豊後水道での

●深夜の

地震速報。

どこの地域のことであっても嫌なものですが、豊後水道。

そう聞くとなおさら心配になります。

気にならないわけがない。



www17ap2024d.png



大きな地震が来るくるといわれている、あのエリアか。

そう思いますよね、どうしても。

大きな被害がないといいのですが。



www17ap2024a.jpg



どきりとしたのは、その直前。

まったく別の速報を聞いていたからです。

インドネシアの火山の噴火、それもかなり大きい。

外国だから関係がない、とはもちろんいえません。

地殻変動とかプレートの沈下とか。

そういう話になると国境は無意味ですものね。

個人的に、知り合いがインドネシアに駐在してます。

どうしても気になる。



www17ap2024b.png



www17ap2024c.png



その前には、長野でたて続けに地震があった。

どういうことなの。

非常に活発な地震活動。

全国規模で?

そこに関連性はあるのか、どう関係するのか。

連鎖的に引き起こされる地震がまだ別の場所でありうるのか。

知りたいですよね。



www17ap2024e.jpg



今日の東京は暑かった。

今日も、ですね。

GWの前なのにすでに夏日。

4月のうちに電車内やオフィスに冷房が入っても、何も思わなくなりました。

もはやそれが当然、みたいな。

灼熱の地球。

それと地震、関係ないんでしょうかね???

(((((((;´д`)))))))






●これには

異論がある・・・ような、ないような(汗)。

ヾ(´▽`;)ゝ

https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20240414_0275/

ポイントがいくつか。

ひとつ、もし自分だったらどうするか。

自分がどのぐらい切羽詰まってるかによります、よね。

ごめん。

子どもを優先してあげたいけど(原則)、そうもいかないケースもある(例外)。

おばちゃんになってみてわかる、わりと切迫したトイレ事情。

小さい子と同じぐらい、おばちゃん(つか高齢者)も我慢がきかないのだよ。

生理現象は許してくれ。

( ;∀;)

それと、もひとつ。

何人かが並んでいて自分がその先頭にいたとして、ですよ?

「すみません、子どもが・・・」

と親御さんに頼まれて、さて。

ゆずる余裕があるとして、自分がポジションを譲って・・・それでどうする?

最後尾に並びなおす・・・のか???

そこまでする(義理はないよね)・・・?

(ほんの数人なら、並びなおすかもしれん。)

自分はよくても、後ろの人たちはギリギリ持ちこたえてるかも。

危機的な状況の人もいるはず。

自分の前に入れてあげたら、そんな後ろの人全員の順番を下げてしまう。

できないよね。

たまたま自分が先頭にいたからって、列を代表してるわけじゃないし。

うーん。

( ;∀;)



もうひとつ、気になるのは 「東京を感じた」 です。

どういう意味なんでしょうね、これ(笑)。

非難の意味ではないと思いたいけど、じゃあどういうこと?

はっきりきっぱり断れるのがすごい、とか。

言外の圧に屈せずに自分の意見をいえてすごい、とか。

そういう意味かなあ。

たしかにもれちゃう~って泣いてる子ども(想像)を前にして、

「わたしは譲りません」

は、なかなか(言いたくても)いえるものではない。

仮に自分がヤバイぐらい切羽詰まっていても、いいづらいよなあ。

( ;∀;)

あぐぐ。



他者にやさしい余裕のある大人ではありたいものですが、でも。

おトイレだけは・・・たまに、無理なときもあるかもです。

ごめんよ。

( ;∀;)

では、またね。。。



【18/04/2024 00:53】 気象・自然 | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。