ブルーデイジー (*´∀`*)

●テレビで見て

ほしくなって衝動的に買っちゃう。

―――なんて、最近あんまりしないけど。

でも、これ。

これはホント、やっちゃった(笑)。



DSC_3732mm_20240331.jpg



DSC_3775mm_20240331.jpg



なんてかわいいおでしょう。

ブルーデイジー、最初のが咲きました。

ポット苗を植えつけてから、2週間ぐらいかな?

どう見ても可憐でかわいい。

(´艸`*)

つぼみもいっぱい。

斑入りの柔らかな葉っぱも素敵。

たまらん。

(´艸`*)

※ちなみに、テレビというのは「趣味の園芸」です。

わは。






●これは

本日の 「信じてよかった」 です(笑)。

本当に、信じてよかった。

( ;∀;)

なんのことかというと、宿根マリーゴールド。

去年の夏の終わりから、冬のはじめにかけて。

庭をきれいに彩ってくれた草たちの残骸・・・もとい生き残り。

成れの果て、か(汗)。

(^~^;)

の画像がこちら>>



DSC_4942mm_20240331.jpg



左端の背の高い草がそうです。

この画像ではまだですが、きれいな明るい黄色のをつける。

冬になっていつの間にか、地上部は枯れてしまった。

で、剪定後が以下の写真



DSC_3701mm1a_20240331.jpg



うーん。

枯れ葉や枝を除去すると、なんかもうね。

生きてる植物のようには見えない(汗)。

つか、そもそもどこにある? 状態ですね。

冬の間は放置でしたが、先日やっと整理して植え替えました。

宿根草なんだから、根っこは生きてるはず。

全然そうは見えないけど、生きてるはずだ。

になれば再び葉っぱが出てくるはず。

そう信じて、ひたすら待ちました。



DSC_3701mm2_20240331.jpg



そして、3月30日。

気温が25度を超えるような暑い日に、ふと見たら。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

ちっちゃなちっちゃな緑の葉っぱが出てるじゃないか。

「おお!」

木質化した枝の合間から、わずかに見える新芽。

雑草じゃなくて、たしかに根っこから出てる。

感動。

( ;∀;)

いやまあ、宿根草なんだから生きてて当然・・・かもしれないけど。

へっぽこぐうたらガーデナーにとっては、当然ではない。

枯らしちゃった可能性も十分あった。

半年ちかく、野ざらし放置だったしなあ。

だからうれしい。

はじめての宿根草の2年目(笑)。

たくましく生きててくれて感謝です。

(*´∀`*)

なお、わたしが植えたのはじつは2株。

レモンマリーゴールドと、ミントマリーゴールド。

これがどちらなのか、よくわからない(汗)。

レモンのほうは最初から樹勢が弱かったので、ダメだったような気がします。

わからないけど。



では、またね。。。


【31/03/2024 23:17】 ガーデニング | CM (-)

花粉と黄砂とプベルル酸

●プベルル酸

なんだそれ。

青かびの一種だそうですが、どういうことなの。

小林製薬 紅麹問題

なにしろ、会社側の対応がまずい。

悪い危機管理の典型例みたいです。

☆情報公開が遅い
☆お役所につつかれるまで情報を出さない
☆謝る相手をまちがってる

どんな危機管理でも、「遅い」と「小出し」は致命的です。

消費者への詫びも見舞いもまだなのに、さっさと取引先への補償を決めたのも悪手。

これでは信用できるはずがない。

経営者、会社を潰したいんかい。



健康に害があるかもと知らされた時点で、何はともあれストップすべきだった。

公表までに2か月。

もっと早く世間に知らせていれば、助かった命もあったかもしれない。

ちょっとでも健康被害を食い止められたかもしれない。

それと、ね。

もともとそのカビが入ってたわけじゃなくて、ある時期から生成されてた。

(のかな? 混入案件じゃないみたいだよね?)

問題の工場はすでに閉鎖されている。

別の場所にある新工場では、同じ商品をもう製造していない。

・・・ってこれ、なんか変ですよね。

製品に問題があるって、前から知ってたりして???

そんな疑念も浮かんできます。

立ち入り検査や事情聴取では当然、そのあたりを調べるんでしょう。

謎が解明されますように。



このサプリとは無関係ですが、腎炎やったことがあります。

腎臓の機能障害こわい。

命までは奪われなかった被害者も、きっと大勢いる。

腎臓にダメージくらってたら、しななくてよかったね、では済みません。

そういう被害者も救済されますように。






の開

やっと都心でもソメイヨシノが咲き始めました。

ホント、今年は遅かったねえ。



www30mar2024a.jpg



www30mar2024b.png



満開は来週末になりそうですね。

それにしても、今日は暑かった。

庭仕事してると日焼けはするし、粉まみれで最悪です。

黄砂まで飛んでたらしいし。

だけどやることは山ほどある(笑)。

(^~^;)

好き好んでやってるあたり、ねえ。

では、またね。。。


【30/03/2024 23:46】 社会・時事ニュース | CM (-)

旺盛

●およよ・・・

すんごい勢いで成長中です。

ヾ(´▽`;)ゝ

わが家の芍薬ちゃん。

にょきにょき伸びてる・・・(笑)。



DSC_3488mm_20240328.jpg



DSC_3575mm_20240328.jpg



アングルがちがいますが、同じ鉢です。

赤い芽が5センチだったのが、2日でほぼ倍の10センチに。

いや、もう10センチ以上あるかもしれない。

すげー。

(((((((;´д`)))))))

肥料とたっぷりのが効いたかなあ。

ポット苗(4号)を植え替えた段階では、鉢(7号)が大きすぎるかなと思ってた。

でもこれを見ると、狭くなりそう。

生育が旺盛だから、もっと大きい鉢がいるようです。

うーん。

「少なくとも8号以上の鉢に植えましょう」

というネット情報、まんまでしたね。

(^~^;)

きょうはやっと晴れました。

向こう数日は気温があがりそうだから、きっともっと育ちますね。

楽しみ。






薔薇たち

篠宮バラ園の先生(おっちゃん)が、いいこといってました。

※園芸系YouTuberのことです。以下おなじ。

https://youtu.be/fJoKv187HF8

おっちゃんのアドバイスはいつも、わたしの困りごとにドンピシャ(笑)。

にっくきゾウムシの退治法。

めちゃありがたい。

実務的で、なんとかなると思わせてくれる。

・・・偉大だ(笑)。

偉大な木村ロサオリエンティス大先生も、アイドル系?のまつお先生もいい。

動画はほとんど見てる(たぶん)。

https://youtu.be/IFdT2nsvGDM

https://youtu.be/z0SCyExX0pM

でもなぜか、おっちゃんにほっとする・・・(笑)。

(^~^;)






●水仙

わが家の水仙、今年はよく咲いてます。

きれいで、数も多い(昨年比)。

といっても9輪だけど。



HORIZON_0002_BURST20240323094218717mm_20240328.jpg



冬の間に寒肥をやり、芽出しのころに液肥をやり。

周囲の雑草(じゃないんだけど、でもまあ)をむしり取り。

へっぽこぐうたらガーデナーなりに、世話をした。

(そのつもり。うは。)

その成果だと思いたい・・・うん、思いたい。

今年は夏になる前に、球根を掘り上げてみよう。

(ちょっと怖いので、ビビッてやらないかもしれないけど。)

水仙はときどきオフシーズンに球根の世話をしないと、そのうち咲かなくなる。

・・・って聞いたから。

うにゅ。






●こちらは

そろそろ、そろそろ咲きそうじゃない・・・?



DSC_3504mm_20240328.jpg



DSC_3536mm_20240328.jpg



ローダンセマム、品種はたぶん「ムーン」。

2株ここにあるはず。

ご覧のとおり、つぼみがいっぱいです。

こんもり茂って、いっぱい咲いてくれそう。

(´艸`*)






●R.I.P.

これを書いてるの、木曜日の夜。

なんだなんだ、大が降ってる・・・(汗)。

(((((((;´д`)))))))

強風すごいんだけど、聞いてないよー。

もうやめて、荒れるのホントやめて。

( ;∀;)



では、またね。。。



【29/03/2024 19:19】 ガーデニング | CM (-)

600度の法則

●TBのお題から

「おうちに絵は飾っていますか?」

あるよー。

ふつうの洋画が何枚か。

自署入りリトグラフ、番号のあるやつとか。

親の趣味なので、よくは知らない。

(^~^;)






●小林製薬

どうしてこんなことに。

後手後手に回っている印象が否めない。

だいたい 「未知の物質」 ってなんだよ。

知っていることすべて、今すぐに開示してほしい。

小林製薬「紅麹」問題 製品摂取後の死亡判明は4人に

一般論なんですけど。

「なんとなく、身体によさそうだから」

―――そう感じて、サプリなどの「健康食品」を摂取してる人は多いよね。

紅麴に限らず、です。

機能性表示食品。

審査も検査もないなんて、知らなかった。

今やこの健康食品市場は巨大化し、数えきれないほどの業者が参入してる。

しっかりした業者からあやしげな業者まで、きっといるんでしょう。

テレビを見てもネット記事を見ても、新聞の折り込み広告を見ても。

その手の商材ばっかりですよね。

筋肉にいい、骨にいい。
髪にいい、肌にいい。
脂肪を減らす、免疫力を高める。
血の巡りにいい、夜間尿を改善する。
疲れない、眠れる。
痩せる、若く見える。

本当かもしれないし、過剰なうたい文句かもしれない。

いずれにせよ、そういう言葉に消費者は弱い。

人間である以上、そりゃね。

楽をして健康になれるなら、そういう食品に頼りたくなるよね。

でも、いや、だからこそ。

身体にいいと信じて摂取していたもので、健康を損なうなんてあんまりだ。

まして、命を失うなんてありえない。

自分の身体に取り込むものに、もっと慎重になるべきなのか。

いろいろと考えさせられます。






の開

そういえば聞いたことがある、かも。

600度の法則。

はずれることもあるんですね。

62年ぶりの珍事 東京のサクラ開花は積算温度700度超える

、遅いですねえ。

いつもなら 「え、もう咲いたの!?」 って焦ってるのに。

三月の終わりに、まだかまだかと開を待つ。

本当に珍しいこともあるものです。



では、またね。。。


【28/03/2024 23:18】 社会・時事ニュース | CM (-)

ひどい雨だった・・・

●それにしても

何もこんなに降らなくても。

―――っていうぐらい、降りましたね。

量がおかしい。

(^~^;)

ちょっと寒い一日でした。

朝からずっと、わりと本格的な降り。

少なくても、もう4日間は降り続けてる。

鬱陶しい。

いい加減にしろ。

仕事の合間にちょっと庭に出て草に触れる、話しかける(笑)。

・・・が、できない。

それだけでストレスが半端ない。

ヾ(´▽`;)ゝ

庭の子たちは大丈夫なんだろうか。

助けられる子たちは軒下に入れたけど、全部はむり。

切り戻したパンビオやアリッサムたち、ガウラはちょっと心配。

どう考えてもにあたりすぎでしょう。

(((((((;´д`)))))))

薔薇たちは全員が2年目なので、軒下と露地の境い目に。

そこそこの体力はあるはず、はず、はず・・・(汗)。

ピエール・ドゥ・ロンサール以外は。

いっちばん大きいはずのピエロンだけは、ねえ。

害虫にやられてギリギリ回復中なので、心配です。

この子は露地。

明日は晴れるらしいから、期待します。

晴れろ、晴れろ、晴れろ。



www26mar2024a.jpg



www26mar2024b.png






●これも、

永遠に解決しないテーマだよなあ。

うまみ調味料の是非。

https://news.livedoor.com/article/detail/26114127/

好きな人は使えばいいし、好きじゃない人は使わなければいい。

他人の料理の美学とかポリシーとか、実はどうでもいい(笑)。

でも、科学を信じないひとは困る。

グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸。

化学薬品のような名称だけど、これらが 「うまみ」 の成分。

おおむね農作物からとれるものですよね。

ふつうに自然界に存在する。

昆布や煮干しで出汁をとるプロセスを省略した感じ。

だけど過剰なまでに嫌うひとたちがいる。

なんでだろうね。

(その昔、「化学」調味料とか呼ばれてたから?)

