オオタニサーン!ヽ(*´∀`*)ノヽ(*´∀`*)ノ

●なんかもう

超びっくりした!(笑)

ウッホ━━━━ヽ(*'∀`*)ノ━━━━イ!

そして、めちゃくちゃうれしかった!

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ

大谷翔平くん、ご結婚!!

ヾ(*´∀`*)ノ♪♪♪

おめでとうございます!

本当におめでたいし、関係ないわたしも超うれしい。

ぜひぜひぜひお幸せに♪♪♪






●びっくりしたのは

ここまで情報漏洩がなかったこと。

・・・ですよねやっぱり。

すげー。

鉄壁の情報コントロール。

(^~^;)

あんだけ日本中、いや世界中?のパパラッチが追い回している人。

過剰なメディアスクラムは半端じゃない。

海の向こうにいてもなんのその、低俗なマスコミの騒がしいこと。

さわがしく、やかましく、鬱陶しい。

リスペクトも、インテリジェンスのかけらもない。

文字どおり地の果てまで、どうでもいい一挙手一投足まで追いかける。

転んだとか笑ったとか、ボールを打ったとか。

何を食べたとか、誰としゃべったとか。

「・・・それ、ニュースですか・・・?」

みたいなことでも記事にする。

ジャーナリズムの矜持はどこに。

(^~^;)



いや、待てよ。

どんなにくだらないことでも、事実ならまだいい。

レベルが低くても、本当に取材してるならまだいい(たぶん)。

やつらは事実じゃないことでも、憶測と妄想と願望でなんでも書く。

ありもしないことも書きまくる。

コタツ記事よりひどい。

ばっかじゃないの。

放っておけよ。

―――って、彼の長年の大ファンですら思うもの。

(^~^;)



だから、凄いよね。

今まですっぱ抜かれなかったのは驚異的。

報道協定でもあったのかと思うぐらい。

(あるいは、低俗マスコミの情報収集能力がいかに低いかの証左?)








降って来ました。

晴天はなかなか続かないですね。

花粉症患者にとっては、ちょっとほっとできるけど。

(^~^;)

それにしても、もう2月も終わりです。

早いもんだ。

では、またね。。。



【29/02/2024 23:33】 スポーツ | CM (-)

花粉・・・ (ρ_;)。。。

粉がヤバイ

のは知ってるけど、わかっててもヤバイ。

(((((((;´д`)))))))

今日は風が強かったせいか、めちゃくちゃ飛んでました。

あああ勘弁して。

幸い薬のおかげで、くしゃみや鼻はいいんですよ。

アンダーコントロール。

問題は目です。

( ;∀;)

目がかゆいのと涙がじゅわっとこぼれるのは、止められない。

あぐぐ。

かゆくて痒くて泣くぜ。

おめめ痛い。

( ;∀;)

しんどすぎる。

えねーちけーに出てた専門家が、さっきいってた。

粉症によるQOLの低下は、インフルエンザ罹患よりも酷い」

どういうふうに集めたデータなんだ(笑)。

でも、わりと納得しちゃう。

そうかも。

インフルでいちばん症状がひどいときは、もちろん粉症よりも辛い。

でもおおむね短期的なもので、数日で改善する。

熱にうなされて七転八倒する期間は限られている。

それに対して、粉症は長期にわたるからなあ。

くしゃみとせきと、なみだとはなみずが24時間ノンストップでひと月、ふた月。

いや、それ以上か。

プラス肌が荒れたり目が腫れたり、薬で頭がぼーっとしたり。

―――控えめにいっても、最低じゃね?






●土

ええ、土(つち)の話。

なんの因果か、唐突にへっぽこガーデナーになって9か月ぐらい。

うちの庭とか、草とかを意識して迎える初めてのです(笑)。

わは。

びぎなーだねえ。

(^~^;)



さあ、いよいよだよ! を咲かせよう!

―――とばかり、まあいろいろ考えます。

どの花を植えようかとか、どの種をまこうかとか(笑)。

すべて新鮮な、はじめての体験。

その過程で、自然と知ったり勉強するのが、土です。

土のこと。



最初は、なーんにもわからなかった。

だから市販の培養土をずいぶん買ってきました。

値段とメーカーを信じるしかない、そういう感じでスタート。

でも、徐々にこだわりが出てきました。

鉢やプランターに入れる土、これはだいたい問題ない。

きれいな培養土をつかう、教科書どおりに。

だけど、庭の土だよね。

少しずつでもいいから、うちの荒れ庭をなんとかしたい。

いずれは、薔薇の咲き乱れるお庭にしたいじゃない(笑)。

うは。

ヾ(´▽`;)ゝ



つまり、地植えをやってみたいと考えるようになります。

(今までいちども地植えにした苗はない。こわくてとてもじゃないけどできない。)

地植えするとなると、道具がいる。

だから剣先スコップとかね、買ってしまった。

土壌改良の必要性を知れば、またまたいろいろ調べます。

どじょーかいりょー。

なんだよそれ。

そのうち赤玉土とか鹿沼土とか、腐葉土とか堆肥とか。

そういうもんにも詳しくなります(笑)。



ねえ、わけわからなくない?

庭にも土にも草にもまったく無関心で、無関係だったわたしが。

つかアウトドアもガーデニングも、どっちかというとキライなわたしが。

せっせと土を耕し、

「今度は完熟腐葉土も混ぜてだね・・・」

とか、考えるようになるなんて。

いっとくが、今でもやっぱり泥んこも汗かきも虫もキライだ。

でえ嫌いだ。

|||(-_-;)||||||

意味がわからない。

人間、かわりすぎ。

だけど鹿沼土は好き・・・かもしれない(爆)。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

うーん。

いつまでこんなこと、やるんだろうね。

外で作業すればそれだけ疲れるし、よごれるし、花粉は吸うしさ。

いいことないのに。



では、またね。。。

【27/02/2024 23:33】 ガーデニング | CM (-)

超ハスキー

●コロナは

去ったが、嗄れた声が残った。

(^~^;)

別に、もともと美声だったわけじゃないけどさ。

うーん。

いつか復活するんでしょうか。

ハスキーといえなくもないが、せくしーではない。

だって要は、ひどいガラガラ声だよん。

あぐぐ。

声の通りもわるいし、声量も出ない。

あんまりいいことないなあ。






●これって

永遠に結論が出ないやつね。

「電車内で携帯通話」なぜダメ? トラブルも…

ごく個人的には、緊急の電話ってありうると思ってるのね。

ふだんは公共マナーを守ってる人でも、やむを得ない事情はありうる。

そういうときに手短に、小声で。

―――周囲に配慮しつつ電話に出るのは、別にいいんじゃないの。

と、わたしは思います。



そう思うよ、思いますが、でも。

こうした例外をつくることが、トラブルのもとになるのは想像がつく。

どういうときが、やむを得ない状況なのか。

手短って、いったい何分ぐらいなのか。

そして声が大きいか小さいかは、どうやって計測するんだ。

ヾ(´▽`;)ゝ

世の中のひとがみんな寛容な、健全な良識のあるおとなならいい。

でも、そうじゃない。

いや、仮にみんなそうだとしてもなお、価値観には個人差があります。

手短って10秒なのか、5分までぐらいなのか。

誰かがしゃべっているその声が大きいと感じるのか、感じないのか。

会話の内容に緊急性はあるのか、ないのか。

絶対に誰もが納得できるラインはない。

コンセンサスは存在しない。

(^~^;)



電車の中では、赤ちゃんの泣き声やベビーカーですら論争が起きます。

優先席に誰が座るとか座らないでも、ときに大問題に発展します。

そんなジャパンで、車内の通話。

いやあ、地雷だ。

かつてのマスク警察のように、通話警察が登場するのは目に見えている。

揉めないわけがない(汗)。

(((((((;´д`)))))))

誰もが他者に寛容で、良識と思いやりがあればなあ。






●これは

本当に痛感しますよね。

ハワイやグアムが「高根の花」に…日本経済の衰退

さて、昔話です。

わたしたち世代が若かったころ、20代のころ。

誰もがとはいわないけど、どこか海外旅行に行くのはわりと普通でした。

別に珍しくない、ふつう。

ハワイ、グアム、サイパン、香港。

高給取りとかじゃなくって、一般的な20代のOL(死語)が毎年のように。

(^~^;)

大学生が車を持ってるのもふつうだったし、スキー旅行もふつうだった。

ヴィトンのバッグも、クリスマスの赤坂プリンスホテル宿泊もさ(笑)。

卒業旅行でヨーロッパ、なんてのも結構あった。

しつこいですが、誰もがとはいわない。

行かない、行けないひともいたはずです。

だけどわたしの周囲は、バブルだった・・・んだよなあ。

今となっては、ファンタジーみたいですね。

|||(-_-;)||||||

お金が天下に舞い飛んでいた、のはまちがいない。

ブランドものもボージョレ・ヌーヴォーもそのころ正義だった。

そういう価値観だった。

うはは。

現在の社会から見ると、ほとんどバカげた浪費に見えるだろうな。

だけど世の中がもっと豊かだった、とはいえますよね。



日経平均株価が連日、最高値を更新してる。

バブル経済以来だって騒いでるけど、でもさあ。

冷静になって考えてみる、までもない。

あれから30年が経過してやっと、今やっと当時のレベルに到達・・・???

