知りたくないの

●本日の

病院(入院)あるあるネタ。

イマドキの大きな病院ですので、あれだ。

いろんな意味で、配慮が行き届いているなあと思います。

医療過誤を防ぐための本人確認。

検査や治療についての説明や同意の意思確認。

個人情報への取り扱い。

うまく仕組みが出来上がっている感じはします。



だが、しかし。

個室ならともかく、大部屋では限界がありますよね。

個人情報の保護。

現場では、ザルだなあ、と思うわ。

あたりまえですが、壁があるわけじゃなくて、個別のベッドの仕切りはカーテンのみ。

ほかの患者さんの名前も生年月日も、正直ダダ洩れです。

(^~^;)

だって、たとえば点滴や注射のたびに、看護師さんが確認します。

わかりきっていても、患者自身に名前や生年月日をいわせます。

※このプロセスの必要性はわかります。

残念なことに、わたしは耳はいいのです。

非常に、よく聞こえるのだ。

不幸なことに。

(^~^;)



同室の別のベッドに医師が来て、病状を説明したり。

看護師さんが定期的に聞く、

「おしょうすいは何度でましたか? おつうじは?」

「今日は体重、はかりましたか?」

「おむつを取り替えましょうか。あ、もれてる・・・」

「今から浣〇しますからねー」

などなど、なんでも聞こえます。

患者さんと見舞客とのプライベートな会話も、なんでも。

いやでも耳に入ります。

耳の遠い高齢者もいるから、看護師さんってあまり声を落とさない。

聞きたくなくても、聞こえてしまう。

誰がどんな病気で、どんな治療をしていて、どんな器具をつけているのか。

丸聞こえです。

(ということはつまり、わたしに関する情報も、他者に聞こえてるわけだ。)

これがねー。

意外としんどい。

知りたくない、聞きたくない。

でも聞こえてしまう。

聞き耳なんか立ててないのに。

あーあー、聞こえなーい。

でも、避けようがありません。

どうしようもない。

(^~^;)



基本、同室の患者さんは赤の他人です。

(部屋の入り口でたまたま鉢合わせでもすれば、挨拶はします。)

(でもみんな、注意深く、そういうことが起きないように行動のタイミングをずらしてるんじゃないかな。)

知り合いじゃないし、知り合いになりたくない。

話し相手にもなりたくない。

どころか、顔も覚えたくはない。

覚えてほしくない。

袖振り合うも他生の縁、とか要りません。

名前も住所もおしえない、聞かない、関係ない。

他人のまま、なんの関係性もないままですれちがいたい。

忘れて。

完全に、満員電車の中で居合わせた他人、みたいなもの。

忘れてほしいし、忘れたい。



情報ダダ洩れの中で、いつもそう願っています。

では、またね。。。



【06/02/2020 21:41】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。