とてもシンプルな、勝ちたいという欲望

●うわ~

※またしてもスポーツネタですみません。

ワールドカップの陰で、妙に地味に今年のウィンブルドンは始まっていました(笑)。

ウィンブルドン驚嘆の粘戦、10時間経っても終わらず

ひえ~・・・!

ちょっと想像できない10時間の熱戦ですが、このあとどちらが勝ったとしても、次の試合にスタミナが残っているのか?

もちろん、これだけの大一番を演じたことは記録に、そして記憶に残るだろうと思いますが、10時間を超える戦いに最終的に負けたほうも、どれだけ悔しいことか。

人間の身体的能力って、本当に驚異ですね。



●勝てば官軍

負ければ賊軍・・・?

うっかり(ちょっと違うだろうと思いつつ)そんな言葉を連想してしまったくらい、イングランドとフランスのふたつの試合は対照的でした。

いや、試合結果、というべきかな。

World Cup 2010: England spirit delights Capello

薄氷を踏むような思いで、なんとかギリギリ逃げ切ったイングランド(FIFA世界ランキング8位)。

World Cup 2010: Nicolas Sarkozy to probe French failure

チーム内紛から悪夢のスパイラルに陥り、まさかの敗退を喫したフランス(ランキング9位)の選手たちは、エコノミークラスで南アを去ったとか。

まとまりのないチーム、監督と主力選手の確執、精彩を欠く試合運び・・・と、ふたつの国は皮肉にも、けっこう似たようなヤバい状況にあったと思います。

でも、最後に差が出たのは・・・なんだろう?

ピューリタン(清教徒)の国だから、かどうかはさておき、イングランドの選手は土壇場で、エゴ丸出しの自己チューなプライドを封印し、滅私奉公をしてみせたんですね。

カッコ悪くても何でもいいから、しがみついてでも勝つ、というプリミティブな執念というか意地というか、そんなクオリティ。イギリス人気質といってもいい、大義名分や建前が、最終的には優先されるんだなあ、と思いました。

伝統的に外敵に対峙して一致団結できる国の、ふだんあんまり見せてくれない凄まじい迫力があった、そんな気がします。

結果、あれほど不和が取り沙汰された監督と選手が、とにもかくにも試合後に握手を交わし、健闘を讃えあって・・・あはは、オトナの対応、できるんじゃないの(笑)。

一方、フランスは。。。

混迷を極めるというか、泥沼化してますよね、こっちは。

監督との確執を抱えた選手の「意地」が悪い方向に働き、どうしようもないエゴの嵐に、チーム全体が呑み込まれてしまった感じ。

ファンの深い失望が見えていないのか、みんなバラバラに自己正当化に走っているみたいで、寂しいというか、もう笑うしかないというか。

「そりゃチームよりも個、理性よりも感情でしょう。ラテンだもん」

・・・なんて意地悪をいう友人もいまして、それって、一理あるかもなあ(苦笑)。

といっても、バッシングしたいわけじゃありません。

言い訳めいてますが、フランスのフットボールが好きなのはホントです。だからこそ、早く立ち直って、あの華麗なプレイを見せてほしいです。

ホント、フランスの伝統が泣くよ・・・(涙)。



●またしても

真夏の選挙ですね。

去年の「政権交代」選挙から、まだたったの一年なのに。

参院選の競争率3・62倍、前回を上回る

個人的には、立候補者の名簿の中に、ちらほらと知人、元同僚の名前を見かけたのが・・・なんとも、ね。

「本気でキャリア転換したんだ、あの人!」

驚きというほどの意外性はないものの、やっぱりちょっと衝撃的かな(笑)。どういう人間だったのか知っているだけに、少しばかり心配というか、複雑な気分です。

で、消費税ね。

突然ある日、いちばんの争点に浮上してきたような気がするんですけど、いきなり10%云々って、いくらなんでも先走りしすぎてはいませんか。

菅首相が、「自民党がそう言ってるし」と口にするたびに、あまりにあからさまな便乗、責任転嫁に目眩がします。

消費税の増税が必須だと真剣に考えているのなら、「去年のマニフェストでは上げないと言いましたが、こういうわけで必要なんです」って、値上げ幅や使途も含めて、堂々と国民に訴えればいいのにね。

(世論調査では、有権者の思いは割れているようです。断固反対できないのは、国家の財政がどのくらい逼迫しているのかわかっている国民が、現実的・・・というか、冷めた諦念を抱えているからだと思いますが。)

①国の赤字をどうするか議論する。

②国の支出を抑える政策を目いっぱい打ち出す。実行する。

③それでも不足してるなら増税する。

・・・という手順を経ずに、一足飛びに「だってお金ないもん、消費税を上げないとしょうがないじゃない」って流れを作り出し、(それでも民主党に投票した)有権者から言質をとるようなやり方は、フェアじゃないよ。

(ハトヤマ政権下ですでに①と②は済んだと思ってるのならば、それは甘いと思います。事業仕分けも議員数の削減もこれからでしょう。)

なんか、すっきりしない選挙になりそう。。。



【24/06/2010 21:25】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。