諸外国では今の株価、そのころの5倍、10倍にもなってるのに・・・???

ヾ(´▽`;)ゝ

どんだけ立ち遅れているんだろう。

失われた30年を取り戻しただけ、というか。

(そもそもこの30年以上、平均給与が上がっていないものね。)

株価だけ見ればそうだけど、実体経済はどうだ。

あの頃みたいな景気の高揚感はない。

まったくない。

市場がどう盛り上がろうと、一般庶民は冷めたままです。

好景気だと感じてる人もあんまりいない、でしょう。

置いてきぼり。

これでいいはずないよなあ。



では、またね。。。


【26/02/2024 23:59】 社会・時事ニュース | CM (-)

養生

●土曜日は

よーーーやく晴れた。

おひさま、何日ぶりだろう。

心底ほっとしました。

一日だけだったけど。

(^~^;)

一度は不気味なまでに気温が上がった、その後の降

ホントに長々と降ってくれやがりました。

毎日しとしと、ざあざあ。

とんでもないぐらい、庭の草木には迷惑な話です。

ってのはの季語だなあ。

今この時期の長くつづくは何ていうんだろう(汗)。

菜種梅、とか?

この言葉は3月のイメージですよね。

(^~^;)

うちのパンビオたちは、もう本当にびしょ濡れ。

ぐだぐだのべちょべちょです。

鉢の中の土が乾くひまもなく、また降る・・・のくり返し。

水耕栽培かよ(汗)。

鉢の中にたまった水は気づけば捨ててますけど、限度があります。

24時間、48時間、36時間・・とか降るもんね。

根腐れしてなかったら驚くレベル。

かわいそうなんだけど、すべての鉢を軒下には入れられない。

頼むよ耐えて、と祈るばかりです。

( ;∀;)



DSC_1689m_20240225.jpg



ふつうの鉢ではなくて、これは養生鉢。

ボロボロ放置寄せ植えから救助して、生存者を植え替えた子たち。

外で風に耐えてますが、なんか元気です。

(^~^;)

パンビオ、わりとたくましい。

ゴージャスなフリルのイエロー、オレンジ、深紅。

「ありじゃないか・・・」

えへ。



DSC_1546m_20240225.jpg



DSC_1710m_20240225.jpg



こちらもみんな、植え替えて養生中のパンビオ。

このサイズ(4号鉢)で外に置くのは無謀なので、軒下にいます。

ぬくぬくとはいわないけど、甘やかし気味(笑)。

しなびて元気のなかったサバイバー株ばっかり。

―――だったんだけど、ちょっと復活してる。

(*´∀`*)

もどんどん増えて、めちゃ可愛い。






●いつまでも

クレート(苗トレー)にひと月以上も放ったらかしでした。

かわいそうすぎるポット苗。

せっかく買ったのに、ホワイトレースフラワーとサルビア・スペルバ。

ごめんよ(汗)。

(^~^;)

晴れた土曜日、やっとのことで植えつけました。

一緒に写っているのは芍薬たちですが、咲くのは来年かもしれないね。



DSC_1724m_20240225.jpg



DSC_1721m_20240225.jpg



もしこの子たちが根づかずに枯れたら、ものすごい罪悪感。

だって、へっぽこガーデナーだから(スキルがなくて)枯らすんじゃなくって。

無責任に放置したせい、だもんなあ。

|||(-_-;)||||||

ホワイトレースフラワーは、半分しおれてました。

根っこの強さには、ちょっとバラツキがあった。

頑丈な子もいたから(ぜんぶで3株)、がんばってほしい。

スペルバは、どうだろうなあ。

時期的にまだ成長しないから、ぺったりしててもよくわからない。

(--;)



今年のわたしの野望は、ふたつあります(笑)。

ひとつはもちろん、薔薇たちをちゃんと咲かせること。

ほぼ四季咲きの苗しかないから、も咲くはず。

・・・そうあってほしい。



DSC_1719m_20240225.jpg



写真は、先日やっぱり気になって植え替えた薔薇たち。

クイーン・エリザベスとブラスバンド。

2年目の株のわりには小さいよね。

正直、8号鉢が必要なほどは育ってない。

水やりすぎ気味のわたしには、大きすぎる鉢はよくないと思った。

※水やりすぎで根を腐らせる人間には、大きすぎる鉢と多すぎる土は危険なのです。

思ったけど、用土替えしたかったのね。

(^~^;)

今まで以上に慎重に水の管理をして、なんとか。

なんとか丈夫に育ってほしい。



今年のわたしのふたつめの野望。

それはシンプルに、(バラも含めて)切りにできるを育てること。

ほとんどないんですよね、わが家には。

庭から切って、そのまま室内に飾れるようなが。

食卓にも仏壇にも、ちょっとはがほしい(笑)。



DSC_1528m_20240224.jpg



ほぼ唯一の例外が、これ。

父がかつて植えた紫陽ダンスパーティです。

今年は枯れ枝が多くて、ちょっと心配。

この子が咲く時期だけは、庭の花を活けられる。



DSC_1540m_20240224.jpg



もうひとつが、一応これ。

自生したらしいスイセン。

どういうわけかまだ咲かない、というか咲くのかこれ。

(((((((;´д`)))))))

近所のお庭の水仙はすべて、もう終わってるぞ(汗)。



いずれにしても、わたしの買った(育ててる)子の中に、いないのよね。

そこそこ背が高くて、切り花にできる花。

あこがれだなあ。

去年がんばったポーの一族も、トレニアも、ひまわりも。

みんな可愛かったけど、ちまちま系でしたものね。

うぐ。






●さて

コロナはほぼ終わりました。

たまに咳をするぐらい。

病気の症状はもうないけど、声はまだ戻りません。

ガラガラ(笑)。

おしゃべりできるぐらいには、復活しないかなあ。

の日曜日、寒かったけど喉にはやさしい。

ちょっとはね。



では、またね。。。


【25/02/2024 23:57】 ガーデニング | CM (-)

劇的にかわいい

●まったくもって

冷え冷えに冷えた金曜日でした。

さむい。

( ;∀;)

天皇誕生日。

一般参賀の様子をテレビで見ましたが、寒そうでした。

2月だから寒いのは当然かもしれないけど、それでも。

うぐ。

晴れて。

もうも冷えもいいから、お願い晴れて。






●ガザニア

連日のの前の話ですが、うちのガザニアが咲きました。

美しくて、びっくり。



DSC_1523m_20240224.jpg

シルバーリーフのガザニア、タレントミックス。

―――という品種です。

いいねえ。

劇的にかわいい。

こういう咲きかたをする子はうちにほとんどいないから、貴重です。

(//∇//)



DSC_2280m_20240224.jpg

ポット苗を買ったのは12月の半ば。

それをスリット鉢に寄せ植えにしたのが、去年のクリスマスごろ。

一緒に植えたのはヒューケラドルチェ。

なお、ヒューケラ栽培はあまりうまくいってない(汗)。

赤いはっぱ、かわいいのに。



DSC_0094m_20240224.jpg

が咲くのは春ですが、苗はそこそこ耐寒性があるらしい。

だから最初から外に置きっぱなし。

こんなに放置してていいのか、ってぐらい。

(^~^;)

※南アフリカ原産なので、基本的にはあったかい土地向きです。

※ただ、この品種は外気温マイナス5度ぐらいまでなら耐えるみたい。



DSC_0263m_20240224.jpg

ヒューケラはイマイチだけど、ガザニアは元気です。

真冬でも寒さにひるむことなく成長して、こんな感じに。

葉っぱ自体がきれいですよね。

シルバーリーフの植物って、一般的に日なたに強くないとか聞きます。

でもこの子は、日当たり大好きらしいよ。

※真夏の酷暑になったら、半日陰に移動させるかも。



DSC_0866m_20240224.jpg

2月には早々とつぼみをつけた。

すごい。

ただよく見ると、2つの苗のうちひとつだけ。

もうひとつには蕾がない、カケラもない。

どう見ても葉っぱだけ。

どういうこと。

(((((((;´д`)))))))

そのうち蕾が上がって来る・・・のか・・・?



