すごく暑い話

●どうやら

強力な寒波が北から降りてきてるらしい。

北日本では、大雪の予想だそうです。

でも、今のところ暖冬ですよね。

全般的に。

雪が降らないスキー場とか、どうするんだ。

・・・あまり話題にならないのは、あれか。

新型コロナウィルスのせいでしょうね。

連日、感染のニュースばかりだものね。

感染の恐怖。

マスクの異常な品薄。

観光をはじめ、経済への影響。

無関心でいられるひとは、あんまりいない。

(^~^;)

はやく、治療薬が出るといい。

世界中のラボが、たぶん必死で取り組んでいるでしょうから。







●本日のネタは

病室の暑さ、です。

(^~^;)

あたりまえかもしれませんが、病院つうのはたいがい暑い

よく空調がきいている、というより暑いものです。

そりゃねー。

風邪やインフルの患者も来るし、高齢者も多い。

まあ一般的に、室温たかめだよね。

それは、入院病棟もおなじです。

ぬくぬく・・・?

いえいえ。

やせ細った高齢者にもやさしいように、病棟は暑い

※基本、高齢者ばっかりよん。

(内科です。)

お布団一枚で、いいようにね。

廊下やトイレはともかく、病室はとくに暑いんだぜ。

わたしのいる4人部屋も、例外ではありません。

ただでさえ暑がり、汗っかき、しかも汗をかくのがきらいなわたし。

そういう人間にとっては、なかなかタフな環境です。

いや、冗談じゃなくてマジで。

入院初日、わたしは真面目に、のぼせました。

汗がとまらず、アイスノンと氷水を看護師さんにもらいまくり。

体温が下がらなくなりました。

夜じゅうずっとです。

(^~^;)

のぼせた、のぼせた。

頭痛がするし、吐き気も襲う。

暑くて息ができない、と本気で思った。

くりかえす真夜中のナースコール。

むろんわたしはその時点で、Tシャツとレギンスのみ。

お布団の上に倒れてました。

アイスノン敷き詰め。

ふう。

つらかったよー。

慣れる・・・?

いや無理だろ。

泣きましたね。

翌日も、そんな感じ。

しょうがなくって、実力行使に出ました。

部屋ごとの温度調整コントロールを、勝手にいじる。

じわり、じわりと、0.5度ずつ下げる。

下げすぎると、看護師さんがさすがに気づきます(笑)。

もとに戻される。

それはしょうがない。

でも、そしたらまたちょっとずつ下げるのみです。

はは。

暑い病室のつらさ。

初体験の試練です。

本気で思うけど、ほら。

電車の中みたいに、すみわけができるといいよね。

弱冷房車と、そうじゃない車両。

温度高め設定の部屋と、温度やさしめの部屋。

入院時に、選べるといいのになあ。



では、またね。。。



【05/02/2020 20:35】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。