ι(´Д`ι)アチィ… (この夏53回目)

●しかし

暑い

本当にあぢい。

どうなってるんだ日本おかしいだろ。

たすけて。







●秋の松重豊まつりに

ご賛同いただいたみなさまに、感謝です(笑)。

いいよね、あのひと。

渋い。

激渋。

小鳥さんにその話をしたら、

「ああ・・・うん。傾向が・・・ね」

という奇妙な感想をもらいました。

普段のわたしの好みとはちょっとちがうけど、ちがうものの、どこか共通点がある。

・・・らしいよ?

そうかしらん。

もっとも最近のわたしは、激渋おじさんブームに陥っています(笑)。

小日向文世とか大好きだし、寺島進もすんごい好き。

大杉漣さんも、好きだったなあ。

なんだこの 「バイプレイヤーズ」 まんまの顔ぶれ。

ははは。







●そういえば

ものすごく気持ちの悪い事件があったそうですね。

赤ちゃんの抱っこひもの(お母さんの背中にある)バックルをはずす、とか。

なんだそれ。

なんだそれ。

世の中おかしいでしょ。

どんだけ悪質なんだよ。

赤ちゃん、下手したら頭から真っ逆さまに落ちるぞ。

いたずらでは済みません。

マジ、あたまオカシイ。

ピュアな悪意。

悪意しかない。

殺人未遂(未必の故意)ではないかと思う。

こんな犯罪が存在するなんて、想像だにしなかった。

アタマオカシイ。

正直、くるってると思います。



くるってるといえば、前にありましたね。

子供服のお店で、子供を抱えてるお母さんに近づいて、

「かわいいですね、抱っこしてもいい?」

と赤ちゃんを受け取って、その子の脚を折った事件。

連続傷害事件だったかな。

たしか犯人は逮捕されたはずですが、これも異常だった。

本当におかしいと思った。

こんなに気味の悪い事件はめったにない。



ところで>>

気味が悪いというレベルを超えて、さらにアタマオカシイ度が天井を突き抜けた事件。

それが神戸の、あれだ。

学校の先生が先生をいじめる、狂気の構図。

職場のいじめ、大人どうしのいじめは、もちろん(不幸なことに)ある。

多々あると思う。

が、この加害者教師のキ〇ガイ度ときたら。

子供か。

いや、すみません。

「子供か」 なんていったら、子供たちに失礼ですね。

激辛カレー・・・?

はあ???

いまどき教師を 「聖職」 と呼ぶひとはあんまりいないけど、それでも思うよね。

「よりによって教師が何やってんだよ・・・」

空いた口が、鯉のようにパクパク。

ありえん。

狭い職場で、周りの人間が見て見ぬふりをしてたという事実にも、もうね。

戦慄と絶望しかない。

ありえん。

この学校に、自分の子供を預けたいと思う親はいないでしょう。

転校を考えるレベル。

加害者も、その周囲の人間も信頼できないもん。



ちなみにわたしは 「いじめ」 という言葉が好きではない。

大人がやっても、子供がやっても、それは傷害罪だったり、名誉棄損だったり、窃盗だったり。

強盗とか、ときには殺人未遂だってあるかもしれない。

ちゃんと、刑事事件として扱われるべきだと思います。

警察に行こう。

本当に、行ってほしい。

(たまに肝心の警察が及び腰だったり、関わりたくない感じだったりするらしいけど、それは別の問題。)

あ、同じ理由で 「万引き」 という言葉もやめるべきだと思ってます。

泥棒は、窃盗罪です。

刑法で処罰されるべき犯罪です。

「いじめ」 や 「万引き」 という呼称が、事件を矮小化しているケースは多いと思うの。

痴漢もね。

性犯罪ですから、あれ。

「いやーん」 じゃ済まないですから。

(どういうファンタジーだ。)

被害者がどれだけ傷つくか、生涯にわたるショックを受けるか。

それも忘れてはいけないと思います。



では、またね。。。



【08/10/2019 23:26】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。