ι(´Д`υ)アツィー (この夏47回目)

●混迷を極める

イギリスの右往左往が、なんとも悲しい。

そしてハラハラする。

ブレグジットのお話。

わたしにとってはふたつ目の祖国です。

あ、ちょっとカッコよすぎるか。

(^~^;)

好きなんだよ、イギリス

長くいたからねー。

でも今のイギリスは、好きではない。

どうしてこんなことになるんだろうなあ。

ヨーロッパの中のイギリス

それが、わたしの知ってる英国の立ち位置。

(ま、ケンカばっかりしてたけど。じつは恩恵も、たくさんあったんだけどね。)

それを、国民投票が吹っ飛ばした。

本能的なヨーロッパ嫌い、それが露呈した。

陰であの結果は、都市部エリート層 vs 地方の一般大衆 だったんだよね。

ふつーの庶民のロンドンぎらい、エリート嫌悪。

ポピュリズムの怖さを、身をもって知る。

そんな悠長なこと、いってる場合じゃないけど。







ラグビー

ワールドカップは、たのしい。

毎日しみじみと、楽しんでます。

(*´∀`*)

いいよねー。

こんな感じで、オリンピックも行くといいのに。







●豚コレラ

だんだん規模が物騒なことになってる。

ワクチンの是非の話も、むずかしい。

豚肉だいすきだから、他人事とは思えません。

農家のみなさんの苦痛も、想像を絶する。

でもじゃあ、何ができるのかっていうと?

(((((((;´д`)))))))







大坂なおみちゃん

強い。

かわいいよねえ。

この子の悪口をいうひとの神経がしれない。

(いまだに偏見がひどい。)

東レパンパシフィックで優勝して、自分へのご褒美?にお好み焼き。

なんとも無邪気でかわいい。

この子のこれがよさだと思うので、失われませんように。

(//∇//)







●「考えるな、従え」 という奴隷教育

アホなのか。

アホなんだろうな。

筆算の線、手書きダメ? 小5、160問「書き直し」

バカバカしいにもほどがある。

_(_"_;)_

こんなことやってると、教師が本当に馬鹿にされるよ。

小学校の教育でときどきある、合理性ゼロの謎ルール。

先生ですら、理由をきちんと説明できない。

ただひたすら、教員に従わせることが目的。

要は、支配のための方便なんだろうな。

子供に 「理不尽だろうと何だろうと、規則には従順にしたがえ」 と教えるための。

ひどいわ。







●どうでもいいが

小泉進次郎バッシング、ちょい方向がおかしくない?

妬みなの?

アンチ暗躍か。

べつに支持者じゃないけど、でもさ。

例の 「sexy」 を突っ込まれて、ちょっとばかりお気の毒。

いい悪いはさておき、ああいう言いかたってあるじゃん?

それだけのこと。

報道するサイドのほうが、もしかして無知なんじゃなかろうか。

(大臣の発言としてわりと空虚だ、とかいう批判なら、十分にわかりますけど。)

それともわたしの誤解なのか・・・?

おまけに、なんでステーキを食べて批判されるの。

わけがわかりません。

普通の食べ物を、環境大臣が食べたらあかんのですか。

メタンガス・・・?

うにゅにゅ。



さらに、どうでもいいけど>>

お兄ちゃんの 「警視庁ゼロ係」 は、わりとおもしろい(笑)。

イラっとするシーンも実は多いんだけど、でもまあいいよ。

内容はおもしろいから。

(´艸`*)



では、またね。。。


【25/09/2019 21:52】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。