DSC_1491m_20240224.jpg

初めて咲いた日の朝のようす。



DSC_1520m_20240224.jpg

この日は気温がぐんぐん上がったから、かな。

数時間後に見ると、ぱっちり咲いてました。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ

かわいいいい。

シルバーリーフに鮮やかなオレンジ色の

そのカラー合わせがすばらしい(笑)。

(´艸`*)



ご存じのとおり、これ以降はお天気がひどくてね。

ばっかりだし寒いしで、一度も咲いてません。

たぶん。

( ;∀;)



さて、つぼみレスの株だよなあ。

どうしたらいいんでしょうね。

日当たりも肥料も同じ条件であげてる。

(つかわずか数センチ離れた隣り同士だし。)

見るかぎりでは生育が悪い感じもしない。

たまたま晩生なだけ・・・?

害虫や鳥に食われたわけでもないしなあ。

切り戻しでもすれば、なんか変化があるかな。

(^~^;)






●コロナ

軽快しつつあります。

咳は執拗ですが、それでもかなり減りました。

発症して1週間。

もう治っていいよね。

土曜日は久しぶりに晴れるらしいから、へっぽこガーデナー発動です。

外の空気が吸いたい(笑)。



では、またね。。。


【24/02/2024 02:12】 ガーデニング | CM (-)

持ち直す (=^・^=)

がやまない。

もういい加減にしてほしい。

降りすぎでしょ。

(((((((;´д`)))))))



www23feb2024a.png



www23feb2024b.png



どんどん気温が下がって、もうね。

今から冬に戻ります、みたいな。

やめてあぐぐ。



www23feb2024c.png



まさかとは思うけど、東京にも小さな雪マーク。

いやいや今さら冗談でしょう。

( ;∀;)

三寒四温?

暦の上ではもうなんだっけ。



自分でも思いますが、庭の草の心配しかしてません(笑)。

他に思い悩むことあるだろ?

うーん。

ヾ(´▽`;)ゝ






●コロナは

今日はすこし改善の兆し。

咳のくすりを変えてみた。

前よりもよく効くかもしれない・・・?

喉の痛みと声のかすれ。

つかヒドイぼろぼろ声です(汗)。

咳はまだ止まらないけど、ちょっと軽くはなった。

この調子でよくなれば、療養生活の終わりが見える。

そうあってほしいものです。

ちなみに>>

親は一足早く快方に向かっているようです。

たくましいね。

(^~^;)



では、またね。。。






【22/02/2024 22:22】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

ぶり返す

●新型コロナ

発症からおおよそ5日。

陽性判明からおおよそ4日。

そろそろ峠を越えてもいいころですよね。

熱はもうほぼない。

あんまり心配もしてない。

生活サイクルは徐々に日常に戻りつつある。

でも今日は咳がひどかったよ。

ああいやだ。

(--;)

喘息みたいな苦しいゼイゼイじゃないんだけど、なかなか咳がやまない。

やんだと思っても、すぐにまたはじまる。

ごほごほ、ごほけほけほ、ぜー、ごほ。

けんけん、ごほごほ、けほほん。

この疲労感。

しんど。

(--;)

もともとのどが弱点なので、狙い撃ちにされてるみたい。

げほげほ。

肺炎とかなりませんように。

ばかやろー。

(ρ_;)。。。






●さて

ホントにびっくりするぐらい、気温さがりましたね。

日付が変わるころが15度で、今が7度ぐらい?

ひたすら冷えていったこの24時間。

( ;∀;)

気温はそれでもまあ、許容範囲かもしれない。

問題はだ。

一日中けっこうな量のが降りました。

しとしとざーざー降り続け、なのがヤな感じ。

うちの薔薇たちの鉢はもうおそらく、飽和状態でしょう。

昨日との温度差に、震えてるかも。

( ;∀;)

ああごめん。

水たっぷたっぷだよねきっと。

根っこが呼吸できなくて、鉢の中であっぷあっぷしてる気がする。

溺れてるかもしれない。

冷えてるし、助けてあげるべきだったんだろうか。

今ごろ気づいても遅いか。

( ;∀;)

ごめんよー。

自分が病気だったので、いまいち気が回らなかった。

ひさしの下(ちょっとはがよけられるポジ)には、わずか3鉢。

それ以外の子たちはずぶぬれです。

かわいそうに。

( ;∀;)

しばらくは降るみたいだから、明日はほかの鉢も移動させよう。

みんな宿りしてもらおう。

( ;∀;)






●ちなみに

が降る前、つまりまだ暑かったときのうちの薔薇たちです。

新芽が動き出して、を待ってる。

(というより、だと思って育ち始めちゃった。)



DSC_1473m_20240221.jpg



DSC_1478m_20240221.jpg

まずは、新顔をご紹介します(笑)。

セプタード・アイル。

ついに手を出してしまった本物のイングリッシュ・ローズ。

デビッド・オースチン・ロージズというイギリスの名門ナーセリーの薔薇です。

(^~^;)

この子については、また別の機会に。



DSC_1537m_20240221.jpg

早々と新芽をひろげ、咲く気まんまんのピエール・ドゥ・ロンサール。

3年目の大苗。

若葉の色もライムグリーンでうつくしい。

(*´艸`)

ご覧のとおり、巨大な鉢に植え替えてしまった(汗)。

そうそう簡単には動かせない重さです。

ぐえ。



DSC_1513m_20240221.jpg

植え替え(用土替え)しそこなってしまった、かわいそうな子たち。

左の背の高いのがクイーン・エリザベス。

右のちょっと低め(剪定後)の子がブラスバンド。

シュート(枝)の出かたも新芽の色もちがって、おもしろいですよね。

(//∇//)

ピエロンとあわせて、この3株がわたし的にはいちばんの古参。

(古参といっても、まあ、昨年6月だけど。)



DSC_1497m_20240221.jpg

いちばん凶悪な棘を持つカミーユちゃん。

非常に繊細で優美な紫色のが咲くはず・・・はず(汗)。

いやあ、ぶっとい枝も棘も何もかもが迫力。

しゅごい(といいつつ、ちょっと引く)。

昨秋にうちに来たので、まだそのを見たことはありませぬ。

(^~^;)

同時に来たアストリットグレーフィンフォンハルデンベルクは、あれ。

写真を忘れたようです。

こちらもぶっとくて凶悪な感じよ(笑)。

ただし、新芽の動き出しはうちの子の中でいちばん遅い。



DSC_1477m_20240221.jpg

はい、かわいいかわいいポンポネッラ。

可憐でまあるい濃ピンクのがひらひら咲く、あの子。

去年もそこそこ咲いてくれたけど、今年はもっと行ってほしい。

(*´∀`*)



DSC_1449m_20240221.jpg

そして、わが家の最高齢。

ギネスブックレベルの長寿・・・なわけないか。

とにかく、後期高齢者クラスまちがいなしの古いつる薔薇

この子もこのやせ細ったなりで、新芽がいっぱいです。

ささやかだけど、がんばって生きてる。

ちゃんと養生して、今年もを咲かせたい。

(開すれば品種がわかるかもしれないし。むりか。)



わたしはコロナなんかにかかってる場合ではない。

へっぽこガーデナー、やることいっぱいです。

では、またね。。。



【21/02/2024 23:57】 ガーデニング | CM (-)

雨水(うすい) 2024

●あれ・・・?

水って19日、からでしたっけ(汗)。

幅があるものだから、いいことにしよう。

(^~^;)



www20feb2024a.png



の嵐がすぎたら、庭がすごいことになってました。

一面に散乱する柚子の実。

あっちにもこっちにも、道路にも。

※公道に転がっていったものはのちに回収。

あーあ、ひどい。

相当な風だったのだと想像します。

もともと荒れ庭ですが、さらに荒れ放題の庭に。。。

ひどい。

無残といえば無残ですが、ただし今年の柚子。

あまり出来がよくなくて、食用にならないものも多かった。

申し訳ないけど、だから、しょうがないかなって。

諦めるのは早かったです(汗)。






●それにしても

朝から気温が18度。

ι(´Д`υ)アツィー

昼をすぎるころには22度かそれ以上。

湿度もあったからよけいに暑く感じました。

あやうく冷房を入れるところでしたが、思いとどまって「除湿」に。

・・・似たようなもんか。

ヾ(´▽`;)ゝ



群馬では25度を超えた場所もあったとか。

「マジですか・・・」

いちおう今はまだ2月ですよね?