ロジックはないから、なんだろう、新興宗教みたいな感じか。

信仰は自由です。

でも、その信仰を持たないひとを攻撃しないでほしいかな。

(--;)






●ある日のスシロー

大学病院での検診帰りのスシロー大盤振舞い。

なんか定番化してきました。

( ;∀;)



DSC_2454m_20240323.jpg



DSC_2455m_20240323.jpg

これはウズラの卵のフライ。

(´艸`*)

こういう遊びができるのは、回転すしのいいところですね。



DSC_2456m_20240323.jpg



DSC_2457m_20240323.jpg



CENTER_0001_BURST20240307141116329_COVERm_20240323.jpg



当たりはずれもあるけど、回転すしは楽しい。

というか、絶対的に楽しくなくちゃね。

気取らず気張らず、制約なしに好きなものを好きなように貪る。

おひとりさまの醍醐味(笑)。






●最近どうも

寝不足です。

疲れてるというか、寝たい(笑)。

うん、寝よう。

では、またね。。。




【27/03/2024 00:14】 旅★たべもの | CM (-)

寝ます。

●TBのお題から

「レコードで音楽は聴きますか?」

聴かなくなりましたね。

今でも自宅にはレコードがあるけど、さっぱり。

(^~^;)

わが家はけっこう古いので、当然ですが設備も古い。

客間には、古いオーディオセットが鎮座してます。

レコードプレイヤー(CDとカセットテープ対応)。

壁には大げさなスピーカー。

非常にクラシックな見た目です、いかにも昭和。

アンティーク。

圧倒的に父の趣味。

(^~^;)



家族が集まると、たまにそういう話をする。

「いまどきはけっこういい値段がつくらしいよ?」

レコードプレイヤーの中古価格の話ね。

わが家では埃をギリ払ってる程度の保存状態だけど。

「うちにあるレコードだって、もしかしたらレアな商品かも」

サイン入りのレコードジャケットとか、あるもんね。

さだまさしの自筆サイン入り・・・?

そんなん、お値段がついたりするんだろうか。

売らないけど。

「いいなあ、これほしい!」

甥っ子たちは、スピーカーに興味津々。

(^~^;)

でも、なんかね。

誰も結局、なーんもしない(笑)。

誰もなにもしないから、でん!と今でもそこにある。

かなりのスペースをとっている、昭和のオーディオセット。

(^~^;)



断捨離・・・?

うちにはそういう思想はない。

―――かもしれない。






●ドキュメンタリー

つい最後まで見てしまった、おもしろかった。

通信簿の少女を探して

たまたま手に入れた古本に挟み込まれていた、古い通信簿。

戦後まもない時代を生きた少女の名前。

気になって、その少女探しがはじまる―――。

出来すぎなほどいいきっかけで、惹き込まれる。

なにしろその古本というのが、ゴーギャンの私記です。

終戦時およそ10歳であったはずの少女の通信簿と、ゴーギャン本。

これ以上ないぐらいのギャップが、ミステリアス。



欲を言えば、あれだ。

シングルイシューに徹してほしかったかなあ。

「引き揚げ者」をキーワードに、有名人へのインタビューが続く。

当時を知る人間の証言は貴重で有益ですが、なんでしょう。

山田監督も加藤登紀子も有名すぎるし、体験が強烈すぎる。

彼ら自身の体験にフォーカスがそれてしまう。

つまり、ドキュメンタリーのテーマがブレてしまう気がしました。

あくまで、この見知らぬ少女を追いかける話でよかった気がする。

(映像制作の観点から、一般人のおばあちゃんオンリーでは地味だったとか・・・?)

なんとなくですけど、ね。

このテーマでNHKが番組をつくるなら、有名人ではない他の引き揚げ者を探してきた気がする。

くだんの少女と同じ引き揚げ船に乗っていた乗客だって、探していたかもしれない。

彼女の同級生ももっと幅広く、執拗に探し出した気がします。

そのあたりは組織力、資金力のちがいか。



でもまあ、それはいいや。

秀逸なドキュメンタリーだったし、期待を裏切らない展開でした。

(^~^;)

では、またね。。。




【26/03/2024 01:41】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

小手先のギミックなんて

●芍薬!

先日おそるおそる植え替えた日本芍薬。

2月12日のことでした。

なんか絶妙にキモイ感じの苗・・・もとい球根でした。

※球根というわりには球ではなく、極細ごぼうの集合体のようなグロめな見た目。

げ。

こんな奇妙なモノから、あの美しい芍薬のが咲くのか。

(^~^;)

それからひと月とちょっと。

「生きてるんだかしんでるんだか・・・」

そう思いつつたまに水をやってましたが、いよいよ。

この1週間かそこらで、動きが見えてきました。

おお。

オマエ生きてたのか。

ちゃんと芽吹いているじゃないか。



DSC_3344mm_20240324.jpg



DSC_3346mm_20240324.jpg



なんかこの赤い変なもの。

やっぱりなんかどこかグロい気が。

芽、だよね???

気づくとちょこんと顔を出し、徐々に伸びてきている。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

あわてて芽出し肥料をあげてみた。

緩効性の固形肥料。

ついでに、病害虫予防のくすりをまきました。

出てきたばかりの若いやわらかい芽は、虫に襲われやすいから。

まだ小さい苗なので、この夏に咲くのかどうかも不明。

(今年は球根を育てるだけで終わる可能性も・・・?)

芍薬の育てかたは正直よくわからない。

ネットで調べてもわからないこともあって、ホント手探りです。

きれいでゴージャスな、咲くといいなあ。






●不思議な

もんですよね。

今日もお天気はいまいちでしたけど、外出しました。

まあ、ただの墓参ですが。

(^~^;)

いえ、不思議の話。

去年もおととしもこの時期、(ソメイヨシノ)が咲いてました。

咲き始めてました。

きれいな庭園のある墓地で、がたくさん植わっている。

満開のころには祭りが開催されるぐらいの場所。

それはそれは見事なのです。

だけど今日は、まったく咲いてませんでした。

それもまあ、知ってたけどさ。

かたいつぼみばかりで、まだ膨らんでもいない。

咲きそうな気配はほぼゼロ。

あの様子じゃ、開まであと数日はかかるでしょう。

となると満開は、10日ぐらい先の話です。

(^~^;)

不思議だよなあ。

今年は異常なほどの暖冬で、ぎゅっと冷えた記憶はあまりない。

たしかに一度、雪は降りました。

でもそれもせいぜい2日、3日の話です。

あっという間に寒波は去った。

念のため薔薇の苗たちを軒下に避難はさせたけど、その程度。

雪の重みで・・・とか、霜にあたったら・・・とか。

そういう心配は一度も本気でしなかった。

たしかに暖地ではあるけど、それにしてもマイルドな冬だった。

でも、それでもは遅いのね。

遅いというより、本来の時期に咲くっていうのが正しいかな。

記録的な暖冬だったからといって、

「ソメイヨシノが早く咲くとは限らないのか・・・」

うん、不思議です。



www24mar2024b.png



www24mar2024a.jpg






●古代史ミステリー

ヤマト王権空白の世紀

大好きな謎の時代だし、そもそも歴史オタ的には見逃せない。

扱っている内容もいいんですよ。

すごーく面白い。

(´艸`*)

だけど、なぜかところどころドラマ仕立て。

いやまあ、NHKなりに工夫してるのかもしれない。

視聴者が飽きないように、わかりやすくビジュアル化。

うにょ。

でも、なんか・・・はずかしい(汗)。

|||(-_-;)||||||

妙に気恥ずかしくて正視できない問題。

恥ずかしいと感じる理由のひとつは、古代史特有のあの衣装だ。

卑弥呼も倭の五王も、あのひらひらした白いアレ。

成人男性のみずらにも慣れない。

(^~^;)

それからもうひとつ、もっと本質的な部分。

歴史や自然科学を扱うNHKの他の番組もそうなんだけど、上から目線なのよ。

なんか学校の授業風で、若い生徒役がそこにいる。

先生役(俳優)が登場して、若い生徒の疑問に答える。

「え、じゃあ○○なんですか?(新しい知識を得てお目々キラキラ)」
「実はね・・・」

ド素人に興味を持ってもらいたい、そういう意図なんだろうとは思う。

思うけど、こういうの patronizing っていうんじゃないの?

視聴者がなーんも知らない前提、なんだよね。

NHKはこういう 「啓蒙します!」 って感じの番組づくりが多い気がします。

扱うテーマが自然でも、歴史でも、数学でも、音楽でもそうだ。

どうしたもんかねえ。



たとえば 「英雄たちの選択」 は、その対極にある。

専門家が専門用語をバンバンつかって議論する。

最小限の説明はされるけど(テロップとか松重さんのナレーションで)、それだけ。

ある程度の予備知識、基礎のある視聴者を想定してる。

ついて来れない人はついて来なくてもいい、そういうタイプの番組。

どうせよほどの好事家しか見てないから、的な。

こういうのが好きでたまらない人間には、あれだ。

上記の古代史ミステリーみたいな番組のつくりには、違和感があるんだと思います。

誰も取りこぼさない、ああそうですか。

内容が本当に面白ければ、視聴者は見るのよ。

間口を広げる小手先のギミックなんか、なくてもいいと思うけどな。

(^~^;)



では、またね。。。


【24/03/2024 23:54】 ガーデニング | CM (-)

春寒し

●今日は

久々に冷えました。

(((((((;´д`)))))))

寒いねえ。

冷たいが降り続いて、きっと庭のたちもびっくりしてる。

凍えてるかも。

( ;∀;)

粉がないのだけは助かる。

粉を心配しないでいいと、心が軽くなります。






●これは

一週間から10日ぐらい前の写真かなあ。



DSC_2819m_20240315_202403232303300bf.jpg



あかるい黄色のパンジーとアリッサム(フロスティナイト)。

わりと安易に、特に考えずに寄せ植えにした。

それが昨秋から今まで、ずっとこんなふうに咲いてくれてる。

明るい色合いで、冬の庭を彩ってくれてます。

本当に、本当にかわいい。

わが家ではこの冬最大のヒット寄せ植えかも(笑)。

(*´∀`*)

