ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ (追記あり)

☆追記☆

Japan 28-21 Scotland / Rugby World Cup 2019

Japan 28-21 Scotland: Host nation seal quarter final spot with outstanding performance to send Gregor Townsend's team crashing out of the tournament after World Cup thriller

Japan 28-21 Scotland: Rugby World Cup dream over as Scots run ragged by rampant hosts

Japan 28-21 Scotland: Gregor Townsend's side out of Rugby World Cup



嬉しい。

すごくうれしい。

遠くに来たなあ、と本当に思います。

スコットランドに日本が100点とられて負けた日、というのがある。

15年ぐらい前かな。

そのときわたし、エディンバラにいた。

タクシーのラジオでそのスコアを知った。

「ですよね・・・」

と思った、あの日から幾星霜。

しみじみ。

(ρ_;)。。。









まぐれとか、偶然とか、たぶん誰もいわない。

いえない。

ここまで来た。

エディと、ジェイミーがそれをもたらした。

本当にそう思います。



あとね、スコットランドのヘッドコーチが、記者会見で最初にいった。

マイケル・リーチもまず、いった。

台風19号の犠牲者を悼むことば。

そういう気持ちがあることがうれしい。



そして釜石での試合が、台風の影響でなくなってしまったこと。

それが震災の復興のシンボルとして、どれだけの意味を持つのか。

試合が中止になったのが、どれほど無念なことか。

ラグビー関係者はちゃんと、わかってるのだね。

くやしいけど、次がある。

そう思いたい。

勝って浮かれるのは、いい(笑)。

でもそれだけじゃないよ。

そう思いたいです。



あ。

もうひとつ、今日の試合で思ったこと。

福岡くんも、松島くんもかっこいいし、凄いし早い。

花形選手なのはまちがい、ない。

もちろん好きですが、だけどさ。

今日のスコットランド戦では、稲垣くんとか堀江くん。

ほぼ大阪人のルーク・トンプソン

そういった強力なフォワード陣の活躍を、とくに褒め称えたい。

縁の下の力持ちになりがち。

でも彼らがいるから、今のジャパンの強さがある。

その意味で、フォワードが繋いでつないで勝ち取った、2つ目のトライは素晴らしかった。

ヾ(*´∀`*)ノ

戦車かおまえたちは。

前へ、前へ。

オフロードパスの連続技。

なんてすごいんだ。

震えたわ。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!



その、ついでに。

マイケル・リーチの凄み。

彼だけが、どんなときでも身体を張って止める。

止める。

必ず、しがみついて仕留める。

自己犠牲のかたまりだ。

しゅごい。

だからキャプテンなんだなあ。

(ρ_;)。。。





●暑い・・・

アッチィ―――ヽ(´Д`;≡;´д`)ゞ―――!!!!

いや、熱い。

お天気の話ではありません。

史上初の予選突破をかけて、日本が強豪スコットランドと激突した大一番。

暑かった。

いろんな意味で、超がつくほど熱かった。









わたしね、スコットランド好きなんだ(笑)。

スコットランドという国が大好き。

人も好き。

ロンドンにいたころは、毎年のようにスコットランドに行っていた。

個人的に、思い入れがある。

のです。

(//∇//)



が、しかし。

今回の試合に関しては、悪いけど、もちろん日本代表を応援してた。

単に、日本人だから。

―――だけじゃなくて、なんていうの?

台風19号が迫ってくるなかで、いろいろありましたよね。

揉めたというか。

場外乱闘というか。

(^~^;)

悪天候で、試合が中止になるかもしれない。

主催者側がそう発表したとき、猛然と反発したのはスコットランド。

まあ、気持ちはわかる。

心情はね。

試合が中止の場合、引き分け扱いになる。

引き分けでもらえるポイント(勝ち点)は、たったの2点。

それではスコットランド、予選敗退してしまう。

日本が1位通過で、2位がアイルランド。

そうなってしまう。

ラグビー伝統国で、強豪で。

そらもう、ベストエイトになってあたりまえ。

日本には一度も負けたことがない。

そういうスコットランドですから、許せる結末ではない。

「会場を変えてもいい、日程をずらしてもいい。いいから、日本との試合をやらせろ!」

本当に引き分け扱いにするなら、主催者を訴えるとまで。

日本に不戦敗とか、ありえん。

・・・ってか。

おいおいおい。

ケンカを売ってるんかい。

※主催者ってのは日本じゃなくて、ワールド・ラグビー(国際ラグビー評議会)のことね。

気持ちはわかるけどさー。

ものすごく、日本をバカにした発言ですよね(笑)。

アンタたちが負けたアイルランドに、日本は勝ってるんですけど?

忘れてない?(笑)

(--;)

日本とやらせろ。

やれば勝てる。

あたりまえに勝つ。

―――そういう前提で、話をしてるわけですから。

まあ。

失礼だわ。

ぷんぷん。



そういう経緯があったので、あれです。

今日の試合は熱かった。

ま、日本としても、雪辱戦なのです。

前回大会で、スコットランドにボロ負けしてますからね。

そのせいで、予選で3勝を挙げながら、決勝トーナメントに出られなかった。

南ア戦の3日後で、バテバテでした。

悔しかった。



japan28_21scotland_rugbyworldcup2019.jpg



今回は、きちんと勝ちました。

トライを4つ以上あげて、ちゃんとボーナスポイントももらった。

完勝。

・・・かもね。

予選で4戦みんな勝った。

ヽ(*´∀`*)ノ



正直にいうと前半は、楽に行きすぎた。

後半は猛反攻にあって、必死で、歯を食いしばって耐えた。

敵さんも強い。

意地とプライドがかかってる。

総力をあげてガンガン攻めてきたし、強かった。

が、しのいだ。

しんどかった。

長かった。

勝った。

それだけ。



スコットランドの傷に、塩をもみ込みたいなら、

台風で中止になってたら、2点もらえたのにね」

(7点差以内で負けたので、スコットランドがもえらえるのはボーナスの1点のみ。)

・・・ですが、あはは。

意地悪だわね。

(^~^;)

場外乱闘については、すこし反省してほしいけど。

でもスコットランド、やっぱり好きだからさ。



というわけで決勝トーナメントです。

もちろん、初めてです。

予選プールを1位通過したので、南アとあたります。

うげ。

今度の南アは、最初から全力でしょう。

前回の負けを繰り返そうはずがない。

でも2位通過だったら、ニュージーランドに当たってた。

まあ、勝てないわね。

だからよかった・・・かな。

そう思いたい。



では、またね。。。

10月13日 22:25。


【14/10/2019 01:08】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。