誘惑の40年熟成

●父の日なので

こんなのを買いました。。。


jura1.jpg


まったく呑めないくせに、ウィスキー(=といえば当然スコッチだと思ってます、あはは)を研究したり買うのが大好きなわたしですが、日本にいると、チョイスはけっこう限定されます。

でも、ネット通販などを丁寧に検索すると、ときどき掘り出し物がありますね(笑)。

今はものすごい円高なので、並行輸入品はかなり安くなってるんですよね・・・恩恵を受けるとすれば、それくらいかなあ。

(もうずっと円高/ポンド安が続いているせいで、イギリスの口座にあるわたしの預貯金はほとんど「塩漬け」状態。含み損がこわいので、とてもじゃないけど日本に持って来られません。とほほ~。)

このウィスキーは、Isle of Jura(ジュラ島)というスコットランドの離島にある唯一の蒸留所でつくられています。世間的には、むしろ島の名前というよりも、お酒の名前として有名かも?

http://www.jurainfo.com/ (ジュラ島の観光情報)

http://www.isleofjura.com/home.aspx (ウィスキー情報)

呑めないわたし(笑)が言ってもなんの説得力もありませんが、この「アイル・オブ・ジュラ」は若い場合(10年ぐらい)、けっこうピート味の強い、スモーキーなウィスキーなんだそうです。クセのある味で、好き嫌いがあるかもね、って感じみたい。

12年でもそんな感じみたいですが、この16年ものクラス(以上)になると、さすがにそういう尖がった味は影をひそめ、芳醇でまろやかな味わいなんだとか。

・・・え、ウィスキーは普通そうだって?(笑)

た、確かにそうですね(苦笑)。

他のブランドだって同じように、熟成させる年数が若いうちは突っ張っていて深みに欠けるけど、長い間のうちにだんだん角がとれて、豊かにまろやかになって・・・って、あれ?

岩城さんについても、同じことが言えるんじゃ・・・?(笑)


jura2.jpg


歳をかさねるとともに、より豊かに、よりかぐわしく、より味わい深く・・・ってことで、これはジュラの40年ものウィスキー。

まさに極上、だそうです(笑)。



●余談ですが

個人的には、日本人のテイストには、こっちのウィスキーがより向いている・・・と思います。

http://www.thebalvenie.com/en/home.php

絶妙にバランスの取れた香りと、ま~るくマイルドな持ち味で人気ですが、12年のダブルウッドなんかでも、最近は量販店でけっこうお安く売ってますね。

・・・いや、だから、呑めないんですけど(笑)。



●裏ブログに

載せたこの写真が、妙に気になって(気に入って)まして(笑)。


tutuji001.jpg


のたうつアオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)にツンツンつつかれて、虐められているようにしか見えないですよね、このツツジ。

なんだか可哀想で、思わず助けてあげなくちゃって気分になります・・・(笑)。

その辺の街路樹のあいだの光景なんですが、それがシュールでねえ(笑)。面白いので、ためしに配色を変えてみたら、もの凄いコトになりました。

うぐぐ、アヤシすぎる・・・!(笑)

(あやしいついでに、別の多肉植物の写真を載せてみました。こっちもおかしな加工をしたせいで、とんでもなくコワい表情ですね。)

ちなみに>>

今回、調べて始めて知ったのですが、「青の」というのは形容詞じゃなくて、「アオノリュウゼツラン」でひとつの名前、固有名詞なんだそうです。

ふつうの?リュウゼツランは、こんな感じ(らしい)>>


ryuzeturan1.jpg


ね、葉っぱに黄色い縁取りがあるのが特徴です。



●最後に

日本人にも「スポーツ遺伝子」 元五輪選手から発見

あ~・・・ないですねえ、わたしには(笑)。

お母さんからの遺伝の影響が強いということなら、なんとなく納得かも。

そしてそれがホントなら、仮称☆洋介くん(3歳半)の並外れた運動能力も納得できます(笑)。

彼のお母さんは学生時代、県代表になってなんども全国大会に行ったという、かなりのキャリアを持った陸上選手。それも、瞬発力&持久力のコンビネーションがものをいう中距離ランナーだったそうです。

「俺に似た!」

と、彼のお父さんは豪語していますが(彼はかつてテニスの日本ランキング選手)、お母さんの身体能力がモノを言うとしたら、全然的はずれなんじゃ・・・(笑)。



●コメントのお礼(びっくり)

パリのX氏、お久しぶりです(父の日だし、黒笑)。

生きているのか死んでるのか・・・って、連絡してないわたしも悪いですね(苦笑)。

また改めてメールしますけど、よかったらいつでも電話ちょうだいね♪



【20/06/2010 22:19】 島流し生活2008~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。