…

がっかりした身体を引きずって、わたしはお弁当屋さんに向かいました。

ほっともっとなら、23時までやってるもん。

なにか食べるもん、見つかるだろう。

そう、脳内で念じながら。

そしてわたしは、お弁当屋さんの店内へ。

おお!?

おどろいた。

こんな時間に、狭い店内には、10人ほどがいました。

なんだよこれ。

お弁当を待って、ひしめいてるぞ。

遅い時間に人がけっこう来ることはあるけど、この人数は異常だ。

なにがあった?

ふと店内のポスターが、目に入りました。

土用の丑の日キャンペーン。

うな重、100円引き。

ヽ( ゜□ ゜;)ノ

これか。

これのせいか。

ε=(o;´ρ`)o-3ハァ

レジで、思わずいっていました。

「うな重ください。ダブルで」

※うなぎの量が多めです。お米の量はふつう。

(´∀`σ)σ



そんなわけで、あれです。

思いがけない、土用の丑の日イブ。

やけくそ気味のダブルうな重は、すごく、おいしかった・・・(笑)。

うほ。

うほほ。

レッドホットチキン(ロス)の傷をいやしてくれました。

神さま、ありがとう。



ふう。

ご存知のとおり、ここ数年、うなぎは高騰が続いています。

ニホンウナギは絶滅危惧種なので、やむを得ない。

養殖でも、外国産でもいいよ。

おいしければ、文句はいわない。

出せるお値段なら食べる。

そう思いました。







●では、

またね。。。


【28/07/2019 10:08】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。