あなたに向かう一本の道

●波乱の幕開け

・・・と、いうべきか?(笑)

Button seals dream Australia win

オーストラリアGP決勝:ブラウンGPがデビュー戦を1―2で飾る

ブラウンGPという、今年デビューしたばかりのチームが1位、2位を独占した劇的な幕開けでした。って、もちろん、新シーズンのスタートしたフォーミュラ1のことです(笑)。

いわずと知れた・・・だと思いますが、ブラウンGPってのは、去年までホンダだったチームです。ブラウンってのは、去年までホンダ・チームを率いていたロス・ブラウン氏の名前、まんまですね(笑)。

昨年9月以降の、未曾有の世界大不況のあおりを受けて、めちゃくちゃお金のかかるモーター・スポーツから撤退を余儀なくされたホンダ。なかなか買い手がつかず、すったもんだの挙句、なんとか開幕に間に合った格好だったんですが、最高のデビュー戦ですね。

こんな幸先のいいスタートはないし、マスコミも今以上に注目するし、これでスポンサー探しも楽になるだろうし、多分いいことづくめです。

勝ったジェンソン・バットンにすれば、気持ち的には、ルイス・ハミルトンくんに一矢を報いた、というところではないかと思います(笑)。あるいは、復活ののろし。というのも、ルイス・ハミルトンくんが登場する何年か前までは、ジェンソンくんこそが、

「彗星のごとく現れたイングランドの新星! 次代のレーシング・スター!」

呼ばわりされ、大変ちやほやされていたから(笑)。

それがどうもキャリアが伸び悩み、いつの間にか注目を浴びることもなく、わりと平凡な(あくまでF1レーサーとしての「平凡さ」ですが)その他大勢になっていたんですよね。で、ルイス・ハミルトンくんがデビューし、イギリス中の期待を一身に背負って、わずか2年でワールド・チャンピオンにのし上がるのを、遠くから見てるしかなかった。

「今に見てろ」

って心境だったろうなあ、と、これはわたしの憶測ですが(笑)。

(成績という意味では、今回やっと2勝目の彼と、二年連続でタイトル争いをしてるハミルトンくんでは、雲泥の差がありますけどね。)

ところで、そのハミルトンくんは3位でした(笑)。

マシンの不調に泣き、本戦を最後尾の20位(トヨタはピットスタートだったけど)から始めざるを得なかったにもかかわらず、相変わらずの強運で4位ゴール(笑)。レース後、今度は3位だったトヨタ(←こっちもすっごい頑張ったわけですが)がペナルティで順位を下げたので、代わりに、ラッキーにも3位に繰り上がったんですね。

今年はダメだといわれながら、しぶとく這い上がってくるなあ・・・という感じです(笑)。

(ちなみにフェラーリ2台は、どちらも途中リタイア。)

あうう、今シーズンも最後まで、冷や冷やさせられるんだろうなあ(苦笑)。


●インタビューは

とってもいいんですが、でもこれ、ポートレートにしちゃ厚化粧では。。。

ひと インタビュー 市川染五郎さん

染五郎は、いい役者です(笑)。いい男、でもありますね~。

「父には追いつきたいけど、いつまでも追いつきたくない」

って、いいなあって思いました(笑)。幸四郎の息子って、どんだけの重圧なんだろう。(もちろん、スゴイ役者を親に持つ人ばっかりの、非常に特殊な世界なんですけどね。)

歌舞伎の世界では、彼ぐらいの年代はまだまだ「ひよっこ」らしいけど、でも、もう30代半ばなのかあ(ちょうど岩城さんと香藤くんの間くらいね、笑)。そりゃもう、花盛りであたりまえですね♪







●お試しください(笑)

某さまに、こんなゲーム?を教えていただきました(笑)。

※リンクをクリックする前に、できれば下記を読んでくださると嬉しいかも。(なお、第三者の提供するフリーソフトですので、自己責任で遊んでくださいね。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/Akinator

面白かったので、リクのとおりブログでご紹介しておきますね(笑)。

ひと言でいうと、一種の「あなたの考えてることをあてましょう」的な推理ゲームです(笑)。まずは、心の中に誰かひとり、人物/キャラクターを思い描きます。「有名人」なら、実在する人でも、漫画のキャラでもオッケーみたい。もちろんわたしは、岩城さんでスタート(笑)。

あとは、「わたしは何でも知っている」と豪語する、このAkinatorといういかにもアヤシゲなおじさんの問いかけに、ひとつひとつ答えていくだけです。答えは、5つの選択肢の中からチョイス。

で、最終的に、正しいキャラの名前が出てくれば嬉しい、ってわけです(笑)。

※日本語バージョンはないみたいなので、英語でトライしてみてください。英文そのものは単純ですが、回答のニュアンスを間違えると、なかなか望む答えにたどり着けないかも。

ちなみにわたしは、何度やっても岩城さんにしかたどり着きません(笑)。

【30/03/2009 18:50】 F1/Lewis Hamilton | Comments (1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/03/31 11:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。