小鳥さんとおデート(笑)

●本日は

昼過ぎに、家を追い出されました(笑)。

・・・っていうか。家事の手伝いもしないで、とっとと遊びに出かけるにあたって、一応(そう、まあ一応はね~♪)申し訳なさそうな態度を、とってみたんですね。姑息、と呼んでやってください(笑)。でも、渡る世間は、それほど甘くはありませんでした。

「何、心にもないこと言ってるの。あんたみたいな図体の大きい娘がその辺をうろうろしてたら、ホントに邪魔でしょうがないから。どっか行っててくれたほうがいいわ」

と、あっさり母上の逆襲に遭いました(爆)。

これが強がりなのか、イヤミなのかはさておき。駅に行くためのバス代170円なり、まで持たされましたからね(爆)。・・・ふん。去年までは、わたしが年の瀬に帰って来るのが、いちばんの楽しみだったくせに~。かわいいかわいい孫ができたら、かわいくない娘なんか、ど~でもいいのか~。

・・・と、アホらしい嫉妬は冗談ですが!

そんなわけで、友人A(人気イラストレーターでモデルみたいな美人)と、友人B(公立中学校教諭)が、丸ビルで遊んでくれました。どちらもわたしのサイトのことは知ってますが、『春抱き』ファンではないので(笑)。ひどく健全な、数時間を過ごしましたとも。


●そもそも

わたしは、「あのさ、午後7時から予定があるんだけど、それまで時間が余ってるんだよね。東京駅にいるから、遊びに来てくれない?」と、あつかましくも自分だけの都合で、友だちを呼びつけるような人間ですからねえ・・・(笑)。よく怒りもせずに、つきあってくださるものだと、毎年感心してます。

・・・ま、紅茶やチョコレートで釣ってるのかも・・・?

と、まあそんなわけで。楽しくおしゃべりしていたのですが、午後6時半あたりで、お友だちが席を立とうとしました。

「あれ、もう帰っちゃうの?」
「・・・だって、次の予定があるんでしょ?」
「うん、そうだけどさ~。せっかくだから、会っていけばいいのに」
「う・・・」
「いいじゃん、ちょっとだけでも?」

これ、マジで言ったつもりなんですけどね(笑)。でも二人とも、時計を気にしてそそくさと、「え、遠慮するよ!」だって。先を争うように、去っていってしまいました・・・うぐぐ。

・・・小鳥さんに会うのって、そんなにオソロシイことなんだろ~か?(笑) 別に噛みつかないし、蹴らないし、近寄っても怪我はしないと思うんだけどなあ。


●お友だちに

逃げられたわたしのところに、着膨れた小鳥さんが渡り鳥よろしく、房総半島某所から飛んできました(笑)。いつもながら、時間にはとにかく正確です(笑)。・・・なんでだろう、スゴイよねえ、これ。仕事納めの後の長旅で、よれよれしてましたけど。

tokyo marunouchi 1

tokyo marunouchi 2

これは、待ち合わせ時間の丸の内中央口付近の様子です。






●そんなわけで

久しぶりに小鳥さんにお会いしました。・・・全然、久しぶりって感じじゃ、ありませんでしたけどね(笑)。そういえば、最初にお会いしてから、ちょうど1年・・・いや、月日の経つのは早いもんです(笑)。

☆おしゃべりの内容はオフレコ(笑)☆

お土産は、わたしの場合あまり芸がないので、やっぱり紅茶とチョコレート。鳥の好物なので、すぐににこにこ、ご機嫌になります(笑)。その他もろもろ。GOLDも(神保町土産?)。

・・・いちばんの萌えギフトは、実はアヤシイ(笑)ラヴェンダー風味の蜂蜜なんですが・・・。これについては、みなさまきっと、そのうち理由が分かっていただけると思います(笑)。

お返しにいただいたものは・・・地味な折りたたみ傘(なぜ?)。やっぱり地味な毛糸のハンドバッグ(なぜ?)。赤いトンボ玉(なぜ?)。その他もろもろ。

・・・いえあの、頂きものをして、文句を言ってはいけませんが。小鳥さんのセンスは、イマイチとりとめがないようです(笑)。偶然目についた変わったかたちのモノを、ランダムに啄ばんで来たんじゃ・・・?


●帰りがけ

ふと、こんな話をしました。

昨年は、小鳥さんと深夜の銀座を歩いていて、某ミ○シンに遭遇したもので(笑)。

「この辺で、モ○モリを見つけたりは、しないよね~」と、小鳥さん。そりゃないだろうねえ、とわたしが笑って答えます。万が一遭遇したら、絶対その場で捕獲するよね、って(笑)。

「うんうん」
「捕まえて、どうするの?」
「だってほら、言ってほしい台詞、いっぱいあるんだよ」
「そ~だよね~」

で、結論ですが(笑)。その辺に落ちてるモリ○リを捕獲して脅して、たとえば「なんだ?今晩は甘えん坊プレイか?」とか、とびっきりのセクシー☆岩城さんヴォイスで、演じてもらうとしましょう(笑)。

「いい・・・何度でも来い・・・」とかさ?(笑)

でも、そんな台詞を耳にしたら。小鳥さんもわたしも確実に、その場で腰砕け! へろへろと悶え転がって、爆死するのは目に見えています(笑)。そしたら○リモリに、簡単に逃げられちゃうって(笑)。

「・・・うん、そうだね・・・」
「せっかく捕まえても、すぐ逃げられちゃうね・・・」
「がっかり・・・」

と、うっかり失望した、アホな岩城さんフリーク二人でした。・・・妄想して落ち込んでる場合じゃないって(爆)。

☆ ☆ ☆

※これは、ほんの冗談ですからね(笑)。誘拐の共謀容疑とかで、警察に密告するのはやめてくださいね~。
【29/12/2006 03:14】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。