自分では、黄色のは買わない気がします。

個人的な好みで選ぶと青とか紫とか、ピンクとかになってしまう。

どうしても、趣味が出ますよね。

だけど秋の終わりに、まとめ買いで手に入れたパンジー24株。

色おまかせだったのが、結果的に幸いしました。

秋冬に黄色っていいよなあ。

(*´∀`*)



ついでにいうと、スーパーアリッサム。

根っこが弱くて植え替えに神経を使いますが、ホントかわいい。

ネットで見かけてなんとなく買った(笑)。

※園芸系YouTuberの寄せ植え動画なんかでは、ほぼ必ず登場します。

でも、この明るい黄緑の斑入りの葉っぱ。

あまりにもかわいい。

これだけで、購入する価値がありました。

ただし、ホント植え替え注意です。

へっぽこガーデナー、先日ひとつアリッサムの株を枯らしました。

( ;∀;)

ひとつ寄せ植えを解体して別の寄せ植えに仕立てた、その際に。

根っこ、繊細なんだね。

能書きによればもこもこ増えてどんどんふえて、夏越しすらするらしい。

―――ホントかよ(汗)。

半年たっても、根っこおぼつかないけどなあ。



DSC_2822m_20240315_20240323230332456.jpg



今は手入れしてすっきりしてますが、それ以前の画像です。

白と紫のパンジーと、リムナンテス

この、パセリの葉っぱみたいにわさわさしてる子。

リムナンテスポーチドエッグという名前です。

卵焼きみたいな、白と黄色のおしゃれなが咲くはずなんです。

(^~^;)

でも、なんだこれ(笑)。

の花だからまだ咲かないのはおかしくない、おかしくないけど。

パセリみたいな葉っぱがただひたすらもこもこ、もさもさ。

元気だけはよくって、にょきにょき、わんさか茂る(笑)。

花の咲きそうな気配はまったくない。

鉢が小さいのか、土や肥料が合ってないのか。

「わたしが買ったのはパセリだったのか・・・?」

なんだかんだ、植えて3か月、4カ月は経ちます。

そろそろつぼみとか、あってもよくない?

変化が見たい(笑)。

あんまり茂って蒸れそうなので、ときどき梳いてしまう。

びよーんと枝が長く伸びるので、整理するとときどき切れちゃう。

ポキッっていっちゃう(汗)。

それでいいのか、わからない。

いつか咲く日が来るんだろうか。

野菜を育ててるんじゃないんだから、お花を見たい。

ヾ(´▽`;)ゝ



DSC_2748m_20240315_202403232303270fb.jpg



これもちょっと前の画像ですね。

白とピンクのビオラは今も元気に咲いてます。

が、オレンジのほうはほぼ枯れかけ。

なんでだろう。

シーズン終わりにはまだ早い。

(((((((;´д`)))))))






●ラストラン

JR九州の観光列車「SL人吉」ラストラン

乗ってみたかったなあ。

※めんべいは地元駅のNew Daysで見つけました。



DSC_2833m_20240315_20240323230332e5f.jpg



わたしはなんちゃって鉄オタなので、ちょっと寂しい。

※特に鉄オタ活動はしてないけど、電車に乗るのも撮るのも大好き。

死ぬまでにやりたいことに、加えておこう。

本物の蒸気機関車に乗ること。

https://train-colors.net/train_sl/

うちからいちばん近いのは、真岡か大井川かなあ。

がんばって乗りたい。






●それにしても

ここに来ては足踏み。

高知で開花宣言でしたっけ。

それ以外ではまだ。

やっぱり待ち遠しいな。



www23mar2024d.png



www23mar2024c.png



www23mar2024b.png



www23mar2024a.png



では、またね。。。


【23/03/2024 23:51】 ガーデニング | CM (-)

覆水盆に返らず

●たぶん

わたしね、すごくショックだったんだと思う。

自覚している以上に、衝撃だった。

一平ちゃんの、例の事件です。

木曜日は朝から地震があったり、仕事も忙しかった。

それなのに、出勤してもずっとずっと。

ぐるぐると考えてしまってました。

ほんと、情けない。

|||(-_-;)||||||

なんであんなことになるかなあ。

どうしてこういう思いもかけないことが起きるんだ。

どう理解していいかわからない。

アメリカでの報道を見てても、なんかね。

センセーショナルな煽りも多くて、どこまでが真実かわからない。

なぜ。

どうして。

どうしたら。

答えは出ないし、わかるわけないんだけど。



大谷くんの精神面。

じつをいうとそこまで心配してない。

・・・というのは楽観的すぎかな。

かけがえのない相棒です。

彼がそばから離れて、普通でいられるわけがない。

でもね、思うんだ。

どれほどショックであろうと、彼の優先順位は変わらないはず。

そう信じたい。

野球に集中できるように、そのために生きてる人だから。



ただ、この事件が彼にどう波及するのか。

彼のキャリアに影響してしまわないか。

彼の人生を困難なものにしてしまわないか。

そこだけは心配しています。

大谷くんが野球だけに専念できる環境が、維持されますように。

不当に奪われることがありませんように。

そのうち嵐が過ぎ去って、そういうこともあったね、と。

いつか、そういえる状況になりますように。



そして、一平ちゃん。

甘いといわれそうですが、今でも信じられない。

裏切り・・・うん、それは事実だ。

もう二度と大谷くんのそばに戻って来ないのかもしれない。

彼のしたことがどれほど大谷くんを傷つけたか。

覆水盆に返らず。

でも、どうしても。

お叱り覚悟でいうけど、悪人だとは思えないのだよね。

大谷くんにとっては誠実な、唯一無二の相棒だったのだと。

ここまでの献身はうそではなかったのだと。

信じていたい気がします。






●今日は

ちょっと冷えましたね。

桜前線も足踏み状態のようです。

結果論ですが、旅行の予定を延期して正解かな。



では、またね。。。


【22/03/2024 23:58】 スポーツ | CM (-)

春の嵐

●今日も

強風すごかったですね。

夕方には突然のと落雷。

なんなのいったい。

(^~^;)

都心ではけっこう気温も下がったらしい。

うちのあたりはそれでも17度とか?

別に寒くはなかったと思います。

とにかく風。

の嵐でした。

(^~^;)

出かける予定があったんですけど、風がねえ。

びゅんびゅん吹きすさぶ感じで、粉も舞いまくり。

とんだ荒れたお天気だったので、結局キャンセルしました。

いや、晴れてはいた。

いちおうは晴れてたけど、でもねえ。

こんな悪天候の日に、あえて危険をおかすこともあるまい。

(((((((;´д`)))))))

しかし、分かあ。

(ちなみに21日とか、22日あたりだと思ってたけど、今年は早いのね。)

一年のほぼ四分の一はもう過ぎたのね。

はや。

灼熱地獄はもう目の前じゃないか(汗)。

やだやだ。



www20mar2024a.png






●さて、

うちのかわいこちゃんたちは、本当に心底かわいい。

いじらしい。

この挿し木の薔薇

(例によってオールドローズ、品種不明。祖父の薔薇の枝から。)

毎日ホントうっとり眺めてます。

(*´∀`*)



DSC_3186m_20240320.jpg



DSC_3194m_20240320.jpg



ヘンタイっぽく聞こえたらごめん。

けなげに育ちつつあるこの薔薇のこどもたち、もうね。

本当の本当に、かわいくってたまりません。

ちっちゃなつやつやの葉っぱ。

気づくとミニチュアサイズの葉がちょっとずつ増えている。

生きている、生きようとしている。

それだけでもうね、いとおしい。

いやマジで。



DSC_3199m_20240320.jpg



DSC_3205m_20240320.jpg



自分でもへんだと思うけど、なんだろう。

愛がとまらない(笑)。

言葉ではこの感情をうまく言い表せないぐらい。

植物にこれほどまでに愛情を感じるとは思わなかった。

ヾ(´▽`;)ゝ



HORIZON_0002_BURST20240320150605411m_20240320.jpg



真冬に剪定した(切って捨てた)、ただの棒っきれ。

それを水に差しておいただけ。

植えてから(推定)50年以上もたってる古木の、ボロボロの薔薇です。

そんな老木から切り取ったほっそい細い枝。

ただの緑の棒、みたいな。

正直にいうと、こんなに生きるとは思わなかった(汗)。

でもこんなに逞しく生き続け、じわじわと成長を続けている。

その凄まじい生命力に、圧倒されてます。

感動しっぱなし。

( ;∀;)

えーん、かわいいよお。



DSC_3207m_20240320.jpg



水栽培から挿し木用の培養土に植え替えて、3週間ぐらいかな?

ルートン塗布して差し直してから、そろそろ2週間ぐらい。

・・・かな(汗)。

発根してるのか、めちゃくちゃ気になります。

見てのとおり苗が元気なんだから、たぶん発根してる。

―――と思いたいけど、さて。

こんなほっそい枝、そっと引っこ抜いて見てみればいい。

そう、思うんだけどねえ。

怖くてそれができない(笑)。

答え合わせしたい、でもできない。

|||(-_-;)||||||



庭にある薔薇の苗たちも、もちろん大好きです。

彼らがぐんぐんと枝を伸ばし、きれいな新緑をつけてるのは眼福。

かわいくってかわいくてたまらない。

順調に咲いてくれそうで、ね。

だけど、このちっこい挿し木たちとはぜんぜん違う(笑)。

呼び起こす感情がちがうのね。

庭のバラたちが高校生ぐらいだとすれば、この子たちはまだ幼稚園に通ってる。

そんな差がある気がします。

(^~^;)



では、またね。。。


【20/03/2024 23:56】 ガーデニング | CM (-)

そこに城があれば

●むちゃくちゃ

悩ましいなあ。

(^~^;)

この時期のお天気。

週末はぐんと気温が上がったけど、月曜日はちょい冷え。

むこう数日は、気温が低めらしい。

上空は荒れ気味みたいで、風がつよめ。

マメに予報をチェックしてますが、さて。

今年のはいつごろ咲くかな。

こんどの週末に、花見に行く予定なのです。

ちょこっと旅。

ただの開花予想を見るかぎりでは、微妙な感じです。

週末はお天気が悪そう。

が咲くどうか、ギリギリみたいな?

ゼロってことはないだろうけど、お花見向きではなさそう。

さて、どうしよう。

日程を変更するべきかどうか。

セコイですが、空振りはしたくない。

ばっちり咲いてるときに行きたいよね。

(^~^;)

ここ2年ぐらい、花はけっこう早かった。

そんな記憶があります。

分の日の前後にはもう十分に、見ごろだったような。

今年は、暖冬だったわりには平年並みかも?

どうだろう?

うにょ。

今ならまだ、旅程をずらせるかもしれない。

仕事もなんとか調整できる気がする。

ずらしたら快晴、満開・・・の保証はないけど(笑)。

(^~^;)






●そういえば

このごろ、関東でも地震ふえてない?

お正月の能登以降、けっこう頻発してる気が。

なんかイヤだなあ。

|||(-_-;)||||||






●思うんだけど

どこぞの国の選挙。

圧勝だそうですが、わからないなあ。

有権者に有形、無形のプレッシャーをかけて、意のままに選挙を操る。

そうやって手に入れた、望みどおりの圧倒的勝利。

―――って、うれしいですか???