なんならまだ雪が降ってもおかしくない季節、なのに。

おかしいだろ。

おまけに、気象庁がこれです。

http://himasoku.com/archives/52245477.html

エルニーニョが勢いを増し、地球が沸騰する。

下手をすると4月から熱中症の危険ありって・・・(汗)。

|||(-_-;)||||||

長期予報が不吉なのはいつものことですが、それにしてもひどいなあ。



www20feb2024b.png



で、水曜日は冷えると。

前日の気温の半分以下、いやもしかすると1/3とか。

ヾ(´▽`;)ゝ

どうなってるの。

天気が意味不明です。

あるあるにしても、なあ。

うちのたち、もうとまちがえて咲いてるんですけど。

もうちょっとで咲く気、まんまんなんですけど。

そこに寒風とか、残酷なことをする。

(((((((;´д`)))))))

神さまどうかご加護を。






●コロナファミリー(=わが家)

ハイリスクおばちゃん、わりとがんばってます。

熱はほぼなくなった。

ときどきぶり返してる感もあるけど、波はちいさい。

咳はまだ止まらない。

でも以前よりずっと減ったし、身体へのネガティブな影響も減った。

身体は楽だし、食べるのが苦痛ではなくなった。

声はまだ出たり、出なかったり。

仕事にはふつうに復帰しました(リモート)。

喉がいたいから電話はしないけど、それ以外はわりと通常どおり。

(^~^;)

いちおう外出自粛中だけど、庭には出られるからストレスはない。

(コロナに関係なく、リモート仕事メインのわたしが平日でかけることはあんまりないけど。)

というよりむしろ、週末から数日間。

庭どころじゃなくてうんうん唸って寝てた期間が、つらかったですね。

たちの様子を見られない。

たちに触れたりかまったりできない。

それ自体がしんどかった、かもしれない。

( ;∀;)



友人たちや同僚はそれぞれ心配してくれて、ありがたかった。

それぞれ経験談があって、みんなちがうのね。

コロナの症状にいかに個性というか、幅があるのか。

人ごとにちがうというのを痛感します。

熱が下がったと油断せず、大事にしよう。



では、またね。。。




【20/02/2024 23:56】 気象・自然 | CM (-)

寝ます。

●かつては

濃厚接触者って呼ばれてましたね。

もはや隔世の感のあることばだ。

コロナ禍ボキャブラリー、思い返すと変なのがいっぱいありました。

(^~^;)



さて、今日は別の病院(の発熱外来)に行きました。

高齢の親が咳と、微熱の症状。

結果を聞かされる前から、そうだろうと思ってました。

「インフルは陰性、コロナは陽性です」

同居の家族で、感染を避けるのは非常にむずかしい。

そうなんだけど、でも。

どうして今なんだ。

今まで何年もがんばって持ち帰らないようにしてたのに、って。

くやしい思いはあります。

(感染源は調べようがないけど、99%はわたしのはず。)

うぐ。

(^~^;)

救いは、むしろ親のほうが症状が軽いこと。

このまま乗り切ってほしい。






●わたしが

処方されたのは、ごく一般的な薬です。

いわゆるコロナの治療薬ではない。

カロナール、トラネキサム酸、メジコンのコンビネーション。

※親のほうもほぼ同じ。

もらった薬が効いている・・・気がするよ。

あれほど痛くていたくて死にそうだったのどが、すこし回復している。

喉の炎症もおさまりつつあるのか、食べ物がのどを通るときの痛みは減った。

みかんを食べても激痛、うどんを食べても激痛だったからなあ。

りんごと甘いフルーツジュースが限界。

(糖質的な問題は度外視。はい。)

今朝はまったく声が出なかったけど、今はちょっと出る。

電話ができないと、発熱外来への予約すらできないからねえ。

咳は出ますが、昨日おとといほど激しくもゼイゼイ深い感じでもない。

ゴホゴホの頻度も減った。

それにふつうに呼吸ができる気がする。

諸症状が緩和したせいか、熱がさがり、身体の痛みもちょっとはマシに。

よくがんばっている、わたしの免疫に感謝。

(^~^;)



おとといはほぼ寝込んでいて、食事をするのもおおごとだった。

きのうは食事をつくるのもつらくて、しんどかった。

今日は特に問題がなかった。

軽快してる、はず。

重症化リスクがないわけじゃないので、ほっとしています。

このまま改善しますように。

頼むよ。






●ちなみに

仕事はやすみました。

やむを得ない。

明日はたぶん復帰できる、と思いたい。






●全然

関係ありませんが、ブラタモリ。

レギュラー放送が終わるというのは、ちょっと悲しい。

でも完全に終わるわけでもない? のに期待。

どっかの誰かが、あの番組を評して

「若い女の子相手におっさんが知識をひけらかす」

とかなんとか言ったとか、いわないとか。

びっくりした(笑)。

どうしたらそんな曲解が可能なのか、意味がわかりません。

タモさんはそういうキャラじゃないでしょう。

常に若い女性がお供なのはまあ、たしかに接待っぽい絵だけど。

(^~^;)

タモリさんはある意味、飄々とあるがまま。

誰が相手だろうと同じだし、淡々としたもんです。

俺すごいんだぞ的なキャラじゃないから、今まで続いたんでしょう。

ねえ。



では、またね。。。


【19/02/2024 23:24】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

コロナ陽性

●いつか

きっとかかる。

ずっと無事でいられるわけない、とは思ってましたけど。

このタイミングでとは、とほほ。

(((((((;´д`)))))))

本当にとほほです。






●さて・・・

どう考えても、例のライブ以降だよね。

今は別に誰もいちいち聞かないけど、

「通常とはちがう行動」

東京ドームでのライヴしか心当たりがない。

知らんけど。

(^~^;)

疲れ、乾燥、歌いすぎによるのどの痛み。

でもその時点では、気づいてなかった。

おかしいなと思ったのは、金曜日かなあ。

それまでは咳とのどの痛みだったのが、全身ぞくぞくしてきた。

熱がガーっと上がる前の、あの悪寒です。

( ;∀;)

「ヤバイ」

親にうつるといけないので(遅いけど)、夕食後は部屋にこもった。

その晩から悪寒、発熱、咳。

咳もつらいが、のどの痛みがいちばんひどかったかも。

いや、同じかな。

夜じゅうずっと1時間、2時間ごとに目が覚めた。

咳がひどいと、寝られないですよね。



土曜日は終日、寝たきり。

起きれないんじゃなくって、セルフ隔離ですね。

食事はおおむね食べられたと思う。

嗅覚、味覚は異変なし。

だけど断続的にものすごい高熱が出た。

37度、38度、39度、39.7度。

40度になったら医者に行こうと思ってたのに、ギリ未達成(汗)。

熱はけっこう上がったり、さがったり安定しない。

高熱は出るものの動けないほどじゃなくて、部屋をうろうろ。

熱よりも、咳とのどの痛みが辛い。

( ;∀;)

あんまり咳がひどいと、お腹も痛くなりません?

筋肉痛みたいなの。

ただでさえ全身がきしむ感じで痛いのに、お腹あたりまで痛いとか。

( ;∀;)






●日曜日

症状はあまり変わらない。

咳、のどの痛み、全身の痛み、発熱による不快感。

ずっと寝ていて飽きた、のもある。

お昼ごろ、やっと決心した。

遅ればせながらあきらめがついた、というか。

地元の自治体の休日診療センターに電話した。

アポをとって、タクシーでセンターに向かう。

発熱がある人はオンライン診療、なんですって。

「オンライン・・・それじゃ、行かなくてもよくない・・・?」
「いえいえ、検査ありますから」

おう。

鼻に長い綿棒っぽいものをつっこむ、アレですね。

(^~^;)

LINEの友だち登録、ビデオ通話。

オンライン問診票の記入。

保険証とお薬手帳は画像をとってメール送信。

「はい・・・」

世の中が便利になったのか、めんどくさくなったのか。

熱があるわたしにはわかりません(笑)。



「はい、コロナ陽性ですね」

LINEビデオ越しに、医者が検査結果を掲げる。

「そうですか・・・」

驚かないけど、がっかりはした。

やっちまった。

まさに、そういう心境です。

( ;∀;)






●お金は

わりとかかった、気がする。

5類になったから、ふつうに3割負担なんですよね。

診療に4000円ちょっと。

お薬に1000円ちょっと。

交通費(タクシー代)をあわせると、そこそこの出費です。

(^~^;)

金銭的な負担を考えても、かからないほうがいいですね。

あたりまえか。






●さて・・・

ひとつ、思うことがあって。

それはコロナが始まる直前の、2019年の暮れ。

この時期わたしは珍しく、めちゃくちゃ体調が悪かった。

インフルエンザかわからないけど、急激な悪寒と発熱、咳とのどの痛み。

半端ないぐらいの身体の痛み。

なんか半月ぐらいずっと、寝たり起きたりしてた気がします。

インフルの検査では陰性。

今になって思えば、あれはコロナだったんじゃないか・・・?

