風にのってかすかに聞こえる・・・

●さて、

エンタメ界隈の一部で話題の、あれ。

日曜日が最終日のようです。







どんな賑わいなのか、実は知らない。

おそらく野球場に近づけないだろうし、近づこうとも思えない。

でも、大盛況なんじゃないかなあ。

ライブの開始時間になると、バーン!と音がうちまで聞こえてきます。

(先週はリハーサルの音が聞こえた日もあった。)

ズンズン地を這うような重低音。

地鳴りのように、ずっと聞こえる。

上空を飛び交うヘリコプターの音、これはけっこううるさい。

新聞社の報道ヘリと(ライブの記録用の)撮影ヘリ。

そういえば、ライブビューイングもあるんだっけ。

あとは花火を打ち上げる音ですね。

タイミングが決まってるらしく、ほぼ同じ時刻にひびく。

でも、それだけ。

メロディーや歌声はあんまり聞こえません。

つまり 「音楽」 として聞こえるわけじゃない。

どの曲なのか判別できるような聞こえかたではありません。

(こっそり)聞こえたらいいのになあ。

(^~^;)

会場からここまで、1キロ弱はありますからね。

まあ、無理でしょう。



野球場のそばに住む知人によれば、運営というか管理というか。

思いつくかぎりの(地元民への)配慮がなされているそうです。

警備、誘導、声かけ、物販場所の選定。

ライブが比較的はやく始まってさっさと終わるのも、その一環かな。

住民への配慮と、たぶん遠くまで帰宅するファンへの思いやり?

一部の公道は規制されて、そこの住民しか車で入れない。

臨時電車も、臨時バスも走ってる。

ライブの前後、駅と駅ビルや市役所のトイレはぜんぶ封鎖されたって。

(なんでだろ? 着替えとか? 防犯?)

顔見知りのタクシーのおじさんいわく、

「主催者の関係者らしい人を乗せたけど、大変みたいだよ~」

いろいろ聞き込んだみたいでした(笑)。

会場設営の段階から、付近からの苦情もけっこうあったとか。

まあ、誰もがウェルカムとは行きませんね。



そもそもサザンなら、どんな大きな箱でも埋まる(よね)。

設備が整っていて、一回で何万人も入れるドーム公演とか、やろうと思えばできるよね。

いくらでも。

あえてこんな田舎の、吹きっさらしの市営球場。

4日間あわせても、チケット7万枚とか?

お金もうけがしたいなら、音響もクソもないこんな小さな場所には来ない。

大変なことなんだな、と思います。

よほど強い思い入れがないとできませんよね。



もっとも・・・ここは、人口24万人の田舎です。

おっとり、のんびりした街です。

チケットなし(音もれ期待)ファンもあわせて、あわせて10万人?が訪れる!

―――と聞いて、びびる住民も少なくない。

それはまあ、しょうがないね。

ヾ(´▽`;)ゝ

最後までつつがなく、無事にライブが終わりますように。

少なくとも、雨なしでよかった。

ホントよかった。






●そういえば、

うちにもなつかしい知人が現れました。

駐車場を貸してほしいって、弟経由で。

やつの学生時代の友人って、わはは。

会うのは実に20年ぶり・・・以上かもなあ。

チケット抽選に当たったラッキーなファン。

子どものころあるあるですが、弟はうちに友だちを連れてくるタイプでした。

(わたしは逆で、友だちのうちに行く系。)

なので彼の昔の友人は、たいてい知ってます。

大人になって就職して、結婚しても、わりとうちに来てた子も何人かいる。

もはや家族ぐるみのつきあい?

そういう子たちなので、なつかしい。

わたしの友だちじゃないんだけど、それでもね。

子・・・といっても、今じゃ完全におっさんおばさんだけど。

ヾ(´▽`;)ゝ

うはは。

サザンのライブは、多くの人にとって、邂逅の場だったのかもなあ。

そんな気がします。






●さて、

では、またね。。。


【30/09/2023 23:55】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2023年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。