Office Christmas Party (追記あり)

●Night of the Stars

今晩は、オフィスのクリスマス★パーティーです。

・・・ま、日本で言えば忘年会ですね~(笑)。事務所全体では(人数が多すぎて)無理なので、うちの部署のみ、ですが。それでもたぶん、数百名は招待されてるんじゃないかな?

で、会場がハイド・パークのインターコンチネンタル・ホテルです。ドレス・コードは例によって、ブラックタイ。男性ならボウタイにディナージャケット、女性は主にカクテルドレス、ですね。(実際には、黒パンツ+黒いヒールさえあれば、あとはちょっと華やいだブラウスを着ればOKですけど。)

ともあれ、華やかに着飾ったお姉さまがた(笑)で、さぞかし賑わうと思うのですが・・・か、風邪引いちゃったみたいだよ、わたし(爆)。

といっても今のところ、「なんだかイヤな予感がする」程度。一応、パーティーには顔を出す予定です。オフィスの行事なので、簡単にはサボれない、ってのもありますけど(笑)。

なんだか、ついてないかも(笑)。昨年も、その前の年も、実はクリスマス・パーティーは行き損ねてるのに。今年はちゃんと、デジカメの充電もばっちりで、資料漁り(笑)に揚々と出かけるつもりなんですけど・・・。

さて、無事にインターコンチで贅沢な時間を過ごせたら、後ほどまた、ブログに追記に来ますね♪


●クラウディオさま

更新しました。今回は、「短剣がしゃりーん」に尽きるかもしれません。

時代背景や、クラウディオさまの身分を考えれば、どうしても避けられない展開なんですが、まあ、それは。物語の中で、おいおい分かっていただけるのではないか、と信じています。(ホントはこの程度では済まないはずですが、そこはほら、ヘタレ字書きの限界ってことで。)

宮坂くんのファンの方、痛かったらごめんね。わたし、彼がキライなわけじゃないですからね(笑)。・・・まさか、誤解なさる方がいるとは思いませんけど、念のため!






●追記

で、結局、行って参りました(笑)。

さすが、インターコンチだけあって、大人数の席の割にはきめの細かいサービスでした。お食事がちゃんとおいしかったのが、嬉しいですね。(ほら、ボールルームを使った大掛かりなパーティーって、お料理が冷めてたりして、どっか流れ作業的な?手抜きさが見えたり、しますよね。それがなかったのがよかったよ。)

わたしはパーティーの最中、デジカメを振りかざして、いっぱい写真を撮ってました・・・ええ、そう。同僚とのスナップじゃなくて、きれいにセッティングされたテーブルとか、めったに見られないチョコレート・ファウンテンとか(笑)。

※チョコレート・ファウンテン・・・文字通り、チョコの噴水です。下の写真の通りですが(写ってるのはホワイトチョコのほう)、イチゴやドーナツを、流れるあったかいチョコレートにかざして、チョコレート☆コーティングして食べるんだな。ふふ、とってもデカダント・・・(笑)。

何を撮ってるの?

って聞かれるたびに、「あはは~、ちょっとね♪」と、わざとらしくごまかしてました(笑)。ブログに載せるとか、加工して写真素材にするとか・・・ま、説明しても、わかってもらえないでしょうから♪

体調不順を口実に、比較的早く帰宅しました(笑)。12時前に帰れたなんて、なかなか優秀です。・・・そんなわけで、写真をちょっとだけ。会場の雰囲気が、少しでも伝わるでしょうか?

party1

party2

party3


ま、こういう華やかな夜もあります(笑)。
【02/12/2006 10:39】 London Life | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。