日本で最初の感染者が公式に確認されたのが2020年1月です。

実際にはそれ以前からひそかに侵入していたはずだから、ありえなくはない。

今の症状とあのとき、似てる気がするなあ。

(^~^;)

真相はわかりませんけど。



そういうわけで、5日間は外出自粛です。

もともと在宅勤務なので、たぶん日常生活への支障は少ない。

いちばん気になるのは家族への感染です。

不可避だと思うけど、回避できればいい。

では、またね。。。



【18/02/2024 18:09】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

QUEEN + ADAM LAMBERT - THE RHAPSODY TOUR report

●さて・・・

行ってきました。

Queen + Adam Lambert の東京ドーム公演(初日)。



DSC_1221m_20240215.jpg



今のご時世、あれだよね。

ネット上にはライブの画像や動画があふれてます。

(^~^;)

違法じゃないんですよ。

スマホやコンデジで撮影するのは許可されてます。

(ネットへの掲載制限もないから、商業利用しない限りはOKなのでしょう。)

「え、ライブ撮影していいの?」

とか思っちゃう時点で、もしかすると古い人間なのかも。

(^~^;)

まあ、そういうわけで。

わたしのへっぽこ画像なんかなくてもいいんだけど、でも。

ほんの少しですが貼ります。

いちおう、がんばって撮ったからね・・・(汗)。



DSC_1214m_20240215.jpg



グッズ販売の行列は、こんな感じ。

うわさには聞いてましたけど、すげー並んだ。

たぶん、1.5時間ぐらい。

(^~^;)

物販スタートが12時。

小鳥さんとわたしが行列に加わったのが14時ぐらい。

お買い物が終わったころには、15時半かなあ。

開場17時(開演19時)の3時間前に行っても、この混雑。

すでに完売してる商品も多かった。

(グッズはチケットがない人でも買えるから、しょうがないかな。)

この時点で、へっとへとでした。

ヾ(´▽`;)ゝ



DSC_1222m_20240215.jpg



筋金入りのアンチ巨人としては、長嶋さんのアレが掲げられたゲートって、ねえ。

なんかビミョー。

(^~^;)

「野球の試合じゃないんだから、気にしない!」

小鳥さんにはさんざん諭されました。

はい。

わかってるんだけどね、バカバカしいって。



DSC_1234m_20240215.jpg



開場まもない時間のドーム内の様子です。

見ておわかりだと思いますが、スタンド席でした。

すごくいい席でした。

(なお、野球の試合でこの席をもらったら、涙するレベル。)

だって、ほら。

ステージが一望できて、目の前に障害物がない。

距離はありますけど、それは最初からわかってましたから。

座席を選べないのにアイルの端っこだったし、運がよかった。

「これで今年の運をすべて使い果たしたのでは・・・」

不安が胸をよぎったりして。



DSC_1254m_20240215.jpg



DSC_1249m_20240215.jpg



DSC_1260m_20240215.jpg



STORYPIC_00114205_BURST240213205705m_20240215.jpg



DSC_1325m_20240215.jpg



ぴったり19時にはじまって、だいたい2時間強。

すごかった。

圧倒的だった。

このうえなく幸せな、贅沢な時間でした。

本当に素晴らしいライヴでした。

フレディが映像で登場したときは、ちょっと泣いた。



写真、たまたまピックアップしたワンシーンです。

色も演出も偏ってますが、ご容赦。

(^~^;)

叫びすぎ、歌いすぎて喉がガラガラ。

踊りすぎて??、腰もガクガク(笑)。

ブライアンもロジャーも、あれだけのステージを完走するって。

ほぼノンストップ。

彼らのエネルギーとクオリティに脱帽です。

何十年も音楽の世界でトップであり続けるって、こういうことか。

そして、圧巻のアダム。

すごいのも、おじいちゃんたちとの相性も知ってた。

知ってて、好いていてなお、彼のパフォーマンスに感嘆した。

すげえ。



すみません、レポートになってないですね。

動画もたくさん撮りました。

この数枚の画像よりもはるかに、いいです。

見てるだけでニマニマしちゃうけど、でも。

自分の歌ってる声が入ってたりするから、公開はしない(汗)。

ぐは。

すんごくいい夜でした。

機会があるならまた会いたい。

会いたいけど・・・その前に、筋トレに励むべきですね(汗)。

体力づくりが必須です。



では、またね。。。



【15/02/2024 22:27】 音楽(全ジャンル♪) | CM (-)

ふう。

●ふう・・・

やけに暖かくて、ちょっとびびる。



www15feb2024b.png



www15feb2024d.png



粉もいやだけど、なんかもうそれ以前に。

「まだ二月ですよね・・・?」

冬のさなか、ですよね。

来週あたり桜が咲きそうな勢いなんですけど???

・・・んなわけないか。

(^~^;)



www15feb2024a.png



www15feb2024c.png



暖冬ジャパン、完全に気温がバグってる。






●庭のあれこれ

うちの薔薇の苗たちは、全部ほぼ芽が動き出してます。

暖冬、おそるべし。

つかの間の休眠から、もう完全に目覚めてる・・・気がする。

明らかに だね!さあ起きるよ! モード。

いいのかマジで。

冬場の剪定とか用土替えとか、まだ終わってないよ。

( ;∀;)



いちばん早く若葉を広げて成長を始めたのが、ピエール・ドゥ・ロンサール。

昨年の6月の大苗、つまり足かけ3年目の株。

毎日どんどん大きくなる、みたいだ。

※この子は先日、クソでかい10号(12号かも)鉢に植え替えた。

地植えにしようかと思ったけど、ちょっとこわくて。

もう一年は、鉢にとどめておこう。

(^~^;)



あじさい、調子がよくない。

ダンスパーティという品種ですが、長年の放置がたたった。

(父が植えたのがたぶん10年ぐらい前?)

新芽も出てはいるけど、枯れた枝が多い。

ホント多い。

大丈夫かなあ。



わたしが庭木にちょっとずつ目を向け始めて、まだ一年もたたない。

ド素人がおっかなびっくり、最小限の世話のまねごと。

へっぽこですので。

今までまったく手が回らなかった(目も行かなかった)けど、徐々にね・・・(汗)。

たぶん大した助けになってない。

施肥と養生、できるかなあ。

|||(-_-;)||||||

あじさいはほかにもありますが、こちらも古木。

どうしようかなあ。



それから、ゆすらうめ。

もともとものすごく高齢なのと、昨年けっこう根を痛めた。

(庭師さんたちがね、まあ、アクシデントいろいろ。)

生き延びるかどうかハラハラしてましたが、なんとか。

なんとか今年も芽が見えてます。

咲く、かな。

枯れ枝のみ、おそるおそる剪定しました。

咲いてくれ。

老木なので、いつまでがんばってくれるか。

(--;)



老木といえば、例の名無しのつるばら。

びびりつつ剪定をして、寒肥と下草の整理はした。

昨年からの葉っぱもぜんぶ落とした。

見事につるっつるです(笑)。



ちなみに>>

薔薇の先生いわく、葉を落としたぐらいじゃ薔薇は寝ないそうです。

強制休眠なんか、できるわけないって。

※ガーデニングの本やYouTube動画なんかでは、けっこう多いんです。

「暖冬で薔薇が葉をつけたままの場合は、こうやってむしって、冬眠させちゃいましょう!」

みたいな。

でも、わたしの薔薇の先生は、それはありえないと断言する。

植物はそんな人間の都合で動かないって。

日本でいちばん有名なバラの育種家のいうことなので、信じてます。

でも、葉っぱを落とすのは意味がないわけじゃない。

昨年からの葉っぱには、病害虫がいたりするから。

―――ということらしいので、落としてみた。

真冬でもきれいなつやつやの葉っぱ。

いっぱいだしまずまず元気だし、もったいないぐらい。

そのせいかどうか、知らないけど。

ほそい枝のほぼすべてに、新芽が芽吹いてきてます。

たくましいね、ホント。

半世紀をすぎた古木でも、新しく咲こうとしている。

それだけで感動してしまう。

( ;∀;)

がんばって咲いてほしいな。

生きていてほしい。



では、またね。。。


【14/02/2024 23:45】 ガーデニング | CM (-)

QUEEN + ADAM LAMBERT - THE RHAPSODY TOUR

●なんか・・・

あっという間に、この日が来てしまった。

(^~^;)

ものすごく楽しみ。

ものすごくうれしい。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ

―――と同時に、いろいろ不安でもある(汗)。

歌舞伎やクラシック音楽ならいざ知らず、ライヴですよ。

ロックのライヴとか、20年は行ってない(汗)。

どうしよう。

浮くよね。

ヾ(´▽`;)ゝ

むちゃくちゃなアウェイ感。

さらに東京ドームでのロックとなると、なんと。

20代のころのローリング・ストーンズ以来です。

いつの話だよおいおい。

昔すぎてもうね、乾いた笑いしか出てこない。

うは。



東京ドームに行くこと自体、5年ぶりぐらい?

