ふう。

●ふう・・・

やけに暖かくて、ちょっとびびる。



www15feb2024b.png



www15feb2024d.png



粉もいやだけど、なんかもうそれ以前に。

「まだ二月ですよね・・・?」

冬のさなか、ですよね。

来週あたり桜が咲きそうな勢いなんですけど???

・・・んなわけないか。

(^~^;)



www15feb2024a.png



www15feb2024c.png



暖冬ジャパン、完全に気温がバグってる。






●庭のあれこれ

うちの薔薇の苗たちは、全部ほぼ芽が動き出してます。

暖冬、おそるべし。

つかの間の休眠から、もう完全に目覚めてる・・・気がする。

明らかに だね!さあ起きるよ! モード。

いいのかマジで。

冬場の剪定とか用土替えとか、まだ終わってないよ。

( ;∀;)



いちばん早く若葉を広げて成長を始めたのが、ピエール・ドゥ・ロンサール。

昨年の6月の大苗、つまり足かけ3年目の株。

毎日どんどん大きくなる、みたいだ。

※この子は先日、クソでかい10号(12号かも)鉢に植え替えた。

地植えにしようかと思ったけど、ちょっとこわくて。

もう一年は、鉢にとどめておこう。

(^~^;)



あじさい、調子がよくない。

ダンスパーティという品種ですが、長年の放置がたたった。

(父が植えたのがたぶん10年ぐらい前?)

新芽も出てはいるけど、枯れた枝が多い。

ホント多い。

大丈夫かなあ。



わたしが庭木にちょっとずつ目を向け始めて、まだ一年もたたない。

ド素人がおっかなびっくり、最小限の世話のまねごと。

へっぽこですので。

今までまったく手が回らなかった(目も行かなかった)けど、徐々にね・・・(汗)。

たぶん大した助けになってない。

施肥と養生、できるかなあ。

|||(-_-;)||||||

あじさいはほかにもありますが、こちらも古木。

どうしようかなあ。



それから、ゆすらうめ。

もともとものすごく高齢なのと、昨年けっこう根を痛めた。

(庭師さんたちがね、まあ、アクシデントいろいろ。)

生き延びるかどうかハラハラしてましたが、なんとか。

なんとか今年も芽が見えてます。

咲く、かな。

枯れ枝のみ、おそるおそる剪定しました。

咲いてくれ。

老木なので、いつまでがんばってくれるか。

(--;)



老木といえば、例の名無しのつるばら。

びびりつつ剪定をして、寒肥と下草の整理はした。

昨年からの葉っぱもぜんぶ落とした。

見事につるっつるです(笑)。



ちなみに>>

薔薇の先生いわく、葉を落としたぐらいじゃ薔薇は寝ないそうです。

強制休眠なんか、できるわけないって。

※ガーデニングの本やYouTube動画なんかでは、けっこう多いんです。

「暖冬で薔薇が葉をつけたままの場合は、こうやってむしって、冬眠させちゃいましょう!」

みたいな。

でも、わたしの薔薇の先生は、それはありえないと断言する。

植物はそんな人間の都合で動かないって。

日本でいちばん有名なバラの育種家のいうことなので、信じてます。

でも、葉っぱを落とすのは意味がないわけじゃない。

昨年からの葉っぱには、病害虫がいたりするから。

―――ということらしいので、落としてみた。

真冬でもきれいなつやつやの葉っぱ。

いっぱいだしまずまず元気だし、もったいないぐらい。

そのせいかどうか、知らないけど。

ほそい枝のほぼすべてに、新芽が芽吹いてきてます。

たくましいね、ホント。

半世紀をすぎた古木でも、新しく咲こうとしている。

それだけで感動してしまう。

( ;∀;)

がんばって咲いてほしいな。

生きていてほしい。



では、またね。。。


【14/02/2024 23:45】 ガーデニング | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。