アツ━━━━⊂(゚Д゚;⊂⌒`つ━━━━ィ!! (この夏25回目)

●相変わらず

あぢいぜ。

こんなに暑いのに、がんばって生き生きしてる人たちってすごい。

嫌味ではないです。

本当に、ぐだぐだなわたしにとっては、まぶしいぐらい。

甲子園の球児なら、もちろんわかります。

まずもって、若い。

そしてまっすぐに進む先に、目標がある。

どんだけ暑くても、しんどいつらいとは思わない・・・んじゃないかな。

そう思います。

でも、それとは別に、熱中症は心配です。

本当に心配。

どんだけ元気でも、健康でも、若くてもやられます。

十分に注意してほしい。

お願いだから、無事でいてほしいと思います。



そんでもって>>

世の中の9割の人は反対だろうけど、わたしは、夏の高校野球はほぼ限界だと思うの。

改革が必要だと思っています。

本腰を入れて。

人が死ぬほど暑いのに、屋外での試合は無理。

甲子園のグラウンド、地表の気温はきっと35度や37度じゃ済まないよね。

もっとあるはず。

投げすぎ問題も、もうちょっと真面目に考えていいと思う。

何らかの方法で、変えるべきときが来てると思う。

炎天下、青い空。

白いボールを追いかける青春。

その美しさも、ドラマも、伝統も、みんな大好きだ。

汗だくの、泥まみれの青春。

できることなら、そのままで。

―――でも、そろそろ限界ではないかと思っています。

真夏なら、青春でいいよ。

でも猛暑は、炎暑は、生死の問題になりかねない。

球児が死んでからでは遅い。

(^~^;)

とは思うけど、こんな意見マイノリティよね。

肝心の球児ですら、反対するでしょう。

どうしたらいいのか、ね。



ちなみに>>

勘のいいかたは、気づいていらっしゃる(笑)。

わたしが野球ネタを書かなくなるときは、はい、そうです。

大谷くんの調子がイマイチのとき、とか。

日本ハムが連敗して、どうしようもないとき、とか。

巨人が勝ってて癪にさわるとき、とか。

なんか気に入らないことがあって、野球から距離をとってるときです。

ひいきの勝ち負け、そういうのもしんどい。

一喜一憂はごめんです。

暑くて辛いのに、嫌なニュースは見たくない。

(--;)







●終戦の日

ここ数年、戦争に関する記事や映像をよく見るようになりました。

何を今さら、かもしれない。

好きではないし、楽しくもないし、べつに政治的な予断もありません。

ただ、今のうちに知っておかないと、永遠に失われてしまうことが多い。

太平洋戦争を知ってる世代は、あと10年? 20年?もすれば、いなくなってしまう。

今のうちに残しておいてほしい。

今のうちに、知りたい。

そう思うことが増えた・・・ような気がします。

なんでしょうね。



うちの親に、ふと話を振るじゃない?

ごくたまに。

そうすると、いろいろ思い出話が出てくるわけです。

子供でしたから、あれだよ。

戦地に行ったわけではない。

当時の世相をさして知ってるわけでも、ない。

怖い経験すら、あんまりないみたい。

疎開先での記憶とか、そういうの。

たのしい記憶があったりすると、意外だったりもします。

子供はあくまで子供なんだなあ、と思ったり。

でも、引き出しはまだまだある。

そう思います。



きっかけは、前にも書いたかもしれない。

NHKスペシャル 「インパール作戦」 のドキュメンタリーです。

あれにすごく衝撃を受けてしまって、しばらく立ち直れなかった。

うっすらと、名称だけは聞いたことがあった。

・・・と思う。

南方軍の無謀なビルマ進行作戦で、大勢の日本兵が亡くなった話。

※インパールはインドの地名ですが、日本兵はそこまでほぼたどり着いていない。

でも正直、その手の話はあっちこっちである。

壊滅とか、撤退とか、玉砕とか。

兵站無視の精神論とか。

ガダルカナル島とか、サイパンとか。

そういう恐ろしい話はさんざん聞いた、と。

そう思ってました。

それでも、インパール作戦の悲惨さは衝撃でした。

そして、そのひどい話をよく知らなかった自分も、かなりショックだったわ。

もっともっと、知るべきことがあるような、そんな気がして。

いろいろ読んで、見ています。

楽しい話じゃないけど、なんかね。



では、またね。。。


【15/08/2019 22:45】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。