爛熟の・・・

●おそらく

お気がつかれたと思いますが。

ブログをちょこちょこ、いじってます(笑)。最近ちょっと、テンプレートをカスタマイズする要領を覚えたので、なんだか止まらないって感じです・・・。

こんなことしてるヒマがあったら、副業の原稿を書かなくちゃいけないんですけど。ちょっとずつテンプレートを修正して、画像を加工して、自分だけのオリジナルにする・・・っていう喜びを、発見しちゃったのが運の尽き(笑)。

生来、細かい性格の上に凝り性なので、やめられません。困ったもんです(笑)。

で、いじるついでに、ピアノを置いてみました。ウィンドウをアクティヴにして、鍵盤をクリックすると、実際に音が出るおもちゃです(笑)。何しろ1オクターブしかないので、大した遊びはできませんが、案外、癒されてます(笑)。

もうひとつ、カウンタを設置しました(笑)。

こちらも、訪問者の人数を調べるっていうより、のほほ~んと可愛いネコちゃんが気に入って、加えてみた感じ。数字によってネコちゃんのポーズが変わるのが、お気に入りです。

あとそれから、素材ですねえ(笑)。今のブログトップ画像は、素材屋さんからお借りしたものを、つなぎ合わせてグラデーションかけて、いろいろいじくったモノですが。自前の写真を加工して壁紙づくり・・・なんてのも、ちょっとやってます(笑)。

手を拡げすぎて、収拾つかない事態になるのがコワイけど。なんだかいつの間にか、そっち方面にもでしゃばりそうです・・・(笑)。







●うわあ

このニュースを見て思ったのは、「どえ~、御歳62歳!!」でした(笑)。誰ってもちろん、麗しの孝夫さまのことです。

http://www.asahi.com/culture/update/1202/001.html

しつこいですが、正式には片岡仁左衛門丈、とお呼びするべき歌舞伎役者。あの特殊な世界ではまだ、ひょっとして若造扱い(笑)されてるかもしれませんが、一般的に言えば、とっくに重鎮です(笑)。ものすご~く人気があるだけでなく、大変な美男子でもあります。

nizaemon2


そんでもって、密かに、ジェイドの岩城さんのプロトタイプだったりします・・・(爆)。ああ孝夫さま、勝手に受けキャラにしちゃってごめんね(爆)。

※ジェイドの岩城さん、と聞いて、ピンと来ない方が万が一いらしたら、当ブログのリンクから、即刻「LoveSymbol」さまに飛んでくださいね。お着物姿の、乙女指数1200%の茶道家・岩城さんに出会えます(笑)。

nizaemon1


いえ、もちろん、イマドキの60代は、ホントに若いですからね~。正々堂々と、思いっきり青春してたりしますし(笑)。だから、孝夫さんが相変わらず、世紀の色男だってのは、別にびっくりするようなことじゃ、ないんですけど(笑)。

そうは言っても、還暦すぎ・・・なんだよなあ。けっこう重たい数字では、あります(笑)。

とにかくすっきりステキな孝夫さんを、うっとり眺めながら。わたしはやっぱり、還暦の岩城さんってのを、ほくほく想像しちゃいます(笑)。そう、爛熟の美人です。にんまり・・・うふふ♪ とんでもなく色っぽくて、かっこよくて、綺麗だろうな~。

「ホントにもう、やんなっちゃう。俺、まさかこの歳になってまで、岩城さんに色目を使う奴らにいらいらドキドキするなんて、思ってもみなかったよ」

案外嬉しそうに、そう言ってため息をつく香藤くんも、55歳。水もしたたる(渋い)いい男です・・・うわあ♪ すっごくすっごく、かっこいいでしょうねえ(笑)。

相変わらずベタ惚れで、傍若無人にいちゃいちゃ☆らぶらぶ。そんな、ますますはた迷惑なご夫婦を、いつか見られるといいな。わたしの最大にして、唯一の野望です♪
【03/12/2006 02:46】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。