抑圧や恫喝は反発しか生まないと思うけどなあ。






●バリバラ

テーマにどきっとしました。

「難攻不落の城を攻略せよ」

あああ、考えたことがなかったです。

年季の入った歴史おたくとしては、恥ずかしいかぎり。

歴史を好きなこと、お城に行ってみたいこと。

そのパッションに、障害のあるなしは関係ない。

たしかにそのとおりです。

だが、しかし。

そもそもひとを(敵を)寄せつけないように築かれたお城です。

なにかのハンデ関係なく、難攻不落。

時と場合によっては、いわゆる健常者ですらキツイ。

規模の大きな山城なら、なおさらです。

(考えてみればお城だけじゃなくて、寺社仏閣でもしんどいのあるなあ。)

おばちゃん、急な坂や延々と続く階段がしんどすぎてさ。

もう無理・・・! って泣く泣く諦めたこと多数。

どはは。

史跡だから、保護の観点から制約はあるでしょう。

だけどなるべく誰でも、行きたいところに行けるように。

見たいものを見られるように。

工夫したり協力してもらったりして、できるといいなあ。

切にそう思いました。



では、またね。。。



【19/03/2024 01:29】 社会・時事ニュース | CM (-)

土いじりとか

●太陽ギラギラ

日曜日、真夏のような暑さでした。

ι(´Д`υ)アツィー

分の日もまだなのに、あぢい。

日差しも容赦なく、つおい。

おまけに強風が吹き荒れて、粉が大暴れMAX。

からっぽの鉢がころころ庭を転がり、ビニール袋が舞い飛ぶ。

迷惑この上ない。

(((((((;´д`)))))))

まったくもってひでえ一日だった。

だが、へっぽこガーデナーはめげない。

汗だくになりながら、Tシャツ一枚で農作業。

もとい庭仕事。

暑い時期のガーデニングは過酷ですが、三月でもう???

( ;∀;)



DSC_2854m_20240318.jpg



だって、これ(笑)。

夏の苗をいっぱい買ってしまったので、植え替えないと。



DSC_2951m_20240318.jpg



DSC_2965m_20240318.jpg



この日、植えつけたのはペチュニア。

デルフィニウム。

あとは斑入りの葉っぱがかわいいブルーデイジー。

まだおのない苗なので、地味ですね。

詳しい話は、また別の機会に。



DSC_2969m_20240318.jpg



新入りの薔薇の大苗。

先日も書きました、シルクロードです。

アプリコットオレンジのカップ・・・いやロゼット咲きかな。

新芽がいっぱいでうれしい。

(//∇//)

モダンローズ最強クラスの強壮品種。

その実力に期待します。



DSC_2981m_20240318.jpg



DSC_2817m_20240318.jpg



最近ね、気づいたんです。

わたし、苗の植え替えや整理がすごい楽しい(笑)。

テクも知識もないくせに生意気ですが、レスキューもたのしい。

弱ってしまったり食べられちゃった苗を、なんとか生かそうと。

あれこれ考えるの、たのしい。

そおっと植え替えたりね、そういうのすごい好き。

(^~^;)

そもそも土って結構おもしろい。

培養土もメーカーごとにちがうし、基本用土は知れば知るほど深い。

どのに、どう土を配合するといいのか?

考えるのがおもしろいです。

※成功してるかどうかは不明。

要するに、土いじりLOVE(笑)。

変ですね。

ヾ(´▽`;)ゝ



そんなわけで、上の2枚。

昨年ずいぶん咲いてくれた宿根セージたちです。

いい香りがする。

同じ鉢のラベンダーレースは枯れたけど、この子たちは生きてる。

青々としたきれいな葉っぱが出てますよね。

もうひとつ、宿根マリーゴールドもたぶん生きてる。

こちらは今のところ、ほぼ朽ち木に見えるけど(汗)。

去年の寄せ植えを解体して、生きてる子をまとめました。

がんばってくれる、と信じたい。

(^~^;)






●日差しを

浴びすぎて、もうクタクタです。

太陽の光って疲れますね。

では、またね。。。



【18/03/2024 00:55】 ガーデニング | CM (-)

ステレオタイプ

●あたたかい

・・・のはいいんだ。

粉さえ、こんなに飛んでなければね。

オネガイモウヤメテ。

( ;∀;)

しかし、本当にいい天気なんだよねちくしょー。

休日こんなに晴れて、からりと気持ちよくって。

もちろん可能なかぎり、庭にいるわけですよ。

一日ホントは何時間でも、いられるだけ庭にいたい。

植え替えだのなんだの、用事があってもなくても。

でも、粉MAXなんだもんなあ。

残酷な話だ。

( ;∀;)



先日とうとう、主治医にお願いして目薬を出してもらった。

かかってるのは別の疾患なので、これまで粉症の話はしてなかった。

粉症の処方箋は別の医院に通ってました。遠いんだけど。)

それでも雑談で、粉症の話は出ますよね。

「元気だった?」
「元気は元気なんですけど、なにしろ粉が・・・」

みたいな。

「くしゃみ・鼻水はタリオンが効いてくれてるんだけど、目が痛い!」

とにかくかゆくて痛くてしにそう、とかなんとか愚痴をこぼした。

そしたら同情してくれて(笑)、それじゃ処方を出しましょうかって。

「僕も花粉症ひどいので、使ってる目薬があるから」

っておすすめされたので、試すことになりました。

アレルギー用の、なんだっけ、オロパタジン点眼。

(^~^;)

これを使い始めてから、症状は軽快してます。

以前に比べると、かゆみはだいぶおさまった。

かゆみゼロにはならないけど、これまで使ってた市販薬よりはずっと効く。

ちょっと感動。

医者に相談してみるって、大事ですね。



もっとも、実はね。

先般かいたとおり、先生は今の大学病院をまもなく辞める。

じきに開業医になるわけで、そしてわたしはそこに転院予定。

「ついて来てくれないかなー(チラッ)」 

につられた(うっかり頷いてしまった)からね(笑)。

だから先生のほうにも、サービスする意味があったのかもなあ。

(^~^;)

ま、いいよなんでも。

悪魔のようなシーズンをやり過ごす。

花粉サバイバル。

ちょっとでも楽になることなら、なんでも歓迎します。






●NHKまでが

大谷夫妻を追いかけてて、うんざり。

話題なのはわかるけど、やめようよそういうの。

スポーツコーナーで紹介するなら、ちゃんと野球の話をしてくれ。

頼むよもう。

(((((((;´д`)))))))

とはいうものの、ですね(笑)。

そのクソうざいマスコミの過剰報道のおかげで、彼らを見られてるんだよなあ。

※ダブスタすみません。

それにしても奥さん、かわいすぎない?

ネットの動画なんか見ちゃうと(はい見てますごめんなさい)、もうね。

二人ともかわいくって、おばちゃんうるうるしちゃう。

ヾ(´▽`;)ゝ

もはや彼女のファンかもしれない。

二人の雰囲気がよく似てて、どっちもかわいいや。



彼女の所属していたチームのコーチが、いいこといってましたね。

彼女を射止めた大谷くんはラッキーだって。

いいなあ、そういうコメント。

(//∇//)



なお>>

ネット記事なんか見てると、祝福一色・・・それはいい。

でもコメントでよく見る、アレが気になります。

「相手が女子アナとかじゃなくってよかった」

みたいなの、多いですよね。

言わんとしてることはわかるけど、ちょっとだけもやっとする。

世間一般のイメージとして、あるんでしょうね。

派手で積極的な女子アナが、グイグイ攻めて(初心な)野球選手をモノにする的な。

―――まあ、そういう感じのカップルは少なくない。

ヾ(´▽`;)ゝ

でも、さー。

女性アナウンサー全部がぜんぶ、そうじゃないでしょ?

チャラいタイプもいるのかもしれないけどさあ。

みんなが金持ち男をゲットするためにその仕事を選んだわけじゃない、よね。

彼女たちには立派な学歴や職歴があって、ものすごい狭き門をくぐってるんだよね?

研鑽を重ねて知性や教養を身につけて、報道の世界にいる人も多いでしょう。

そういう輝かしいキャリア女性を、ただのハンター呼ばわりはどうなんだ。

偏見のような気がするんだよなあ。

ステレオタイプというべきか。

気にしすぎかなあ。

いやまあ、みんながみんな意識高い系ではないかもしれないけど。

(^~^;)

「大谷くんのお相手が女子アナじゃなくてよかった」

なんつう暴言に、怒ってる真面目な女子アナも大勢いる・・・と信じたい。



では、またね。。。


【17/03/2024 01:50】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

Leave them alone

●テキトーごはん

うひひ。

(//∇//)

在宅仕事が終わってから、そのへんにあるものでぱぱっと。

理想は20分以内。

冷凍保存のごはんさえあれば、出来るできる(笑)。



DSC_2686m_20240315.jpg



なすと舞茸を薄切りの豚バラ肉で巻く。

もうね、そう書いただけでおいしそうでしょう?(笑)

塩こしょうも片栗粉もなくて問題ない。

油はひかない。

フタは時短の必須アイテムなので、必ず使用する。

最後に薄口しょうゆをさーっと回しかけて、おしまい。

うひひ。



DSC_2684m_20240315.jpg



あ、これはランチか。

中途半端に残ってるフジッリを見つけたので、グラタンに決定。

もらいすぎて余っている白菜としめじ、あとは鶏肉。

白菜は・・・まあ、水っぽくなりますよね(汗)。

でも水や牛乳の分量で調整すればオッケー。

量が少なめに見えるのは、アレです。

ふたり分のつもりが多くつくりすぎて、余ったハンパものだからです。

ヾ(´▽`;)ゝ

グラタンっぽい食べ物、けっこうつくります。

イメージとしてはムサカとか、ラザニアの変形。

ベースはごはんでもパスタでも、パンでもじゃがいもでもいい。

何なら新玉ねぎでもおいしいですよね。

ホワイトソースはありあわせでつくったり、出来合いのものを使ったり。

いろいろですが、チーズだけは必須。

わが家には、パルメザンとシュレッドチーズは常備されています。

うは。



DSC_2827m_20240315.jpg



これもパパっとごはん、というか麺か。

冷凍の五目タンメン(具つき、スープつき)をゴージャスに盛ります(笑)。

キャベツとセロリの葉、かにかま、焼き豚を追加。

めちゃくちゃ美味しかったんですけど、でも。

量が増えすぎ。

ヾ(´▽`;)ゝ






大谷翔平くん

奥さん、かわいいねー。

お似合いでとっても素敵。

(//∇//)

そして、マスコミは大騒ぎしすぎ。

(^~^;)

ネット上では、オオタニハラスメントなる言葉があるんですってね。

知りたくもない、聞きたくもない。

なんら関心もないのに、嫌でも目に触れる(聞こえてしまう)オオタニ関連ニュース。

SNSでもネットニュースでも、雑誌やテレビでも。

オオタニオオタニオオタニオオタニ・・・(汗)。

逃げられない。

うんざりして、むしろ彼を嫌いになってしまう。

―――被害者にとっては、たしかにハラスメントですね。

大谷くん本人が過剰報道を望んでるわけでも、煽ってるわけでもないけど。

だけど、わかるなあ。

わたしは大谷くんのファンだし、野球のニュースなら何でも知りたい。

でも、私生活を暴こうとするマスコミはきらいだ。

軽蔑する、というべきかな。

ホントどうでもいいのよ、プライバシーは。

本人が公表しないことを、報道しようとするんじゃねえよ。

なんであそこまで根掘り葉掘り詮索し、暴こうとするのか。

まったく理解できない。

|||(-_-;)||||||



では、またね。。。


【16/03/2024 01:34】 スポーツ | CM (-)

薔薇の挿し木

●この子たち

元気です。

例の謎バラの古木から、真冬に刈り取った枝たち。

思ったよりもつおく、頑張ってます。

いい子だね~。

(//∇//)



DSC_2739m_20240313.jpg



ちっちゃいきれいな若葉が、どんどん出てます。

ミニミニでホントかわいい。

いじらしくて泣きそう(笑)。

先日、とうとうルートンを買いました。

発根促進剤です。

今さらルートンってどうよ、と思いつつ使ってみました。

(逆にいえば、その時点で目に見える根っこはなかったのだ。ぐう。)

うまく育ちますように。






●ミニ鉢ビオラ

無性に、無条件にかわいいです(笑)。



DSC_2751m_20240313.jpg



DSC_2748m_20240313.jpg



なにこの可愛さ。

とても自分が育てたとは思えない。

どこのオサレなガーデンですか(笑)。

(^~^;)

え、終わったがら摘みしてない?

