怪盗アンデス参上

●声を上げて

大爆笑してしまいました。いや、マジで(笑)。

巷で噂の、漢字変換ミスコンテストのエントリー「作品」です。こんなもの、解説は野暮だと思いますので、ただ読んで笑ってください。ただし、オフィスでこのブログを読んでらっしゃる、そこの貴女(笑)。デスクで突然噴き出しても、わたしのせいじゃありませんからね~。

http://www.kanken.or.jp/henkan/2happyou.html

そういえば、「今年から貝が胃に棲み始めました」ってシュールな挨拶文も、ありましたね、今年(笑)。(ホントはもちろん、「海外」です。)

もちろん、変換ミスは誰にも経験があるはず。おかしくて、うっかり爆笑しちゃうことも、けっこうありますよね(笑)。


☆以下、18禁日記☆


わたしの場合、生来ほもえろ書きなので、愛用PCは、相当おかしいコトバを覚えてます。家族やオフの友人には、とうてい見せられないような麗しい言葉が、ユーザー辞書にどっさり入ってたりします(笑)。って、嬉しそうに言うなよ・・・。

でも、さすがにね~。どきどきすることも、たまには起きます。

高校、って書くつもりで、まず始めに「後孔」「口腔」が出る程度じゃ、今さら驚きません(笑)。左、が「柔襞り」になっても、軽く笑ってごまかすくらいは、余裕よゆう。

でも先日、東京のお茶会の件でメールを打っていたとき。「ANAホテルから、すぐだから」と書こうとして、「後穴火照るから」に変換されたときは、さすがにもう、ど~しようかと思いました(爆)。

・・・そりゃまあ、そういうこともあるだろうけどさ(爆)。

ちなみにね~。

クラウディオさまとの別離を決意したエレナ姫が、きっぱり言い切る「待っているから」の台詞ですが。あれ、変換したときになぜか、いきなり「舞っているから」になっちゃったのは・・・言わないほうがいいんだろうな(爆)。

すっごい深刻なシーンを書いてるのに、わたし、思わず爆笑しておりました(爆)。

・・・だって、そうです(笑)。きれいなドレスを着て舞う男性と言えば、もちろん、川原泉大先生の名作?「月夜のドレス」(コミックス「甲子園の空に笑え!」収録)。苦悩する剣道部の主将☆江藤英景くんです(笑)。

あはは、し、失礼! 岩城さんと江藤くんに、似たところなんてありませんからね~(笑)。






●追悼

http://www.asahi.com/culture/update/1225/018.html

james brown godfather of soul

文字通り、ソウルのゴッドファーザー。神様です。彼の音楽に、声に、リズムに、魂を揺さぶられないほうが難しいくらいの。ご冥福を。
【27/12/2006 04:27】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。