前を通ることはたまにあるけど、中に入ったのは数年前以来。

(野球の試合ね。)



だけど、まあ。

なんとかなるっしょ。

どんだけこっちが不慣れでマゴマゴしても、クイーンクイーンだ。

ブライアンはブライアンだ。

いったん音楽が始まれば、問題ない(はず)。

楽しめばいい。

似たような感じのおじちゃん、おばちゃんはきっと大勢いる。

昔からのファンなら、必然的にみんな高齢者です。

わたしたちはボリューム層だ(笑)。

(^~^;)



そういうわけで、行ってきます。

(*´∀`*)

では、またね。。。


【13/02/2024 12:17】 音楽(全ジャンル♪) | CM (-)

ハイパーガーデニングレスキュー(のつもり)

●三連休

がんばろうとは思ってます、が。

なかなかすすみません、テキトー野良仕事。

せっかく毎日、あったかいのにね。

(^~^;)

いえ、やってないわけじゃないの。

迷ったりわからなかったり、右往左往して捗らない。

うぐ。



DSC_1022m_20240212.jpg



パンビオ、ひどい。

こっちの寄せ植えは状態が悪すぎる。

放っておいた自覚があるので、ホント申し訳ない・・・(汗)。

たくさん鉢植えがあって、みんなかわいいし大事。

―――なんですけど、愛情の濃淡がありますね(汗)。

秋の終わりに、最初にこの子たちを植えた。

小さくてややぐらつく、微妙な株でした。

その後に買った株が優秀だったので、そっちばっかり構ってました。

ごめん。

( ;∀;)

ブロッチのないクリアなオレンジの、かわいいよね。

かわいいのに。



DSC_1025m_20240212.jpg



遅いかもしれないけど、レスキューしよう。

枯れちゃった子はすてて、生きてる子は養生させる。

(小さめの鉢に植え替えて、元気になってもらえれば。)

枯れた葉っぱを取り除き、枯れを丁寧に摘む。

気温が高くなりそうだし、いっそ切り戻す。



DSC_1027m_20240212.jpg



おそるおそる鉢から出すと、おや。

土はぽろぽろ崩れるものの、白い根がいっぱい出てる。

スリット鉢の効用かな。

(^~^;)

よかった。

放置してて、ろくに可愛がってあげてなかったのに。

こんなにたくましく生きてると思うと、うるっとしちゃう。



DSC_1032m_20240212.jpg



白い、オレンジ、そして明るいピンク。

(//∇//)

4号鉢に植え替え。

うは、ちょっとかわいい(笑)。



DSC_1051m_20240212.jpg



庭の片隅に落ちてた、古い素焼き鉢をリサイクル。

3.5号鉢ぐらい?

ちょっとかわいく見えますね。

これもそうなんだけど、このクリアオレンジのお

ぐらつき小株だと思ってましたが、けっこうたくましい。

もともとそういう性質なのかもなあ。



DSC_1058m_20240212.jpg



並べてみると、オサレじゃないか(笑)。

枯れ込みそうな子を、レスキューしただけなのに。

最後に水やり、液肥と活力剤をたっぷり。

うまくこれで育ちますように。

がんばってほしい。






●こちらは

日本芍薬の株、4号ポットが三つ。



DSC_0970m_20240212.jpg



DSC_0977m_20240212.jpg



DSC_0974m_20240212.jpg



DSC_0986m_20240212.jpg



植えつけの時期じゃないとか、もう知らない。

(^~^;)

ポットのまま放っておけないので、7号スリット鉢に。

が咲くのは今年じゃないかもしれないけど、まあいいよ。

元気で育ってくれればいい。



では、またね。。。


【12/02/2024 01:42】 ガーデニング | CM (-)

おいしいは正義

●最近のごはん

たまにふっと、いきなり食べたくなりません?

ロールキャベツ。

(^~^;)



DSC_0822m_20240211.jpg



DSC_0835m_20240211.jpg



仕事のあいまに作ってみたよ(笑)。

ありあわせの鶏ひき肉でしたので、ちょっと淡泊。

それはそれでおいしい。

(^~^;)

食べてて思ったけど、もしかして。

この料理のキモは、キャベツかもしれない(笑)。

コンソメスープで煮て、クタクタとろとろのキャベツ。

うまし。

(´艸`*)



DSC_0665m_20240211.jpg



鴨そば・・・ならぬ、スモーク鴨+稲庭うどん。

一味唐辛子を入れすぎてしまった。

( ;∀;)



DSC_0758m_20240211.jpg



和食つくるのは、いちばん好き。

好きというか、楽なのね。

味つけが単純なので失敗しない感じ。

ミニがんも、大根、鶏肉。

鉄板のおかずです。



DSC_0726m_20240211.jpg



母の気まぐれ(創作)パスタ。

ベーコンブロック、玉ねぎ、ピーマン、アボカド。

どうしてこうなった、的な具材の取り合わせですね。

色合いきれいだからいいか。

(^~^;)

あっさり塩コショウ味で、わりとおいしかった。






●ねむくて

もうダメ。

では、またね。。。


【11/02/2024 02:01】 旅★たべもの | CM (-)

待機苗

●このところ

週末にまとまった時間が取れなくって(汗)。

せっかく買ったおたち、ポット苗のまんま。

待機中・・・放置中・・・?



DSC_0682m_20240209.jpg



DSC_0680m_20240209.jpg



狭苦しいとこにぎゅうぎゅう詰めで、ごめんよ・・・(汗)。

見るからにしんどそうで、申し訳ない。

あ、でも枯れてるわけじゃないです(たぶん)。

宿根草なので地上部が枯れてるけど、そういうもの・・・のはず。

根っこはふつうに生きてる・・・はず。

そのはずだけど、気になりますね。

(((((((;´д`)))))))



DSC_0677m_20240209.jpg



いちばん困ってるのが、この芍薬たちかもしれない。

迷ってる、か。

(^~^;)

ガーデニングのどんな情報を見ても、植え替えは秋だって書いてある。

でも買ったの、1月だよ(汗)。

けっこう成長が早いらしいから、早く植え替えてあげたい。

秋まで待つわけにはいかないよ。

今度あったかい日が来たら、7号スリット鉢に植え替えようかな。

そうするしかないかなあ。






●ところで

このところさぼっていた、ツケが回ってきました。

( ;∀;)

歯が痛い。

( ;∀;)

歯医者にずいぶん行ってない(汗)。

ヤバイ。

やな予感しかしない。

( ;∀;)

さすがに医者に予約を入れました。

ロキソニンの限界です。

やだやだやだ。

でも行かなくちゃなあ。

( ;∀;)

では、またね。。。



【09/02/2024 22:58】 ガーデニング | CM (-)

初詣2024

●これは

今年の初詣の写真です。

お正月はめちゃくちゃに混みあうので、毎年ずらして行ってます。

1月の終わりとか、2月のはじめとか。

うは、遅いですよね。

(^~^;)



DSC_0210m_20240201.jpg



DSC_0221m_20240201.jpg



以前は三が日のうちとか、せいぜい松の内に行ってました。

どんなに混んでいても、早めに行ってた。

冬休みの間。

それがお正月行事の一環というか、わが家の習慣で。

そういうものだった気がします。

古き良き日本の伝統だと思ってた。

―――うう。

(^~^;)

両親が高齢になるにつれ、その辺は変わっていった。

フレキシブルというか、できることをできる範囲で。

無理はしない、そういうことね。



DSC_0225m_20240201.jpg



ぱっかーんと晴れて、気持ちのいい日でした。

1月も終わりの平日。

それでもけっこう混んでた。

ヾ(´▽`;)ゝ

なかでも、ご祈祷を待つ人たちの行列は延々と続いてました。

相模一之宮といえば、八方除。

どうやら全国唯一の八方除の守護神らしい。

日本中からそのご利益を求めて、たくさんの人が来るんだそうです。

「なんでこんなに混んでるの・・・」

何十年も通ってるわたしたちも、びっくりです。



そういえば、俗にいいますね。

不景気の年は、寺社仏閣がもうかるって(汗)。

儲かるという表現は適切じゃないかもしれないけど、つまり。

健康やお金、将来や平穏な暮らしに不安を感じるひとが多いときは、みんなお参りに行く。

神様でも仏様でも、お祈りに行く。

誰かにすがり、幸運を願う。

神頼み・・・するよね、そりゃ。






●そして

初詣に行く理由の何割かは、これ。

はい、富士山です。



DSC_0232m_20240201.jpg



よく晴れた日には、富士山がこんなによく見えます。

(//∇//)

間近で、なかなかの迫力。

うは、こっちもご利益がありそう・・・?