あう。

けっこうのサイクルが早いんです。

気温が上がってきたからかなあ。

一日、二日たつとが終わって、次のが咲いてる。

お手入れ、追いつかないときもあります。

(^~^;)






●そして

いい感じのネモフィラ。

毎朝どんどん、咲いてるが増えます。



DSC_2736m_20240313.jpg



植え替えに弱い品種だと聞いてます。

だから心配してたけど、無事に定着したみたいね。

元気なのはいいんですけど、でも。

なんで左側ばっかり咲くんだろう。

日当たりとか雨とか、左右で変わらないと思うけどなあ。

(^~^;)

わからん。






●もう

寝よう。

最近ずっと寝不足です。

では、またね。。。


【15/03/2024 23:55】 ガーデニング | CM (-)

一回おやすみ。

●ふう・・・

ランダムに写真を貼ってみる。



DSC_2365m_20240311_20240313011436721.jpg



冬からずっと、咲きっぱなしのパンジーたち。

オレンジ色が印象的なガザニア。

優秀すぎて涙が出る。

( ;∀;)

かわいい。



DSC_2468m_20240311_20240313011437626.jpg



最近やっと根を張って、成長をはじめた子たち。

ポット苗のまま数週間も放っておいたから、心配してました。

とりあえず、元気でいてくれる。

オルレアホワイトレースフラワー(上)と、サルビアネモローサスペルバ(下)。

といっても、咲くのはまだ先ですね。

の終わりぐらいから、かな。



DSC_1540m_20240224_2024031301143044f.jpg



これは数日前の水仙。

今はもうちょっと蕾があがってます。

あと1日、2日で咲くかも。



DSC_1626m_20240225.jpg



DSC_1636m_20240225.jpg



DSC_1637m_20240225.jpg



切りは家のあちこちにある。

※生けのセンスは皆無なのでご容赦。

そもそもは仏壇用に買ってましたが、最近は汎用ですね。

にしておくのは惜しい(オイ)とか、余っちゃったとか(笑)。

(^~^;)

切りについても、ちょっと学習しました。

ほんのちょっとだけでも、コツを覚えるとおは長持ちしますね。

今はお花のもちがぜんぜん違います。

以前は1週間もたなかったりもしたけど、あぐ。

ヾ(´▽`;)ゝ



では、またね。。。


【14/03/2024 02:15】 ガーデニング | CM (-)

バイカラーのガウラ

●先日やっと

手に入れました、ガウラの苗。

日本語では白蝶草ですね。



DSC_2536m_20240311.jpg



この日は日差しが強かったから、画像はいまいち。

(^~^;)

何しろまぶしくって・・・すみません。

ポット苗をみて、ちょい思った。

このふたつの苗。

同じ生産者さんが同時期に種まきし、同じ時期に出荷して、同じケースに入って届いた。

それなのに生育状態がなんか違う。

ひとつはより元気でよく育っていて、根っこもしっかり。

もうひとつは水切れ気味で、ポットから抜いたら土がぽろぽろ。

(土が固まってなくてぽろぽろ落ちるというのは、根が張ってないってことね。)

別に文句じゃないんです。

生きものですから、個体差があるのはしょうがない。

「でも、こんなに差があるもんなんだ・・・」

思いますよね。

うぐ。



DSC_2537m_20240311.jpg



このガウラ、背の高いバイカラー品種(ちょっと珍しい)。

とりあえず小さめの5号スリット鉢に植えました。

もっと大きくなるはずなので、夏前にはさらに鉢増しの予定です。

最終的には地植えにする(野望)。

もうちょっと本数があってもいいかなあ。



DSC_2539m_20240311.jpg



ガウラのいいところ。

☆ほぼ手がかからず、ほったらかしでも元気に育つ(はず)。
地植えにすれば特に。
年数を経てどんどん大きな株になる。

☆小さくてかわいいから秋まで、ほぼずっと休みなく咲き続ける。
どうやら、さして肥料をあげなくても。

☆背が高めなので、ひらひら可愛く風にゆれる。
ビジュアル的に、そういう系のはうちにはないからうれしい。

☆切りにもなる。
とくに真夏、切り向けのが庭に咲くのは貴重です。

―――という、ぜんぶ希望的観測込み(笑)。

わたしの目指す(うん?)、へっぽこガーデナーにもできるお庭。

なんもしなくても毎年、勝手にかわいいが咲くお庭。

その庭づくりには欠かせない花のはずです。

教科書どおりなら、そうなってくれるはずです。

ガウラ。

がんばってほしい。

(*´∀`*)

できれば今年中に、うちの荒れ庭に「切り花用花壇(コーナー)」をつくる。

壮大な計画の一部なのです(笑)。

あはは。






●ところで

最近のわたしは、スリット鉢ばっかりです。

へたくそガーデナーの必須アイテム、かもしれない。

この鉢のおかげで、最近はあんまり苗を枯らさなくなりました。

ありがたや。

(*´∀`*)

うちに来てしまった苗の生存率が上がったのは、まあ。

土と水やりについて、ずいぶん勉強したせいもあるけど。

たぶん。



スリット鉢、見た目はイマイチ・・・かもしれない。

この暗めの緑色、あんまり好きじゃない。

オシャレとはいえませんよね。

(^~^;)

でも、空気が通る。

水がよく通る。

根っこがぐるぐるルーピングしにくい。

草木が元気に育つのを助けてくれる。

根腐れリスクを減らすメリット、大きすぎる。

(^~^;)



うまく水やりができる人は、鉢はなんでもいいんですよね。

どんな鉢でも、ブリキの缶でも問題ないひと。

うらやましいけど、わたしにはハードルが高い。

なので、スリット鉢に頼りっぱなしです。

(素焼きの鉢も実はいいみたいですが、試したことがない。)

(^~^;)



難点があるとすれば、やっぱり見た目かなあ。

高級感はないですね(笑)。

最近はこの見た目にも慣れちゃったので、あんまり抵抗を感じないけど。

でもサイズはともかく、色の選択肢があんまりない。

色のちがう限定品が出てはいますけど、入手しにくい。

それと、もうひとつ。

非常に優秀なスリット鉢ですが、限界があります。

それは、置く場所。

水はけと空気のとおりのいい場所に置かないと、効果を発揮しにくい。

・・・らしいです。

とくに底面。

土の上に直置きとかしちゃうと、空気が通りにくくなるから。

本来はたぶん、すべてのスリット鉢に鉢スタンドがあるといいんでしょうね。

スタンドに置くと、今度は強風の日なんかの心配事が増えます(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ

キリがないかもね。






●火曜日は

こんなに一日中、が降るとは思わなかった。

寒くてどしゃ降りの一日。

やめてよもう。

( ;∀;)



www13mar2024c.png



www13mar2024a.png



www13mar2024b.png



では、またね。。。


【13/03/2024 01:04】 ガーデニング | CM (-)

13年

●それにしても・・・

日本の政治家のレベル低すぎないか。

わかってる、もう何の期待もしてない。

とっくに諦めてる。

知性もモラルもない、プライドもない。

ときに恥ずかしい。

もはや社会のゴミなんじゃね? とすら思う。

とくに政権与党のやりたい放題っていったら。

―――と、まあ。

そんなふうに呆れてた人間です。

似たような感覚のひとはたぶん多いんじゃないかな。



でも、そんなわたしですら耳を疑った。

自民党青年局“過激ダンスショー”

おう・・・(汗)。

(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)

なんだこれ。

(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)

不適切とか、そういう問題か???

常識の問題では?

政治資金スキャンダルのほうがまだマシかもしれない、とか。

そんなアホなことをうっかり思っちゃうぐらい、なんつうか。

低能。

低俗。

絶望的に何も見えてない。

低レベルすぎて、まっとうな批判にすら値しない。

世界の恥。



おまけにそのいいわけが、ダイバーシティですって?

言葉の意味、明らかにわかってないですね(笑)。

ゴーゴーダンス・・・?

昭和生まれの人間にとってすら、レトロな言葉だわね。

アタマ大丈夫か案件。

人間としてどうなんだ案件。

政局をなーんにも理解してない、この頭のわるさ。

いちおう若手議員の集まりだったのよね?

青年局が聞いて呆れます。

エクストリーム・低能スケベオヤジの祭典じゃねえか。



つい先日のおばちゃん議員の不倫につづき、これ。

エッフェル姉さんに、ポッケナイナイ政治献金。

まったくすごいね政権与党。

ありとあらゆるスキャンダルが、次から次へと。

根腐れしてるのは確実です。



もしわたしが支持者なら、これまでの献金をすべて返金しろと迫るレベル。

つか、こんな卑しい人間を支援してた自分の脳たりんぶりを呪うレベル。

支援してたという事実が恥ずかしくて、もう外を歩けないレベル。

家族にも友人にも合わせる顔がないレベル。

うーん。

その場にいた政治家の誰かひとりでも、

「これヤバくね?」

って思わなかったんだろうか。

こんな席にいちゃいけないって、感じなかったんだろうか。

その点、ホント不思議。






●3.11

「自治体職員たちの3.11」という番組を見た。

言葉もなかった。

エリアの災害対策を中心的に担う立場の人たち、なんだけど。

たぶん、ごくふつうの地方公務員なんですよね。

(もちろん警察も消防も、医療従事者も、専門的な訓練を経てはいるけど。)

未曽有の地震が来て、津波が来て。

けた違いの、想定外の災害を前に何ができたのか。

自分たち自身が被災し、家族の安否すらわからない中で。

電気も水もなく、通信手段を断たれ、情報がない状態で。

それでも必死で、不眠不休で仕事をした。

非日常すぎる環境に、いきなり置かれて。

彼らのことばは非常に重かった。

どれだけしんどい体験をしたのか、想像もつきません。

それでもすごいな。

彼らの心身を心配しつつ、敬意しかない。



では、またね。。。


【11/03/2024 23:56】 社会・時事ニュース | CM (-)

寝ます。

●晴れて

気持ちはいい、でも風がとても冷たい。

日差しは意外なほど強くて、庭の草はぐんぐん目を伸ばす。

たちは元気げんき。

古株オールドローズも、元気に新芽を出している。

可愛くてたまらん。

ただ、日なたと日陰の温度差ときたら。

紫外線けっこう強め、きっと日焼けしてる。

そして、めちゃくちゃ粉が飛んでる。

我慢できずに、どうしても目をこすっちゃう。

―――だなあ。

良くも悪くも、って感じですね。

ヾ(´▽`;)ゝ



www10mar2024a.png



www10mar2024b.png






●コロナ罹患で

なんだかんだ、2週間ぐらい人生が滞った気がします。

今はたぶん完治した、はず。

(^~^;)

具合の悪いあいだ何度も予定をキャンセルし、予約し直した。

とおい大学病院の主治医と、地元の歯科医。

先週どちらもようやく、ようやく診察に行けました。

むちゃくちゃほっとした。

変な話なんだけど、ね?

