意味不明

●本日は

ちょい寒め。

、くもり、ちょびっとだけ晴れ。

そろそろ10月もおわりですものね。

ヾ(´▽`;)ゝ

つい、暖房を入れてしまふ。

あーあ。

こうやって光熱費がじわじわ上がると、なんつうか、

「エアコン代を払うために働いているのかわたし!?」

ってな気分にもなります。

うぐぐ。






●これは

許せないよね。

本当に野蛮で、卑劣な行為だと思う。

今度はモネの《積みわら》。またも名画が環境活動団体の被害に

世間の注目を浴び、世界のメディアで報道される。

―――それが狙いなら、はい、見事に成功だね。

ごくろうさん。

軽蔑するけど。

「 Any publicity is good publicity 」 がモットーなら、目的は果たしたんじゃないの?

(どんな評判でも、たとえ悪評であっても、無名よりはマシ、という意味。)

よかったね。

軽蔑するけど。



環境問題は待ったなし。

今アクションを起こさないと、自然は二度と元に戻らない。

そういう主張をしたいのだろうと推察しますが、さて。

ご立派な主義主張と、実際の行為の乖離はなんだ。

人類の遺産、資産というべき美術品を汚すのと、どういう関係があるんでしょう。

モネやゴッホの作品を破壊したら、自然はもとに戻るのか。

美術品をどれだけ破損させたら、環境問題は改善するのか。

ねえ。

わけがわかりません。

わかんねえよ。

こういう愚行、まあ犯罪ですけど、それで賛同者が増えるとでも?

よくやった!と支持があつまり、活動資金が集まるとでも?

ふつうに考えたら、ない。

まっとうな知性を持った人間なら、ああいう輩には近づかないでしょう。

環境問題に関心がある人ほど、むしろ離れていくかもしれない。

いや、まて。

模倣犯は増えるおそれがあるか。

それは人類にとっては悪夢だ。

冗談じゃありません。



何がいちばん卑劣って、ソフトターゲットを狙っていることです。

ヨーロッパの美術館。

一度でも訪れた方ならわかると思いますけど、すごいよね。

美術品の数と質・・・ではなくって、その展示のしかた。

世界の至宝というべき作品でも、ごく普通に、すぐそこにある。

手をちょっと伸ばせば触れられるんじゃないかってぐらい、身近にそこにある。

太っ腹というか、寛容というか。

誰でも、いつでも、すぐそばで、本物を見ることができる。

写真を撮ることもできるし、模写もやらせてもらえる美術館が多い。

(見える)セキュリティは最小限。

ガラスケースに入ってる作品のほうが、例外的だったりします。

レンブラントだろうとミケランジェロだろうと、ピカソだろうと。

作品は人類共有の財産。

それを保護することも、見せることも、同じくらい大事なのだって。

そう実感させられます。



ただ、それって。

犯罪者目線でみると、ソフトターゲットですよね。

簡単に襲撃できる。

性善説を前提に成り立っているのが、美術品の展示です。

美術館には誰でも入れるし、手荷物検査もゆるめ。

(銃や爆発物でも持ってたら別ですが、そうじゃないとね。)

あっという間に近づけて、その気になれば破壊できる。

美術品を人質にとるって、赤子の手をひねるようなものでしょう。

簡単、だから卑怯だ。

殺人や誘拐、傷害とちがって、刑罰が軽いであろう点も含めて。

裁判でふたたび、自らの主張を陳述できるおまけつき・・・?

ほんと、なんて暴挙だよ。



こういうテロ案件がつづくと、美術館はしかるべく対策します。

せざるを得ないよね、セキュリティの強化。

(そのぶん料金も上がるだろうけど。)

美術品とそれを鑑賞するひととの距離ができる、ってことです。

本物に近づけなくなる、目の前で見られなくなる。

あるいは、チケットが高額になってしまうとか。

それがどれほどのマイナスなのか。

ゆったりと、すぐそばで見られたあの絵、その絵は遠くなってしまう。

そうなったら悲しい。

ならないでほしい。



うぐぐ。

あー本当に腹が立つ。

では、またね。。。


【24/10/2022 23:13】 社会・時事ニュース | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2022年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。