帰り花 みつけた

●あれから一年・・・

としみじみ思ってしまったのが、NHKで再放送が始まった「坂の上の雲」(第一部)。


http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/


もうすぐ、一年ぶりに第二部がスタートするので、地ならしってところだと思いますが、しかし・・・!

「あれからもう一年!?」

なんか、驚愕しましたよ~(苦笑)。

去年、思いがけずあのドラマを見始め、見たらすっかりその世界に魅せられて、ついつい最後まで欠かさず見てしまった「坂の上の雲」。

いろんな意味で、凄いドラマです。

映画をしのぐほどの圧倒的なスケールで、だけど(たった数時間の)映画では描ききれない人間像をじっくりと、丁寧にあぶり出していて。

およそ、TVドラマの限界を超えたドラマだなあって思ってます。

なにしろお話も、登場人物も、時代背景も非常にややこしいのに、イメージが鮮烈だったせいか、いまだにきっちり覚えてるんですもの(笑)。

記憶をブラッシュアップするための再放送、見る必要がないってくらい(それでも見ちゃったけど)・・・こんなの、本当に珍しいなあ。

「3年かけて放映って・・・!」

と、当初は呆れたんですけど、今はアリだって思ってます。

内容が濃くて考えさせられることが多いので、そのくらいのテンポでちょうどいいよ、って感じ。

また一年、人生の残りの時間が過ぎ去ることにささやかな危機感を覚えつつ(苦笑)、でも年の瀬の、いちばんのお楽しみ・・・かも。

広瀬さん、ノボさんとお別れなのね。

菊之助の明治天皇、いよいよ登場だなあ。

こんなにどきどきしながら放送開始を待ち望むなんて、ホント、テレビ嫌いのわたしにとっては稀有の現象です(笑)。



●写真は・・・

鎌倉ふたたび(笑)。

今度は光則寺とその周辺で撮った、「実」シリーズです(厳密には実じゃない写真もあるけど、笑)。


IMG_0530.jpg


春には海棠の花が咲くことで有名なお寺ですが、このシーズン、訪れる人はほとんどいないようでした。


IMG_0567a.jpg


正直、まるで人の気配もなく、お庭も・・・荒れている、というのは正確じゃないかもしれないけど、放置されている感じ(苦笑)。


IMG_0653a.jpg


あっちこっちに大きなクモの巣がかかっていて、油断すると、頭から突っ込みそうになりました(爆)。


IMG_0581s.jpg


鎌倉のお寺って、京都のお寺とちがってビンボーなんだなあ・・・なんてね、実は、ついつい考えてしまうことはあります。

(「超」がつくほど有名な、鶴岡八幡宮や長谷寺はいいけど、それ以外はけっこう維持費が捻出できずに苦しいんじゃないかなあ・・・って、勝手な推測ですけど。)


IMG_0610a.jpg


で、これは帰り花!

季節を間違えて、晩秋にほんのりと咲いた海棠の花を見つけたときは、「やった!」って感じでした(笑)。

今にも降りそうな曇り空でしたが、それでも(けっこう高い枝にぽつんと咲いていたので)空に向けてカメラを構えると、「逆光」になりますよね。

そのままシャッターを切っても、お花の持っている色は出ない(カメラが自動的に空の明るさに露出を合わせるため、花が暗く写ってしまう)ので、ここは「日中シンクロ」というテクを使います(笑)。

テク・・・ってほどのもんじゃないか(苦笑)。

要するに、昼間だけどフラッシュを強制発光させて、下からお花に光を当てるってことです。

ポイントは、その光の強さを加減する(=調光する)こと。

この写真を撮ったときは、調光なしでフラッシュを焚くと光が強すぎて、海棠の淡いピンク色が吹っ飛んでしまいそうだったので、かなり弱めに調光しました。

※フラッシュの光量を調整できないデジカメ機種もありますが、デジタル一眼レフなら、まず間違いなくできるはずです。

というわけで、日中シンクロ。

めったにフラッシュを使わないわたしが、唯一?フラッシュを頼りにする瞬間だったりします(笑)。

最後の写真は、夕日が主役(笑)。


IMG_0510a.jpg


黄色っぽい斜めの光があたって、なんでもない庭木ですら、美しく輝いて見えました。



●それでは

またね。。。



【20/11/2010 22:42】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。