そもそも病気だから医者に会いに行くわけですが、それなのに。

「先生、コロナやっと終わりました! 元気になりました!」

なんかもうね、うれしくてニコニコ報告しちゃった(笑)。

(^~^;)

変なの。






●美容院も(笑)

月に一度は通ってるサロンにも、ようやく復帰。

6週間・・・いや、7週間ぶりぐらい?

わたし担当の男性スタイリスト(28歳)が、

「○○さん!!!」

姿をみとめた途端、すっ飛んできたのがかわいかった。

抱きついてきそうな勢い?(笑)

ま、あの子はいつもかわいいけど。

(´艸`*)

コロナだの何だの、おしゃべりしてて気づいた。

美容師さんってどこか潜在的に、不安を抱えているのかもしれない。

お客さんを失ってしまう恐怖、というか。

たとえそれが常連さんでも、

「○○さん、最近そういえば来ないな・・・」

なんで来ないんだろう?

単に仕事が忙しいとか、病気したとか?

いやいやいや、家族に何かあったのかも?

なんてね、来るはずのお客さんが来ないとあれこれ考えるそうです。

前回の接客で、俺なんかやらかした?

まさかとは思うけど、嫌われるようなことしちゃった?

だから来ないのか?

―――という方向に、考えがいっちゃうらしいです。

(^~^;)

美容師さんという、基本「待ち」のビジネスあるあるなのかもしれない。

あるいは、たまたま彼がちょっと自信ないだけかも?

そのへんはわかりません。

だけど、こっちが自分の私的な事情で行かなかった間に、

「いろいろ気を揉んだんだね・・・」

それだけはわかった。

そっか、それはすまんかった。

(^~^;)

こんなおばちゃんを待っててくれる若い男の子がいるなんて、ね。

稀有なことです、ありがたい(笑)。






●3月10日

ふと気になって、母(東京生まれ東京育ち)に聞いてみた。

「東京大空襲のときって、東京にいなかったんだよね?」

それは知ってた。

そのころ母は、小学校低学年。

縁故疎開で、母親(わたしの祖母)の実家のある栃木に行ってたのは聞いてる。

品川区にあった母の実家が、空襲で焼けなかったのも知ってる。

じゃあ、空襲のことは知らない?

「当時は何も知らなかった」

んだそうです、なるほど。

母個人の記憶としては、恐ろしい経験はゼロ。

その場にいなかったし、うちが焼けてないんだから、そりゃそうだ。

後になっていろいろ聞かされた、というのも納得です。

「ところで、いつ疎開から帰ってきたの?」

終戦と同時に、疎開の子どもたちは家に戻ってきたんだと思ってた。

だけど母によれば、そうでもないらしい。

おぼろげながら、何がなんだかわからないなりに、

「みんな直立不動でラジオを聞いていた」(玉音放送)

記憶はあるんだそうですが、

「お母さんが迎えに来てくれたのは、終戦の翌

だったそうですよ。

ちょうど4月から、地元の、家の近くの小学校に通ったらしい。

考えてみれば、まだ幼い少女です。

1年3か月も両親や兄弟から引き離されて、知らない土地で暮らすなんて。

どのぐらい辛かったのかなんて、想像もできません。

話を聞く限り、疎開したのは母だけみたいなのね。

上の兄弟たちはみんな実家に残り、下の兄弟たちはまだ幼すぎた。

自分だけが遠方に送られた。

―――というのは、やむを得ないとはいえ、しんどい事実でしょう。

「お母さんはそのことをずっと、申し訳なく思っていたようだ」

というようなことも、以前きいたことがあります。

ああ、なんとなくわかる。

ふと、腑に落ちた感じです。

祖母(母の母親)はいつも、わたしと弟を特別に可愛がってました。

いとこは他にもたくさんいますけど、どういうわけか。

母の子どもであるわたしと弟は、誰よりも甘やかされてました。

子どものころは気づかなかったけど、もしかしたら。

祖母がわたしたちに甘かったのは、母への申し訳なさの裏返しかも。

真相はわかりませんけどね。



では、またね。。。


【10/03/2024 23:58】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

追悼 鳥山明さん

●うそ・・・

ニュースを聞いて、思わず声が出た。

亡くなった?

ええ、噓でしょう。

嘘だ。

ショック。

(ρ_;)。。。

漫画家 鳥山明さん死去 68歳



大ファン、というのとはまた違う。

でも大好きだった。

天才だと思ってた。

リアルタイムでアラレちゃん・・・もとい、Dr.スランプ 読んでました。

純粋に、かわいかったよね。

衝撃だったし、おもしろかった。

アラレちゃんの言葉づかいは、気づいたら自分のボキャになってました(笑)。

ほよ? とか うほほーい! とか。



その後のドラゴンボールももちろん、最初っから読んだ。

(そのころは弟が毎週、ジャンプを買ってましたからね。)

コミックスも全部(弟の部屋に)あった。

巻末のおまけマンガも大好きでした。

鳥山明を読んで育った10代。

そういう世代です。



少年マンガは全般的に苦手でも、完成度が高くてかわいい鳥山明ならイケた。

あの絵だけで、見る価値があった。

イラストに見惚れた。

―――そういう少女マンガファンも多かったと思います。

わたしもそういう読者でした。

正直、わたしは旧世代なので。

その後のアニメやゲームの世界的な展開はよく知らない(笑)。

そのころにはすでに大人で、アニメにもゲームにも縁がなかった。

でもすごいってことは知ってる。

世界を席巻したのは知ってる。



後年、鳥嶋和彦さんの記事を読みました。

集英社の専務になって、その後で白泉社に行ったひと。

鳥山さんの編集者。

無名のマンガ家を、天下の鳥山明にしたひと。

彼のインタビューはものすごく面白かった。



彼ほど成功したマンガ家はあんまりいない。

世界中で読まれ、愛されている。

功成り名を遂げた、まさにそういう人だ。

それでも早すぎる。

失っていいひとではない。

とても悲しい。

(ρ_;)。。。



では、またね。。。


【08/03/2024 15:53】 社会・時事ニュース | CM (-)

また寒くなるとか

●三寒四温とは

いうものの、めんどくさいですね三月。

冷えたりめちゃくちゃ気温が上がったりで、気の休まる暇がない。

(^~^;)

たまに用事があってホテルに泊まって来ると、いつもそう。

たった一泊。

ちょこっとうちを空けただけなのに、天気がガラリと変わってる。

想定外のような気がしてしまう。

「そういう予報だったっけ・・・?」

そのたびに、

「あああ、薔薇の鉢はみんな軒下にあったっけ?」
「あの苗は庭に放置してなかったっけ?」

夜に帰宅してから気を揉む羽目に(汗)。

(((((((;´д`)))))))

暗い夜に庭に出ることは、よっぽどのことがない限りしない。

どうせよく見えないし(こわいし)。

でも、だからこそ気を揉みます。

|||(-_-;)||||||



www8mar2024a.jpg



東京は雪の予報も・・・?

なんじゃそりゃ。

湘南はそこまで冷えるとは思いませんけど、でも。

雪も霜もないだろうと思う反面、冷たいにびびる。

を待つ可愛い子たちに何をしてくれるの。

あぐぐ。



www8mar2024b.png






●例のアレ

野鳥がうちの冬のたちを食べ荒らす問題。

きらきらホログラムテープ等で対策して、だいぶ被害は減りました。

いっときはハンギング鉢がぜんぶやられたパンジーも、元気に復活した。

ああよかった、と思ったその矢先。

つい先日またやられました。

今いちばんきれいな寄せ植えのビオラ、がっつり食われました。



DSC_2164m_20240302.jpg



食べられる前の写真がこれ。

(被害に遭ったあとの写真はありません。むごすぎて撮れない。)

こんなに華やかに咲いてたのに、おのれ鳥めが。

黄色の子と青っぽい紫の子、ほとんどやられました。

残酷すぎる。

もうね、泣く。

(ρ_;)。。。



DSC_2169m_20240302.jpg



不思議なことに、オレンジ色と紫の子は被害すくなめ。

(無傷ではない。)

色によって鳥の好みがあるんでしょうかね???

知らんけど。

つか知りたくもねえよ。

( ;∀;)



この子たちももちろん、防御はしてたつもりでした。

ひらひらする銀色のテープを近くに置いてた。

というか、この鉢のすぐ脇に。

それでもやられたのは、もしかするとお天気のせいかも。

どんより曇り空、が降りそうな日でした。

日差しがないと、ホログラムテープは(あんまり)キラキラ光らない。

ろくに風がなければ、そよそよと風になびいて不規則に揺れたりもしない。

だから鳥が近づけたのか、も、しれない。

ちくしょー。

本当に悔しい。



他に方法はないのかなあ。

鳥が食べたくなくなるような薬剤とか?

とはいうものの、べつにどくさつしたいわけではない。

「ゲッマズイ!食べるのやめよう!」

そう思ってくれる程度でいいんだけど。

(^~^;)

ぜんぶ鳥よけネットをかぶせる・・・は、現実的ではない。

うちが農家ならやるけど、フツーの住宅の庭だしねえ。

(^~^;)

「鳥のえさ場を別につくれば?」 

いわれたこともあるが、冗談じゃない。

鳥のえさ台なんかつくったら、余計に鳥が集まるじゃないか。

しかもお呼びではない大型の野鳥もやってくる、らしいよ。

とんびとかからすとか・・・?

考えるだけでも怖気がします。

無理。






●衝動買い

やっちまったよ、シルクロード

超人気の薔薇の新品種です、シルクロード。

たぶんロサオリエンティス・プログレッシオの新種でいちばん?売れてる。

とにかく美しくて香りがよく、めっちゃ病気につよく、から秋までよく咲く。

ほぼ無農薬で行けるぐらい強い。

―――と評判で、どこのお店でも苗があっという間に売り切れる。

ロサオリの本店ですら、秒で完売した。

それなのにどうして、たな卸しセールで出てくるんだ(笑)。

つられて買っちゃうほうもアレだけど、でもねえ。

なんか雰囲気に乗せられてしまった感がありますね。

今!ここで!買っておかないと!