(^~^;)



DSC_0239m_20240201.jpg



冬は特にきれいに、くっきり近く見えます。

空気が澄んでるし、乾燥してるもんね。

だけど実際にはそこそこ距離があるから、天気が悪いと見えない。

夏はまず見えない。

富士山はすぐそこにあるけど、けっこう見えないときも多い。

不思議な距離感です。






●これで

少しはほっとしたけど、でも。

「発信予定なし」から一転…小学館 異例の「編集者一同」声明

まだ何も解決していない。

なぜこんな齟齬が起きたのかの説明は、始まってすらいない。

「原作者の意向はきっちり伝えました!」

編集者の言葉が事実なら、じゃあドラマの制作サイドはどうなの?

って話になります。

(編集者の言い分も検証されるべきだけど。)

脚本家のトンチンカンな発言とのギャップは大きい。

テレビ局が 「あーはいはい(しらねーよ)」 で握りつぶした・・・?

あやまった認識をもった個人の問題?

組織と体制と意識の問題?

お金の問題?

それともコミュニケーションの問題?

そこを究明してくれないと、ひとは納得しないでしょう。

原作と原作者の尊厳。

それを守らないでクールジャパンとか、いえるもんか。

日本のコンテンツビジネスすべてに影響してくる。

うやむやにしないでほしいと切に思います。



では、またね。。。


【08/02/2024 23:55】 旅★たべもの | CM (-)

一日で消えた・・・



うちのあたりでは、ほぼ一日で消えました。

はかないだった。

湘南、ぬくいものね。

(いやまあ、個人的には十分に寒かったけど。)

都内は(一部)けっこう積もったようですが、あんな感じには全然ならなかった。

(^~^;)



DSC_0752m_20240207.jpg

↑これ↑は2月5日。

この状態がほぼ最大量積だった、と思う。



DSC_0767m_20240207.jpg

↑これ↑は翌朝、2月6日。

うは、あんまり変わらない。

6日の午後には、ほとんどはとけてしまった。

(^~^;)



ちなみに、この庭。

わが家では 「おじいちゃんの庭」 と呼ばれてます。

文字どおり、祖父が自分の好みで設計したから。

ゆず、夏みかん、みかん、キンモクセイ、山茶、山桜桃、マンリョウなどなど。

中心部、もともとは池だったんですけどね。

子どものころは、ここに鯉がいるのがたのしかった。

だけど池は管理がすごく大変なので、祖父亡き後に埋められた。

枯山水、まあそれもいいんだけど。

うぐ。

祖父は庭仕事が好きだった。

なんかちょっとなつかしい。

わたしが最近いきなりガーデニングを始めたから、

「おじいちゃんの血か、魂が乗り移ったか」

なんて家族はいいますけど、ちがうちがう。

祖父が乗り移ったんなら、こんなにへっぽこでズボラなわけがない。

を枯らすようなドジを踏むはずがない。

むしろ降りてきてほしいよ、魂。



見てわかると思いますが、この庭。

もう何十年もほぼ放置です(汗)。

両親もわたしも、なにも手を入れていない。

というか、たぶん興味が十分になくてほったらかしに近い。

きちんと手をかけたら、見栄えのする小さな庭になるかも?

そうは思いますが、とてもとても。

へっぽこガーデナーごときが太刀打ちできるもんじゃありません。

(((((((;´д`)))))))

野望というか無謀というか、理想というか。

いつの日かこのエリアをね、うまく薔薇の咲く庭にしたい。

今ある植生をいかしつつ、みたいな。

―――とかなんとか、いってはいます(笑)。

口先だけ。

どう見ても純和風の庭だけど、ねえ。

(^~^;)






●パンビオ防寒は

こんな感じでした。

とりあえずの緊急避難とはいえ、まあひどい見た目ですね(汗)。



DSC_0779am_20240207.jpg



明日は晴れるらしいから、カバーをとってあげよう。

朝がたのしみだ。

では、またね。。。




【07/02/2024 01:02】 ガーデニング | CM (-)

大雪警報

●さっむ・・・!

、降りましたね。

積もったつもった、あぐぐ。

(^~^;)



www5feb2024b.png



こういうときに限って、エアコンが止まる。

突然とまる。

「え?」

故障じゃないといわれましても。

(^~^;)

室内がまだあったかくなってないのに、唐突に温風が来なくなる。

寒いんですけど。

仕事中なんですけど。

(ρ_;)。。。

霜取り運転だそうですが、知らないよ。

寒いよ~。

(((((((;´д`)))))))



実は故障じゃないんです!暖房中に温風が急に止まる理由

寒いのにエアコンが止まる。

何が起きたのかと思って、設定温度を上げる。

するとますます、霜取り運転が増える。

―――どういう悪循環だ。

トラップじゃんか。

( ;∀;)



www5feb2024a.jpg






●南岸低気圧

迷惑なことこの上ない。

朝は冷たいからのくもり。

氷の一歩手前って感じの。

屋外の植木鉢をなるべく全部、軒下に入れた。

薔薇は位置をより奥へ移動。

昼ごろからは、です。

ぼってり大きなぼた

シャバシャバした重たいアレがどんどん降ってきた。

庭につもり、夏みかんにつもり、ゆずに積もる。

めったに見られない化粧の庭。

ヤバいなこれ。

( ;∀;)

ハンギングのパンジーたちにカバーをかけた。

シートタイプのポリエチレン緩衝材ね。

の重さにしんどそうだったので。

その後さらさら系のに変わったので、さらにビニール袋で包んだ。

夜には雪というかというか、みぞれというか。

冷えるだけじゃなくて、強風も吹いてました。

外で何か大きなものが飛んでいく音。

なんだろう、ペールかな。

※ゴミバケツ。

そのうえとどろく雷鳴です。

びっくりしたよ、真冬の雷。

雪の夜に雷が鳴ったのは、ちょっと記憶にない。

( ;∀;)

ナニコレイヤスギル。



親にはなんかちょっとニヤニヤされた(汗)。

これまで台風が来ようが爆弾低気圧が襲おうが、庭なんて気にもしなかった。

庭の植物を心配するという発想自体が、なかったかも。

(^~^;)

それが今じゃ、雪の中でも飛び出して行くもんね。

みぞれでびしょびしょになりながら、おたちを守るもんね。

うはは。

人間、変われば変わるもんです。

ヾ(´▽`;)ゝ






●それにしても

東京をはじめ、関東南部の都市はホント雪に弱い。

考えてみれば、にも風にも弱いかも。

もろい、というべきか。

5センチ10センチの積雪で右往左往してしまう。

雪国に暮らす人たちからしたら、きっと滑稽でしょう。

でも、慣れてないのよ。

経験値がゼロ。

スタッドレスタイヤなんか持ってない人がマジョリティだし、チェーンも触ったことない。

装着の仕方も知らない、と思う。

そういう準備を仮にしてても、雪道の運転の経験もない。

だから事故が起きる。

歩行者も、似たようなものです。

防水のちゃんとした防寒靴をもってないし、そもそも雪の上を歩く経験すら乏しい。

普通のスニーカー、しかなかったりする。

そりゃ、右往左往しますよね。

(^~^;)

明朝はたぶん、もっと混乱するでしょう。

路面凍結後の朝は鬼門です。

大きな事故が起きませんように。

水道管の凍結とか、心配したことなかったけど。

明日どうなるか、すこし心配です。



では、またね。。。


【06/02/2024 00:58】 気象・自然 | CM (-)

立春2024

●今日は

ちょっと冷えました。

夜半からで、昼すぎには上がったかな。

でも晴れる感じはなく、一日中くもり。

寒々とした日曜日でした。

(^~^;)

都心では、すこし雪がちらついたとか。

そっかあ。

うちのあたりでは雪が降りそうな感じはなかった。

パパっと片づけ程度の庭仕事したけど、コートも着なかった。

|||(-_-;)||||||



薔薇の鉢は全部、ベランダのレンガの上へ移動。

と雪はギリしのげるポジションに。

ふと、発見した。

Σ(・ω・ノ)ノ!

鉢の中の土がえぐれて、根っこがちょい露出してる。

ええ!?

カミーユだったかな。

まさかの惨状に、びっくりした。

用土替えをさぼってるうちに、とんでもないことになってたのね(汗)。

(毎日おを観察してるはずなのに、なんで気づかなかった?)

