受容はしたくない・・・

●あんまり

好きじゃない言葉。

「コロナ時代」 とか 「withコロナ」 とか。

意味はわかるし便利なフレーズだけど、なんかやだなー。

コロナを受容して、コロナが生活の一部になる、そんな新しいライフスタイル。

・・・などと、いわれましても。

(^~^;)

できれば、そういうのは認識したくない。

それが普通になる、うにゅ。

しばらくはそうせざるを得ないとは思うけど、恒久的なのはヤダ。

よね。



神奈川の数字には懸念もあるが、どうやら週明けには、そろそろ解除になるらしい。

緊急事態宣言ね。

国による宣言がなくなるだけで、外出自粛がなくなるわけじゃない。

つか、本質的には何もかわらない、ですよね。

コロナはそこにある危機、のまま。

ワクチンも特効薬もない。

欧米のような爆発的な感染拡大は避けられたようだけど、今のところ、という但し書きがつく。

マスク常用、手洗い、うがい。

ソーシャル・ディスタンスも、密を避ける行動も、これからも続く。

ふう。

しんどいといえばしんどいけど、でも。

あえてポジティブに見れば、マスクと手洗いと密の回避で、わりと防衛できる。

それは、この数か月で感じますよね。

ペストやエボラみたいなのとは、違うような気がする。



「行動変容」 というのも、いかにも学者用語っぽくて好きじゃない。

なんだよそれ。

学者先生はもちろん、専門家として、リスク回避の方法を伝授してる。

それはわかる。

でも、リアリティがないなあ、と思うときもある。

複数で食事をするときに、なるべく向かい合うのをやめろ・・・?

息がかかるほど近くでしゃべるのをやめろ・・・?

好きなひと同士 (恋人でも家族でも友だちでも) が、距離をつめてつきあうのを阻害する。

人間社会のコミュニケーション。

その根幹部分を揺さぶる。

嫌いなひとなら、どれだけ離れてもオッケーさ(笑)。

でも、好きなひとと離れてすごせは、無理でしょう。

たまにじゃなくて、ずっとだよ?

恋人関係、夫婦関係、親子関係が壊れる。

というか、壊れる以前に、築けなくなるかもしれない。

コロナの残酷なのは、そういうとこだ。



コロナはまた、従来のビジネスモデルを破壊した。

キャバクラでも、劇場でも、映画館でも、都心の小さなレストランでも。

学校でも、塾でも、スポーツジムでも、ネカフェでも。

飛行機や電車もそうだね。

狭いところに、なるべく大勢のひとを詰め込む。

そういうビジネスのやりかたを、根本から揺さぶってますよね。

休業要請が終わっても、以前と同じビジネスはできない。

テーブルを減らし、席を減らし、間隔をあけなくちゃいけない。

人気のテーマパークで、アトラクションに長蛇の列ができるのも、今後は防止しなくちゃいけないかも。

間隔を大きくあける。

仕切りを設けたり、入場制限をしたり、いちいち消毒をしたり。

コストが増大し、収入は減る。

採算性、めちゃくちゃになるね。

なんとか営業を再開できても、お客さんが戻ってきても、前のようには稼げない。

・・・と思います。

|||(-_-;)||||||



コロナ不況で倒産したり、失業したり。

今後はもっと影響が見えてくるでしょう。

今はまだ持ちこたえているビジネスも、これからが大変だろうと思います。

三か月後、半年後。

どうなっているのか、考えるのも恐ろしい。

(((((((;´д`)))))))



では、またね。。。


【23/05/2020 04:17】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。