・・・的な。

(^~^;)

勢いで買っちゃう、まさに衝動買いです。

その一方で、どこかで出会ったらその場で買おう!

なんて思ってたから、計画的でもある(といえばある)。

うにょ。

になったら新苗で買おう、とも考えてたんだけどな。

大苗の魅力に負けてしまった。

薔薇のプロが、しかもその品種を実際に生み出した人が一年間ちゃんと育てた苗。

・・・って、やっぱり欲しくなるよね。

うは。



では、またね。。。



【07/03/2024 23:59】 ガーデニング | CM (-)

そろそろ、そわそわ 2

●先日

スーパーに出かけたときの自転車ルート。

子どものころから通い慣れたご近所の道です。

住宅街をうねうね。

でも、通勤路ではない。

なので、ひと月ぶりぐらい?に通ったわけです、が。



DSC_2213m_20240305.jpg



びっくりした(笑)。

いや、虚を突かれたという感じでしょうか。

が咲いてる! 

ヾ(*´∀`*)ノ

それも、どう見ても満開です。

わお。



DSC_2223m_20240305.jpg



もちろん、そこにがあるのは知ってるのです。

(^~^;)

道すがらの植栽。

どこの家になにがあって、どこの庭で何が咲くのか。

めぼしいものはとっくに覚えちゃってる、そりゃね。

毎年のように撮影に行きますからね(笑)。

あの庭には木瓜があって、こっちの家にはのうぜんかずら。

夏になればすごいタチアオイが咲くのはここ、みたいな。

―――たいてい、そういうのは把握してるわけです。

それでも、なんか驚いちゃった。



DSC_2234m_20240305.jpg



だって、もうこんなに満開なんだもの。

すごい存在感です。

え・・・?

まだ三月になったばっかりだよね???

(((((((;´д`)))))))



DSC_2227m_20240305.jpg



河津と、たぶん寒

そうそうそうでした。

このおうちの見事なさくらは、いつも一番に咲く。

知ってるはずなのに、におどろく。

(^~^;)

すごい。

まぶしかったです。



DSC_2248m_20240305.jpg



このもたぶん毎年、見に行ってるはず。

マメザクラ・・・いや、オカメザクラでしょうか。

そんなに大きな木じゃないんだけど、めちゃくちゃかわいい。



DSC_2241m_20240305.jpg



濃いピンク色、うつむき加減の弁。

うっとり。

(//∇//)



DSC_2250m_20240305.jpg



最後のこれが、たぶんこの日のベストショット。

を撮影していると、われを忘れます。

用事も時間の感覚も忘れます。

わはは。

( ;∀;)

周囲への注意が散漫になって、交通量が多い道では危険。

うぐ。



考えてみたら、昨年はろくに桜を見なかった。

―――ような気がするけど、忘れた。

(^~^;)

今年はもうちょっと真面目に見をしたいな。

どっか行きたいなあ。

では、またね。。。


【06/03/2024 23:31】 写真☆カメラ | CM (-)

そろそろ、そわそわ

●TBのお題から

「特別な日に食べる料理といえば?」

料理?

なにか実際につくるってこと?

なんだろう、わからないや。

手づくりとか関係なく、注文するものでもいい?

なら、お寿司。

断然にお寿司です。

(^~^;)

平凡だわね。



その特別な日がもし自分の誕生日なら、さて。

やっぱり鶏のから揚げかな(笑)。

(((((((;´д`)))))))

子どものころから変わらない、不動のナンバーワン。

うにょ。

やっぱり平凡ですね。






●これには

わかるわかるって、つい思っちゃった。

なぜ20代で人生を決めなきゃいけないの?

うん、わかるよー。

ヾ(´▽`;)ゝ

おばちゃんすでに半世紀も生きてるけど、今でも思うもん。

なんで世の中の多くの人は若い時分から、人生を左右する決断ができるんだろう。

わたしには無理。

今ですらあれこれ迷って立ちすくんでるのに、20年、30年前とか無理ゲー。

いったい何を選べと。

結婚とか出産とか、転職とか移住とか、家を買うとか。

そういう大きな決断ね。

コミット、といってもいい。

無理ですこわいし迷うし自信がないし選べません。

選ぶということは、捨てるということだ。

無理むりむり。

ヾ(´▽`;)ゝ

―――そう思ってるうちに、まあ年齢を重ねちゃったよ。

何もできませんでした。

( ;∀;)






●これは

しょうがないね、そういう時代なんだもん。

―――って感じでしょうか。

セルフレジにスマホ注文「疲れる」の声

個人的に、セルフレジは好きです(笑)。

コンビニ程度ならささっと、並ばずにあっという間に会計できるから。

でも、たしかに。

昔はぜんぶひとがやってくれてたのに、という残念な気持ちはわかる。

サービスの質が落ちたよね、という感覚もわからなくもない。

でも、しょうがないよね。

人手不足じゃない業界はないし、今後も働き手は減り続ける。

かりに人件費をケチらない企業があっても、それでも労働者は不足する。

というかすでに足りない。

少子超高齢化で、働き手不足はますます顕著になるでしょう。

そういう衰退ジャパン。

そういう時代に生きてる以上、アジャストするしかないよねえ。

ないものを嘆くのではなく、あるものを活用する。

失われたものを数えるのではなく、今そこに提供されているものを楽しむ。

新しいものを楽しむ。

(なるべく)そういう年寄りでいたいなとは思います。

(^~^;)

でも、ね。

ネットの活用もAI技術の導入もいいんだけど、ひとつだけ。

テクノロジーで人手不足を補おうというときに、大事なこと。

それは子どもとか、高齢者とか、障害者とか。

そういう人たちのことも忘れないでね、という点です。

たとえば身体の自由がきかない人とか、目が見えない人とか。

そういう人たちにとって、スーパーのセルフレジは使いやすい?

けっこう難しいかもしれないよね。

そういう人のことも考えてほしいなと思います。

たとえばレストランでの、スマホ注文。

誰もがスマホを持ってるわけじゃないし、持ってないのは悪いことじゃないよね。

あるいはタブレットに慣れてない、感覚的な操作ができない人もいるよね。

マイノリティかもしれないけど、そうやってこぼれ落ちる人はいる。

今の時代そのぐらいできて当然。

―――まあそうなんだけど、100%じゃないよね。

少数派でも、彼らもお客さまだしそのサービスを必要としてる。

そういう人を排除しないテクノロジーであってほしい。

なんらかの形でアナログな世界も残っていてほしい。

なんてね、思います。

(^~^;)






●さくら・・・

そろそろ、そわそわです。

桜のつぼみはゆっくり生長中 「先が黄色」のつぼみが増加

今年は花見に出かける予定なのです。

いつ咲くかは大問題(汗)。

ホテルも交通機関も予約しちゃったけど、さて。

どうなるかねえ。

(^~^;)



では、またね。。。


【05/03/2024 23:29】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)

衝動買い

●日曜日は

自転車で買い物に行った。

夕食に刺身を買おうと思って。

(実際に買ったし食べた。おいしかったよん。)

でもどういうわけか、うっかり買ってしまった。

だってそこにあるんだもん。

(^~^;)



DSC_2269m_20240303.jpg



はい、デイジーです。

どう見てもかわいいかわいいポンポン咲きのデイジーです。

いつものスーパーの入り口に、あったのね。

切りコーナーがあるのは知ってたけど、苗もあったっけ・・・?

なんか他にもいくつか、ポット苗があったぞ。

ちょっとお高めのローダンセマムなんかもあったぞ。

今まで気づかなかっただけなのか。

「うむむ・・・」

(^~^;)

たしかに可愛いが、正直あまり好みではない(気がする)。

一年草で夏には枯れるとなると、あと数か月しかない。

うにょ。

・・・なんて脳内で葛藤する。

手に取ってみると、大きめ3.5センチポット苗。

しっかりしたいい株で、育ちすぎてパンパンなのがわかる。

手に触れる感触だけで、わかるよね。

がっちり、ぎゅっと。

「うう・・・」

クソかわいいピンク色だし。

おばちゃんの好みじゃねえぞ。

つか、わたしは刺身を買いに来たんだけど。

(^~^;)

最終的には、ひとつ150円に負けました(笑)。

安いは正義、でも正常な判断心を失う。

あはは。






●帰宅して

すぐにポット苗を解体した。



DSC_2270m_20240303.jpg



うーん。

やっぱりかわいいじゃねえか。

(*´∀`*)



DSC_2274m_20240303.jpg



思ったとおり、根っこパンパン。

土がほぼない。

充実した株というレベルを超えている。

これじゃ窮屈でしんどいでしょう。

種をいくつも、ひとつのポットにまいたのかもしれないね。

黄色くなった葉っぱをとる。

混みあいすぎて株もとに光が当たらないので、ちょっと葉っぱをすく。

肩の土を落とす。

根っこは・・・ほぼ、ほぐせない。

ぎゅうぎゅうすぎるよ。



DSC_2276m_20240303.jpg



そもそもあまり土がなかったけど、それでも表土を落とす。

ハンギング用の鉢に植え替える。

培養土を足す。

いつもどおりのオルトランとマグァンプK入り。

―――あれ、よく考えたらおかしいかな?

一年かけてゆっくりと効くタイプの肥料って、一年草に正しい選択なのか?

もっとすぐに効くものが必要なのでは?

(^~^;)

そう考えて、液肥(ハイポネックス原液をうすめる)をあげました。

たぶんそのほうがいいんだと思う。



DSC_2281m_20240303.jpg



フェンスにセッティング。

ちくしょー超かわいい。

なんだこのベビーピンクちゃん。

ヾ(´▽`;)ゝ

パンビオの一族のとなりに並べると、よけいに可愛い。

うちのパンジーにこれ系の色はないもんなあ。

(´艸`*)

実際に苗をリアルで見てさわって選んで買ったの、実ははじめて(笑)。

今までぜんぶネット通販だったから。

園芸専門店というものに、いつか行ってみたいなあ。

そんな気がしてきました。



では、またね。。。


【04/03/2024 22:22】 ガーデニング | CM (-)

アストリットなんとか

●これ

本当に気持ち悪い。

追跡!日本のメディア名乗る不審なサイト

インターネットで世の中が変わって、さて良くなったのか悪くなったのか。

(((((((;´д`)))))))






薔薇のお手入れ

備忘録的に。

鉢増し、植え替え、用土替え、剪定おわり。

ピエール・ドゥ・ロンサール。
ブラスバンド。
クイーン・エリザベス。

そしてここに、アストリット・グレーフィン・フォン・ハルデンベルク。

・・・が、加わります。

ホント長い名前だなあ。

(^~^;)

鉢増しなし、用土替えなし、でも表土の掃除と入れ替え(土増し)済み。

ポンポネッラ。
ノヴァーリス。
カミーユ。
新入りのセプタード・アイル。

この週末はすべての薔薇たちに、3月のIB肥料をあげた。

冬の間は肥料をあげてない(寒肥以外)ので、久々です。

それと薬剤散布も、ぜんぶの子たちに。

うどんこ病、黒星病、あぶらむし対策ですね。

それとピエール・ドゥ・ロンサールは、ゾウムシ被害の可能性あり。

嫌すぎるが、対策を講じねば。



さて、例の黒赤のバラ(予定)。

咲いてくれれば、非常にあやしく美しいはず。

アストリット・グレーフィン・フォン・ハルデンベルクさん、です。



DSC_2121m_20240302.jpg



この子だけ、ご覧のとおり新芽がほとんど動いてない。

晩生なタイプなのかもしれないけど、それにしてもなあ。

枝の育成が悪いようには見えないけど、ちょっと・・・古株みたい。

他の子とおなじ2年目の株のはずですが、訳あり商品だったからなあ。

なんか問題がある、可能性もある、かもしれない。



DSC_2123m_20240302.jpg



汚れやすい表面の土をきれいにするために、ミニ熊手で掻く。

他の株とおなじように。

でも・・・ええ?

