超ハスキー

●コロナは

去ったが、嗄れた声が残った。

(^~^;)

別に、もともと美声だったわけじゃないけどさ。

うーん。

いつか復活するんでしょうか。

ハスキーといえなくもないが、せくしーではない。

だって要は、ひどいガラガラ声だよん。

あぐぐ。

声の通りもわるいし、声量も出ない。

あんまりいいことないなあ。






●これって

永遠に結論が出ないやつね。

「電車内で携帯通話」なぜダメ? トラブルも…

ごく個人的には、緊急の電話ってありうると思ってるのね。

ふだんは公共マナーを守ってる人でも、やむを得ない事情はありうる。

そういうときに手短に、小声で。

―――周囲に配慮しつつ電話に出るのは、別にいいんじゃないの。

と、わたしは思います。



そう思うよ、思いますが、でも。

こうした例外をつくることが、トラブルのもとになるのは想像がつく。

どういうときが、やむを得ない状況なのか。

手短って、いったい何分ぐらいなのか。

そして声が大きいか小さいかは、どうやって計測するんだ。

ヾ(´▽`;)ゝ

世の中のひとがみんな寛容な、健全な良識のあるおとなならいい。

でも、そうじゃない。

いや、仮にみんなそうだとしてもなお、価値観には個人差があります。

手短って10秒なのか、5分までぐらいなのか。

誰かがしゃべっているその声が大きいと感じるのか、感じないのか。

会話の内容に緊急性はあるのか、ないのか。

絶対に誰もが納得できるラインはない。

コンセンサスは存在しない。

(^~^;)



電車の中では、赤ちゃんの泣き声やベビーカーですら論争が起きます。

優先席に誰が座るとか座らないでも、ときに大問題に発展します。

そんなジャパンで、車内の通話。

いやあ、地雷だ。

かつてのマスク警察のように、通話警察が登場するのは目に見えている。

揉めないわけがない(汗)。

(((((((;´д`)))))))

誰もが他者に寛容で、良識と思いやりがあればなあ。






●これは

本当に痛感しますよね。

ハワイやグアムが「高根の花」に…日本経済の衰退

さて、昔話です。

わたしたち世代が若かったころ、20代のころ。

誰もがとはいわないけど、どこか海外旅行に行くのはわりと普通でした。

別に珍しくない、ふつう。

ハワイ、グアム、サイパン、香港。

高給取りとかじゃなくって、一般的な20代のOL(死語)が毎年のように。

(^~^;)

大学生が車を持ってるのもふつうだったし、スキー旅行もふつうだった。

ヴィトンのバッグも、クリスマスの赤坂プリンスホテル宿泊もさ(笑)。

卒業旅行でヨーロッパ、なんてのも結構あった。

しつこいですが、誰もがとはいわない。

行かない、行けないひともいたはずです。

だけどわたしの周囲は、バブルだった・・・んだよなあ。

今となっては、ファンタジーみたいですね。

|||(-_-;)||||||

お金が天下に舞い飛んでいた、のはまちがいない。

ブランドものもボージョレ・ヌーヴォーもそのころ正義だった。

そういう価値観だった。

うはは。

現在の社会から見ると、ほとんどバカげた浪費に見えるだろうな。

だけど世の中がもっと豊かだった、とはいえますよね。



日経平均株価が連日、最高値を更新してる。

バブル経済以来だって騒いでるけど、でもさあ。

冷静になって考えてみる、までもない。

あれから30年が経過してやっと、今やっと当時のレベルに到達・・・???

諸外国では今の株価、そのころの5倍、10倍にもなってるのに・・・???

ヾ(´▽`;)ゝ

どんだけ立ち遅れているんだろう。

失われた30年を取り戻しただけ、というか。

(そもそもこの30年以上、平均給与が上がっていないものね。)

株価だけ見ればそうだけど、実体経済はどうだ。

あの頃みたいな景気の高揚感はない。

まったくない。

市場がどう盛り上がろうと、一般庶民は冷めたままです。

好景気だと感じてる人もあんまりいない、でしょう。

置いてきぼり。

これでいいはずないよなあ。



では、またね。。。


【26/02/2024 23:59】 社会・時事ニュース | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。