イルミネーション☆

●日本は

クリスチャンの国でもないのに、やたらクリスマスになると、盛り上がりますよね(笑)。・・・ま、歳末商戦の一環でしょうから、それはそれで、いいんですけど~。

その端的なのが、イルミネーションだと思います。

贅を尽くした・・・というか、「なんだこりゃ?」とびっくりしちゃうくらい、派手なネオンがいっぱい! この時期、ニュースや情報サイトなどでも、イルミネーションの写真が次々と飾られたり、イルミネーションのガイドまで、あったりするようです(笑)。

ヨーロッパのクリスマスのイルミネーションは、もっとず~っと地味(笑)。有名なのは、たとえばパリのシャンゼリゼ大通りの、趣向を凝らしたクリスマス・デコレーションですが。でもそれも、日本の一部で見受けられるモノに比べたら、ずっとシンプルで、オトナっぽいですね。

ロンドンでは、あちこちにあるけど、一般的に知られてるのは、リージェント・ストリートとオックスフォード・ストリートのクリスマス・ライトでしょうか。ここ数年で、ずいぶんデザインに凝るようになりましたが、それでも基本、大人しいもんです(笑)。

regent street

oxford street

近年では、エコ・コンシャス(地球にやさしい)であるかどうかが、かなりポイントになってますので。そういう意味でも、無駄に大量の電気を消耗するデコレーションは、敬遠されるようです。



●ブリュッセルでは

クリスマス・ライトは、こんな感じでした(笑)。

bxl1

bxl2

あ、下の写真は、「ピエール・マルコリーニ」本店です(笑)。なんだか最近、このでっかいビルに移転したそうで・・・そりゃもう、豪華な場所でした。

でも全体的には、イルミネーション、と呼んでいいのかどうかわからないくらい、地味ですよね(笑)。大陸は得てして、こんな感じのところが多いかなあ。


☆ ☆ ☆


ちなみにここ数年ですが、イギリスにも、アメリカの習慣(←だと言われてます)が入ってきました。・・・って、ふつうの個人宅(の外側)を、派手ハデ~なクリスマス・デコレーションで飾るやつです(笑)。

xmas lights

趣味が悪い、って顔をしかめる人も多いですけどね。でもきっと子供は、大喜びするんだろうなあ。村おこしの一環として、どこかの地方自治体レベルでは、「クリスマス・ライト・コンテスト」なんてあったりするらしいです(笑)。

北ヨーロッパの冬は長く、日は極端に短く、毎日いやになるくらい寒いです。雨や雪が多く、お世辞にも、明るい楽しいシーズンではありません。

だからこそ、クリスマスが救いなんだと思います。家族が年に一度集まる、長い休暇。薄暗い街を明るく彩る、イルミネーション。暗くて冷たい、憂鬱な時期なのを忘れて、うきうきとショッピングして、おいしいものをいっぱい準備して・・・。

ね、これって生活の知恵じゃないか、と思ったりします(笑)。長い冬を、落ち込まずに乗り切るための、お楽しみ。そうじゃなくちゃ、やってらんないもん。
【18/12/2006 02:43】 旅★たべもの | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。