ほんの1センチも表土を削ってないのに、なんだこの根っこ。

根っこパンパン。

(^~^;)

自慢じゃないけど、というか自慢にもならないけど。

うちにいる子でがっつり根っこの張った薔薇なんぞ、見たことないぞ。

(おいおい。)



DSC_2125m_20240302.jpg



先のこの時期、薔薇の根っこはデリケートだといいます。

一年でいちばん根っこをいじる(植え替えとか)のがご法度、らしい。

でも、根っこ変だし。

この子はまだ半分ねむってるみたいなので、鉢から出してみた。

根っこががっつりぎゅんぎゅん張っていて、鉢から抜くのに10分かかった。

(((((((;´д`)))))))

それがこれです。

根っこがすごいことに。

(((((((;´д`)))))))

「根づまりか・・・!」

素人が見てもわかるぐらい、根っこがつまって窮屈そう。

いやたぶん、健全な根なんです。

元気なんだと思います。

ただ根張りの勢いで、土を押し出しちゃうんでしょうかね。

用土がもうほとんど残ってない、そんなふうに見える。

こんなん初めて見たよー。

( ;∀;)

これじゃ成長したくてもできないでしょう。

鉢にゆとりがないし、栄養が取れないもん。

まして、狭い鉢にぎゅうぎゅう詰め。

だから新芽が出ないのかもしれない。



DSC_2144m_20240302.jpg



3月は薔薇の植え替えをするな・・・?

知らないよ。

この子を放置してもいいことないでしょう。

緊急を要する事態です。

そういうわけで、8号スリット鉢(ロング)に植え替えました。

ほぼ黒にしか見えないけど、鉢は実は紺色です。

びっくり(笑)。

根鉢はほとんどいじっていません(こわいから)。

肩を崩したりはしたけど。

元気のないシュート(枝)をさらにカット。

サラサラ系のばらの培養土をたっぷり補給。

これで栄養分を補って、安心して根を(芽も)伸ばしてほしい。



DSC_2651mmm_20240302.jpg



なお、植え替えを期に枝の角度を変えました。

ご覧のとおり(↑昨年↑の写真)、この子はメインの枝がひどく斜めに張り出していた。

サスマタかよ、みたいな見た目でしょう?

かっこ悪い。

それだけじゃなくて、実際に道をふさいで邪魔でした。

服にからまって鉢が転倒することも何度か(汗)。



DSC_2152m_20240302.jpg



こんなふうに、ちょっとサスマタ(笑)の角度を引き上げました。

上向きにしたら、急にふつうのおとなしい苗に見える(笑)。



DSC_2190m_20240303.jpg



これで元気がよくなってくれるといいな。






●昨日の挿し木

今日は一日たっぷり日を浴びました。



DSC_2179m_20240303.jpg



お菓子が入ってたプラケースで底面給水(笑)。

大きめのお弁当のプラのふたなんかも、けっこう役に立ちます。

(´艸`*)

あ、最後に。

質問をいただいたので、以下にその回答を。

ふだんわたしが見てる(参考にしてることの多い)動画チャンネルです。

☆バラ塾 バラの家公式
☆カーメン君 ガーデンチャンネル
☆ガーデンちゃんねる 松尾園芸

上記はどれも超有名なので、ガーデニング好きなら知ってるかと。

それ以外には、篠宮バラ園のコワモテおじさん。

ぶすっと無表情でユーチューバーとしてはどうかと思うけど、いいこというんだー。

今のことばでいうクセツヨ。

でも教科書的なアドバイスとはちがうことをいってくれて、正直ためになる。

やまかなふぁーむのきれいなお姉さん、あたりかなあ。

みなさんそれぞれ専門家ですが、それでもときに意見は食い違う。

どうすればいいのか迷うときもあるけど、でも。

最後に決めるのは自分ですよね。



では、またね。。。


【03/03/2024 23:59】 ガーデニング | CM (-)

晴れていれば

●ちょっと寒くても

日が差していれば、庭にいます。

へっぽこガーデナー、週末オンリー。

午前中3時間、午後は2時間ぐらい・・・?

(^~^;)

やるべきことはいっぱいある。

いくら時間があっても足りない。

―――んですけど、でもね、あはは。

もともとぐうたらいい加減な性分なので、のんびりです。

ぼけーっとしてる時間がいちばん長い。

ただのんびりぼーっと、を眺めていたり。

あれをしようか、これをしようかと脳内で考えたり。

(考えるだけで実現するとは限らない。)

感覚的には、なんというか、虫干し・・・?

室内にこもりがちな自分を、お日さまに当ててる感じ。

ヾ(´▽`;)ゝ

粉は別として、外気は気持ちがいいものね。

無条件で、きもちがいい。

無になるというか、考えなくていいというか。

そのうえがうまく咲くなら、よけいに気持ちがいい。

そんな感覚です。






●これは

マウントオービスクというポットマム。

ピンク色のおしゃれな菊です(本来は)。

に買ったものの、うまく育てられなかった。

分枝していっぱい咲くはずが、しょぼしょぼ2輪、3輪。

咲いたかどうかもわからないうちに、枯れてしまった(汗)。

何が悪かったんだー。

( ;∀;)



DSC_2071m_20240302.jpg



だから、ほとんど写真もない。

こんな柱の陰に置かれて、何か月も放置されてました。

ごめんね。

( ;∀;)

粗末に扱っていたのですが、あれ。

よくよく見ると、枯れ果てたと思っていたのに緑の葉っぱが出てる。

おお。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

たくましい。

なんのことはない、多年草だったのです。

枯れて地上部が消えても、になると新芽が出るんだね。



DSC_2161m_20240302.jpg



そんなわけで、マウントオービスク復活です。

枯れ葉と枯れ枝を取り払い、新芽をちょっと整理。

きれいな培養土で、スリット鉢に植え替え。

もちろんオルトランとマグァンプKを混ぜ込んで。

(*´∀`*)

咲くのはなので、ちょっと先だけどね。

ちゃんと肥料をあげるから、今年こそたくさん咲いてほしい。






●そして

こちらはたぶん、たぶんダメだと思う。

マジでダメもと。



DSC_2076m_20240302.jpg



それでも試してみた、うちの謎つるバラの挿し木です。

1月でしたっけ、冬剪定。

ついにこの古木(推定50歳以上)の枝を、おそるおそる整理したとき。

切った枝がもったいなくて、もったいなくて。

元気そうな(気がする)枝を何本か、とっておいた。

というか、メネデール入りの水につけておいた。

出窓のカーテンの外側で、ガラス越しの日差しがあたる場所で。



DSC_2081m_20240302.jpg



そしたらこんなふうに、新芽が出始めたの。

ヽ(*´∀`*)ノ

ごく小さな、かわいい新芽がいっぱい。

ヽ(*´∀`*)ノ

すごくない・・・?

バラの水栽培、真冬にできるとは思わなかった。

古いふるーい薔薇の生命力。

1か月あまり水だけで育つなら、もしかしたら。

もしかしたら挿し木もいけるんじゃないか・・・?



DSC_2101m_20240302.jpg



そんなわけで、挿し木用の用土に植えてみました。

もっとも、わが家にルートンはない。

※発根促進剤です。

無理ゲーかもしれないけど、とりあえず試してみよう。

(一般的には、薔薇の挿し木が成功しやすいのは初夏あたりです。高温多湿の時期。)

葉っぱの量を変えてみたり、枝の長さを変えてみたり。

なにしろ薔薇の挿し木なんて難易度の高いこと、初めてです。

万が一でも、育ったらうれしい。

ダメなら悲しいけど、時期を変えてまたやってみよう。



DSC_2155m_20240302.jpg



当面は、晴れたら昼間は外に出して日光に当てる。

絶対に水切れはさせない。

あとで底面給水にしちゃおうかな。

夜はまだ冷えるので室内に取り込む、そんな感じにします。



昨年ポーチュラカやトレニアはたしかに、挿し芽でエンドレスに増えた。

簡単に増えた。

でも彼らは「栄養系」といって、そういう植物なのです。

タネをつくらず、クローンで増える系。

バラとはわけがちがいます。

(^~^;)

さて、どうなるかなあ。






●これは

まだ冷えるのに、元気に咲き始めたネモフィラ。

本来はなんですけどね。



DSC_2109m_20240302.jpg



あこがれの?青い系です(笑)。

ポンポン咲いて、わりとかわいい。

本当は地植えにしたかったのですが、勇気が出なくてプランターに。

(^~^;)



DSC_2055m_20240302.jpg



DSC_2056m_20240302.jpg



年末に植えた球根たちは、こんな感じ。

チューリップとつりがね草。

無事に見られますように。



DSC_2069m_20240302.jpg



エキナセアが3株、なんですけど。

ひとつはなんか枯れた気がします(汗)。

成長するとぐんぐん大きくなるから大きめの鉢にって、書いてあったのよ。

ひと株で7号鉢、とかさ。

それを見越して植えつけたつもりだけど、ダメっぽいね。

水はほとんどやってない。

でも外に置きっぱなしなので、長雨にやられた・・・かなあ。

(^~^;)

不織布プランター、今のところ使用感イマイチです。

使いかた間違ってるんだろうか。



DSC_2050m_20240302.jpg



遅い水仙ですが、つぼみが見え始めました。

年を経るごとに数が減ってる。

球根の掘り上げと株分け、やったことないからなあ。

ヾ(´▽`;)ゝ

今年は挑戦してみようと思いますが、不安です。

放置するとそのうちぜんぜん咲かなくなるらしい、ので。



では、またね。。。



【02/03/2024 23:56】 ガーデニング | CM (-)

三月かあ・・・

●早いですね

ホントにもう。

(^~^;)

コロナから復帰し、ひさしぶりに出社しました。

体力、ちょっと落ちてるかも。

でもふつうに外出できるのはうれしいな。

日常だあ、って感じ。



さて、もう三月です。

お花の季節です。

花粉さえ飛んでなければ、最高にいい季節だよね。

うぐ。

でも、今日はもう寝よう。

疲れちゃった。

では、またね。。。


【01/03/2024 23:29】 雑談☆日々のあれこれ | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。