われてもすえに 白峯神社

●どうにも

盛り上がらないのよ・・・個人的にですが(笑)。

南アフリカで開催されるワールドカップ。

どうしてなんでしょうね、フットボールはもともと好きだし、イングランドの活躍を大いに期待してもいるんですが、なんだかちょっと投げやり(苦笑)。

あ、そういえば。。。

唯一、まともに反応してしまったのが、何日か前のニュースで紹介されていた白峯神社(白峯神宮)でした。

京都の「サッカー神社」 W杯必勝祈願、桐のボール奉納

あのね、これ、ちょっと不正確なんじゃ・・・?

たしかに白峯神社の境内には、地主神を祀る小社があって、それが「精大明神」(=蹴鞠の精)なんですが、白峯神社といえば、かつて京の都でもっとも恐れられた怨霊、崇徳上皇(すとくじょうこう)をおまつりしている神社なのです。

そっちがメインで、いわばサッカーの神様はサブです。

実際、現代に至るまでその祟りは恐れられ、天皇家は今でも勅使を遣わして丁重におまつりしているんですよ~?

なんてったって、とても天皇の座についた人とは思えないほど、崇徳上皇(崇徳院)の後半生は悲惨です。

たしかに貴族支配の世界から、武士の時代へと移り変わる動乱の時期を生きたとはいえ、保元の乱を起こして敗走し、流罪となって讃岐に流され・・・というだけで、大変なことですよね。

そのうえ、その地で爪や髪の伸びた夜叉のごとき姿になったとか、自分を配流にした後白河法皇を呪詛したとか、ひそかに暗殺されたとか、天狗と化したとか。


sutokuin 1


もちろんどこまで本当のことなのか、今さら議論してもムダですが、崇徳院がわが身の不遇を嘆き、怒りと憎しみにとらわれたまま流刑地で亡くなっている、というのは定説。

白峯神社は、そんな非業の死を遂げた崇徳院の魂を鎮めるために建立された、いわくつきの神社なのです。

ところで。。。

崇徳院と聞いて、どこかで聞いたことがある、と思われた人も多いことでしょう。

それもそのはずで、彼の和歌は百人一首に選ばれているんですね。

「瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ」

読んだまんま、これは恋の激情の歌です。

恋人と引き裂かれても、必ずやいつか(来世かな?)貴女と巡り合う、恋を全うしてみせる・・・というくらいの意味でしょうか。

困ったことにわたしは、崇徳院の怨霊伝説なんてまったく知らない10代の頃から、この歌が百人一首でいちばん好きだったのよね・・・(笑)。

なんてロマンティック、なんて情熱的!

・・・と素直に感動していたんですが、後になって、印象は変わってしまいました(苦笑)。

やんごとなきご身分のお方とは思えないほど、ほとばしる激情をそのまま歌にしてしまえるこの人は、おそらく恋愛だけでなく、全てのことに関してこんなふうに熱い人、つまり激情・激高型だったんだろうなあ、と。

愛情も深いのかもしれないけど、それに比例するように、憎悪の感情も激しい人だったのかもしれないなあ、って。

だからこその怨霊伝説なのだと、わたしは勝手に思っています。

・・・ああ、また話題がそれちゃった(爆)。

ワールドカップの話だったはずなのに・・・ごめんなさい。

アフリカで始めてのサッカーの祭典が、つつがなく無事に、楽しく終わりますように。



●収集がつかなくなりそうなので、

本日は、これで。



●コメントのお礼

Mさま、ありがとうございました・・・!

アウェイ状態のPC環境で、非常にしんどいのは事実ですが、いつまでもそれに甘えてはいられないと、そう思って自らを奮い立たせようと、努力しているところです(苦笑)。

こんなお粗末なわたしですが、これからもどうぞお見捨てにならずに、どうぞ宜しくお願いします!



【11/06/2010 22:07】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。