ゆすらうめの・・・

●つぼみカウント

やめました(笑)。

(^~^;)

薔薇のつぼみが増えすぎて、もはや数えられない。

・・・まあ、がんばれば数えられなくはないけど・・・(汗)。

意味がないような気がして。

いちいち覚えてるのが大変というか、メモを取るほどでもないし。

何度か動画撮影をメモ代わりにしてたけど、めんどくさくなりました。

(ボイスレコーダーの代わり的な。)

でも、もういいよ。

無事に咲いてくれればいい。

薬剤の散布はやるけど、それも気になる部分のみ。

気温がぐんぐん上がってるから、開もそろそろでしょう。

急激な気温の変化と、長時間の日差し。

当然といえば当然ですが、このところ水やりの頻度は増えました。

だって、乾くスピードが速い。

今までとはくらべものにならないぐらい、用土が乾きます。

気温の上昇+成長ゆえ、ですね。

薔薇だけじゃなくて、他の鉢もね。

毎朝、庭をチェックするのがたのしい。

たのしくてたまりませんが、同時に怖くもあります。

なんでしょうね。

虫とか病気とか、見つけちゃうんじゃないかという不安。

実際もうアゲハチョウが来てるしなあ。

(早いよね?)

ヾ(´▽`;)ゝ






●さて、

うちの庭の深部?には、すんごく和風のエリアがあります。

こちらも祖父レガシー。



DSC_4954mm_20240416.jpg



沈丁、金木犀、山茶、紫陽、つつじ。

山野草のヒトリシズカとか、ダイモンジソウなんかも。

荒れ放題で誰もなにもしてないのに、毎年ちゃんとが咲く。

すごいなあと感心します。



DSC_4946mm_20240416.jpg



そしてこの時期、あざやかなサツキが咲く。

この色をどう表現すればいいのか。

鮮烈というか、目に痛いほどの鮮やかな輝き。

まぶしい。

毎年のことですが圧倒されます。



DSC_4952mm_20240416.jpg



DSC_4953mm_20240416.jpg






●ああ、

そういえば。

ものすごく残念なことに、老木ゆすらうめは枯れてしまったみたい。

今年はが咲きません。

( ;∀;)

悲しい。

( ;∀;)

もともとボロボロの古木で、いついってもおかしくなかった。

ひどく傾いてよじれていて、しんどそうだった。

しょうがない。

・・・とは思うけど、でもなあ。

去年の夏、伸びすぎたキミガヨランを業者さんに伐根してもらったのね。

※定期的に来てくれる植木屋さん。

ゆすらうめに近接してたので、注意してね、とはいった。

いったけど、でもダメだった。

思ったよりキミガヨランの根が張っていて、ゆすらうめに干渉してたんでしょうね。

(想像ですけど、若くて元気な樹木だったら、生きてたかもね。)

|||(-_-;)||||||

その後ずっと養生してて、夏も秋も初冬までずっと。

ゆすらうめの葉っぱはついていたんですよ。

そこまでは生きてたのになあ。



きびしい夏を生き延びたから、もう大丈夫だと思ってた。

でも冬に落葉して、に芽吹くことはなかった。

残念。

すごく残念です。

どっちにしても寿命だったよな、とは思う。

そう思うしかない。



あと一年はやく、わたしが園芸に目覚めていたら。

うちの庭にもうちょっと興味を向けていたら。

もしかして、老木ゆすらうめを救う道があったのかなあ。

―――くよくよ考えちゃいますけど、でも。

しょうがないね。

(ρ_;)。。。

枯れてしまったものは、もうしょうがない。

諦めるしかない。

あらたにゆすらうめの苗木を買って、二世として育てようかな。

いや、むしろ別の花木のほうがいいかな。

個人的には花海棠がいちばん好きだけど、たとえばとか・・・?

ともみじをセットで植えようかな・・・?



悲しんでも枯れ木は生き返らない。

あたらしい可能性を考えよう、と思います。

では、またね。。。


【17/04/2024 00:33】 ガーデニング | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。