きよしのボヘミアン・ラプソディ(日本語バージョン)

●こんな

不規則更新ブログ(病み中)を、みなさまチェックしてくださってありがとうございます。

あっという間にコメントがいっぱい。

メールもちょっと。

本当に心から感謝します。

そもそも病気の記事が増えること自体、不本意です。

老人か。

病気自慢のお年寄りにはなりたくないぞ。

まあ、どうしようもない部分もありますが。

(^~^;)







●何しろ

長い入院により、やや 「牢名主」 状態になりつつあります。

今でもつかうの、こんな表現?

まあなんというか、談話室のテレビのチャンネル選択権があるとか(笑)。

そういう低レベルの話です。

ふだんテレビのない生活を送っていますが、病院では別。

暇なときは救いようのないほど暇だし、ニュースも知りたい。

そういうわけで、夕食後のニュースをはしごします。

※ほかにテレビを見たそうな人がいる場合は、お伺いはしますよ。

もちろん。

で、たまたま。

本当になんの偶然か、運命か(笑)。

NHKの歌番組で、アレに遭遇しました。

氷川きよしのうたう、日本語版の「ボヘミアン・ラプソディ」。

うぉー。

わお。



ご本人の本気は、伝わった。

すごく思い入れがあるんだろうね。

うまいとも思う。

もうちょっと彼の特徴であったはずの強い高音があってほしかった、かな。

声のインパクトの問題。

せっかく演歌歌手なんだもの。



さて、世間で物議をかもしているのは、日本語詞のほうらしい。

まあね。

わからないでもない。

でもわたしは、湯川れい子の詞はそんなに悪くないと思うよ。

クイーンが認めた「オフィシャル」版だけに、原詩からあまり離れることはできない。

訳すだけなら簡単だけど、そうじゃない。

歌として成立するためには、音符の数も、母音の数も制約がある。

むずかしいと思います。

そもそもいっちゃえば、英語の歌詞自体が (一部) 意味不明なのだよ(笑)。

(^~^;)

脈絡のない言葉が並ぶ、呪文のような、不可思議なコトバの魅力。

レーザービームのように揺れ、くらまし、乱反射する。

メロディの強さで持っていってしまう力技。

わけわからん、でもおもしろい! 

くせになる、はまってしまう。

というのが、この曲だ。

魔法だよね。



小鳥さんとも話したけど、当時ティーンエイジャーはこの曲に熱狂した。

彼女もそうだ。

だけどもし今、50になってこの曲をはじめて聞いたとしたら・・・?

わけわからん、でもおもしろい! と夢中になっただろうか。

ならなかったんじゃないかな。

それが、ロックなんだろうと思います。

若者に訴求する。

年寄りにはわからない(笑)。



なお>>

「どうしても日本語で、日本のひとに聞いてほしい」

と歌手がいったことをまるっと無視して、

「英語で歌えばいいのに」

とつぶやいている人たちって、なんなんだろうね。

これに限っては、そうじゃないじゃん。

英語でいいなら、フレディでいいじゃん。

アダムでいいじゃん。



では、またね。。。


【04/02/2020 21:56】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。