オトナの修学旅行も悪くない

●野菜の値段

じわじわ値上がりしてるのが、イヤな感じですね。

レタス、1週間で5割高騰=ジャガイモは上昇一服-農水省調査

ずいぶん天候不順の初夏~盛夏だったので、以前からこうなると言われてはいましたけど、でも実際に目にすると、なんとなく気持ちが沈みます。これから収穫の秋だというのに、ってね、そう思ってしまいますからねえ。。。

ちなみにここ数日、東京では、だいぶ過ごしやすい陽気になりました。

ちょっと湿度が下がって、夕方からの風が涼しくなってくるだけで、日々の疲れ方は全然ちがいますね(笑)。秋がゆっくり、ひたひたと近づいて来ている感じ。

roppongi autumn sky 2009 1

そしてこれは、つい先日の夕方の空。

衝動買いしたリコーの新しいカメラ、CX1で撮影したはじめての画像をアップです(笑)。アスペクト比が1:1(=つまり正方形)の写真を撮りたくて買ったようなものなのですが、バランスがなかなか難しいですね~。

※リコーはわたしが購入した直後、このCX1の後継機となる「CX2」という新製品の発表をしました。あうう、なんとも痛いタイミング・・・!(笑)


●きわめて私的な

ことですが、嬉しいニュースが届きました。

仮称☆洋介くんに、どうやら来年あたり、弟か妹ができるみたいです。あんまりにも嬉しい知らせなので、なんだかひどく盛り上がってしまいました(笑)。

当の本人たちがもうひとり欲しがっていたし、我が両親も(口には出さなくても)心の底から望んでいたし、ワガママいっぱいで甘えん坊の仮称☆洋介くんにとっても、兄弟ができるのは良いことじゃないかと思います。

お母さんをとられる葛藤とか、今後予想される兄弟ゲンカとかも含めて、たぶんとっても大変だろうけど(特に、2歳児の育児をしながらマタニティー生活に入るお母さんにとって)、仮称☆洋介くんにとってもそれが、大きな成長のきっかけになるんだろうなあ。。。

で、偶然なのですが、伏見稲荷で安産のお守りを買ってきたのですよね(笑)。

inari mamori 1

わたしたち的には、隠し部屋にいらっしゃる誰かさん用、のつもりだったんですが、思いがけなく有効な使い道が出来たのかも・・・?


●京都では

もうひとつ、三十三間堂にもお参りしてきました。

正式には、蓮華王院。言うまでもなく、京都観光・修学旅行にははずせないメジャーな「観光地」だと思いますが、実はわたしは、これがおそらく初めての拝観でした。

(小学生のころに両親に連れられて訪れたかもしれないけど、覚えていないので。)

33gendo 1

三十三間堂が有名なのは、ご存知のとおり、なんと1001体の千手観音像があるからです。

サーチエンジンで画像検索をすれば幾らでも、その美しいお姿は出てきますが、もちろん堂内は撮影禁止。そんなわけで、ここではその長~いお堂の外観の写真をアップします(笑)。

お目当ては、美しい観音様の立像の中に、岩城さんを探すこと!

会いたい人のお顔が必ず見つかる、といううたい文句に誘われて、むしむしする昼下がり、目を皿のようにしてじっくり仏像を鑑賞しました。たっぷり時間をかけて、ゆっくり。

いやあ、楽しかったですよ~。

歳をとって良かったなあ、と思えることがこの世にあるとしたら、それはもう、寺社仏閣や仏像をはじめとする歴史や文化財といったものに、本当の意味での興味がわく・・・ってことじゃないかと思います。価値がわかるようになる、なんておこがましいことは言えないけど、少なくとも、正面からそれに対峙して、美しいと思える。楽しいと思える。いろいろと感じ取ることができる。

それだけでも、「オトナの修学旅行」には意味があると思いました。京都は大人になってから行け、と言われる所以なんでしょうね(笑)。

33gendo 2

で、肝心の岩城さんはいたのか?

ええ、いましたとも(笑)。

すうっと優美な眉毛のラインと、切れ長の涼しげな目元。端正な顔立ちといい、ほっそりとしたスタイルの良い立ち姿といい、本当に麗しいお姿でした。

(観音様はどれも美しいのですが、よく見るとホントにすべて顔がちがうし、表情もちがうし、首の傾げ方も、腰のひねり方も少しずつ違うのですよね。体つきにしても、微妙なバランスの差でずいぶんと印象が違うから不思議です。)

孔雀明王に向かって、右手の奥。

もちろん、小鳥さんとわたしの独断と偏見によるチョイスですが、よろしかったら、というか京都を訪れる機会があったら、覗いてみてください。







付記>>

ずらりと並んだ観音様に目を奪われがちですが、このお寺には、国宝の風神、雷神像をはじめ、それはもう息をのむほど素晴らしい、観音二十八部衆の彫像も収められています。魂が宿っているような、そんな尊像ばかりで、見ごたえがありますよ~。


●そうか、

亡くなったのですね。。。

Obama leads tributes to Kennedy

時代の終焉、というのはこういう事を言うんだろうなあ、と思いました。

脳腫瘍だったそうです。77歳というのは、今どきはまだ「若い」部類だと思いますが・・・でも彼の場合は、正直、寿命をまっとうしたこと自体が偉業なのかもしれないな、と思いました。お兄さん3人がみんな、非業の死を遂げていますからね。

穏やかなpassingであったことを祈って。

【27/08/2009 02:17】 旅★たべもの | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。