あわてて培養土を足してみました。

マルチング代わりに、すべての鉢に。

新しいふかふかの土なので、あったかいんじゃないかな。

(^~^;)






●ところで

雑談。

園芸に縁のない方のために言い添えると、土は減ります。

鉢の中の土というのは特に、放っておくと少しずつ失われます。

そういうもの、らしいです。

風に晒されて徐々に飛ばされる。

わずかずつではあっても、風化する。

培養土の中の栄養分が植物に吸い取られていくぶん、体積が減る。

団粒だった土が時間の経過や水やりでつぶされ、細かく砕けて、排水と同時に流れ去る。

鉢には必ず穴が開いているから、そこから押し出される。

つまり日々の水やりによっても、土は減っていく。

―――とまあ、そういうことみたい。

そんな基本的なことすら、去年まで知らなかった(汗)。

そんなド素人へっぽこガーデナーです。

うぐ。






●昨日は

節分って書いたくせに、写真を貼るの忘れてました。

はい、恵方巻。



DSC_0653m_20240204.jpg



DSC_0658m_20240204.jpg



DSC_0660m_20240204.jpg



おいしそうな海鮮太巻き(実際おいしかった)なのに、なにこれ(笑)。

切り分けがうまくいかなくって、残念な見た目になりました。

ひどい。

( ;∀;)

食べもののプレゼンテーションって、大事よね。

( ;∀;)

そもそもの西の方の習慣からすると、全然ダメだよねこれ。

聞いたところによれば、

「その年の恵方に向かって、ひとり一本ずつ、食べ終わるまでしゃべらない」

とかなんとか。

(大阪出身の友人談。子供時代、恵方巻は苦痛でしかなかったそうです。)

だとするとスライスするのも、分け合うのも、家族と向かい合って食べるのもアカン。

・・・ってことになりますね(汗)。

うは。

所詮は見よう見まねです。

おいしいものを食べる口実、みたいなもの(汗)。

|||(-_-;)||||||

さて、今日は立春。

そろそろ粉の飛散もきつくなってきました。

おまけに寒い

やだねえ。



では、またね。。。



【04/02/2024 23:38】 写真☆カメラ | CM (-)

節分2024

●これは

昨年末、たぶん12月29日ぐらい。

小鳥さんと日本橋に行ったときの画像です。



DSC_2392m_20240201.jpg



DSC_2405m_20240201.jpg



DSC_2416mm_20240201.jpg



DSC_2413m_20240201.jpg



DSC_2408mm_20240201.jpg



冬休みのはずなのに、紅葉がきれいでした。

高層ビルが立ち並ぶエリアに、こんなちいさな緑がある。

ビルのはざまの小さな神社の森。

妙にほっとします。






●いってみれば

大雪ふる降る詐欺、みたいな・・・?

(^~^;)

いや、ホントに降るのかもしれないけど。



www03feb2024b.jpg



www03feb2024a.png



www03feb2024c.jpg



東京ともまたちがうのよね、このあたり。

都心が雪だったとしても、このあたりは冷たい雨だったりする。

本州でもっともぬくいエリアのひとつかもしれない。

※個人の見解です。



でも、本当に降るかもしれない。

氷点下になるかもしれない。

雪も霜も、うちの子(植物)たちにはありがたくない。

(((((((;´д`)))))))

万が一にそなえて、防寒対策しないとなあ。

へっぽこガーデナーには、やることがいっぱいです。

庇のあるベランダに薔薇たちを避難させる。

鉢の土にはマルチングを。

まだ生きてる夏の一年草たちには、あったか防寒着を。

防寒着って、ビニールとか不織布とか、包装用のプチプチのこと。

そういうので鉢ごとラッピングすると、あったかいらしいよ。

(^~^;)

耐寒性のつよい植物には、基本なにもしない。

「がんばれよ」

って声をかけるぐらい(笑)。

雪の下敷きになってもたくましく生きる子もいるから、不思議だよなあ。



では、またね。。。



【03/02/2024 23:58】 写真☆カメラ | CM (-)

へろへろりん。

●ふう・・・

疲れた。

くったくた。

(((((((;´д`)))))))

怒涛の日々はとりあえず終わりました(願望)。

金曜日も午後になって、新しい案件(クライアントの特大トラブル)発生とか。

対応に追われて、てんやわんや。

ま、あるあるですね。

仕事がいそがしいのは、ある意味でありがたい。

・・・かもしれないけど、しんどいねえ。

(^~^;)






●これについては

どうしてもあれこれ考えてしまう。

どうあるべきだったのか、気になってしまう。

「セクシー田中さん」悲しい出来事の裏にある現実

なぜ日本テレビは「セクシー田中さん」を改変したのか

https://news.livedoor.com/%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%81%95%E3%82%93/topics/keyword/41506/



なんとなく思うのは、2種類あるんじゃないかな。

マンガや小説を翻案してドラマやアニメにするとき。

原作が好きで好きで、それをぜひとも映像化したい! ってタイプの制作サイド。

要するに、ファン。

原作はプロが完成させたひとつの著作物である、というのを本質的に理解してる。

対照的に、別の制作サイド。

原作をいわば 「アイディアのメモ」 ぐらいに思っている。

素材というか、原案、原材料として見てる感じ?

おいしいアイディアはいただくけど、どこをどう取捨選択するかは自分の勝手。

荒削りの素材をうまく調理して、おいしい料理をつくるのが自分の仕事だと考えてる。

こういう思想のひとは、原作者をリスペクトしないでしょうね。

だって、原作を一個の完成した作品だと思ってないんだもん。

「発想は悪くないね、ありがと。あとは私の腕でいい作品に仕上げるからね」

って感じでしょうか。

こういう制作スタッフが、原作者に会いたくないとかいうんだろうなあ。

( ;∀;)

マンガや小説と、映像は表現手法がちがうから、なんというか。

双方にそれなりの言い分はあるかもしれない。

原作者の中には、映像化で自作品が改変されることについて、

「まあ、お好きにどうぞ」

みたいなタイプもいますしね。

(無関心というより、原作と翻案はまったくの別物って考えなんでしょう。)

(それともうひとつ、最初から映像化を目論んでつくられるマンガや小説もあるよね。)

だけど、全部がそうじゃない。

「マルチメディア展開上等」

・・・そんなふうに思えない原作者もいっぱいいる。

自作品を勝手にいじられたくないのは、クリエイターとして当然ですよね。

今回のことは、それが最悪の結果につながってしまった。

本当に切ない。

(ρ_;)。。。

もう二度とこんなことは起こってほしくない。



では、またね。。。



【02/02/2024 23:40】 社会・時事ニュース | CM (-)

もう2月かあ

●早いですね

って毎月、毎年いってる(笑)。

うは。

(^~^;)

こないだ年末年始だと思ったら、もう1月は終わり。

今年も残すところ、あと11か月になりました。

早すぎない?

びっくり。

(((((((;´д`)))))))






●衝撃

どうも、閉店したみたいなんです。

わたしたちが非常に気に入っていたお店。

都心のとある焼肉屋さんね。

( ;∀;)

本当のほんとうに、大好きなお店だったんです。

なんど通ったか、自分でもわからない。

毎月ではないにせよ、隔月ぐらい?で行ってた。

―――んじゃないかな。

お茶会もやった。

※厳密には、東京ぐるめ倶楽部肉食女子部会の会合。

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-entry-5242.html

何かあると、あの店に集まっていた。

真夏でも、真冬でも。

手頃なお値段でおいしいお肉が食べられる。

そこそこ小ぎれいで、駅からも近い。

人気店だし、いつも流行っていた・・・と思う。

お客もファンもいっぱいいたはず。

( ;∀;)

コロナ禍ですら、あの店はなんとか乗り切った。

なのに、どうして閉店???

なんで今?

( ;∀;)

泣きたい。

つか泣く。

(ρ_;)。。。



いや、でも。

閉店は事実みたいだけど、まだ詳細は不明です。

もしかしたら改装とか、移転とかかもしれないじゃない・・・?

経営不振とはちがう、別の理由があるのかも?

ね???

ヾ(´▽`;)ゝ

そうであってほしい。

どこかで再開してくれるといいな。



あぐ。

それにしても、大変だわ。

あの店がわたしたちのレパートリーから消えるのは、ホントに痛い。

早急に、別のお店を探さないといけない。

いや、大変だ。

質がよくて、場所がよくて、小ぎれいで、かつ高くないお店。

(お金を出せばそりゃ美味しいお店はあるけど、それは違うのよね。)

そういうお気に入りを見つけるのは、楽しみ(ふだんなら)。

でも、今から新規で開拓するのかあ。

ふう。

ハードルは高いなあ。

|||(-_-;)||||||






●冬の都会

こういうの、いいよね。



STORYPIC_00010793_BURST240127174942mmm_20240201.jpg



DSC_0069m_20240124_20240129015032fbb.jpg



では、またね。。。


【01/02/2024 23:54】 写真☆カメラ | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。