Down but not out

●わたしだけでなく

周囲にも、この症状が出ている人がいっぱいいます。

地震でもないのに揺れてる…「地震酔い」 リラックスを

被災したわけでもないのに、と思われるかもしれませんが、でも本当。

一日いったい何度、「あれ、揺れてる?」とドキリとし(実際そのとき身体は「グラリ!」を感じている)、あわてて天井や窓の外をチェックして、「ありり?」(=おかしいなあ、地震じゃないらしい)と思うことか。

これだけ毎日のように余震が来ていたら、それも当然かもしれません。

一種の、「予期不安」と呼ばれるもの・・・なのかな、と自分では勝手に思っていますが、要するに地震に対する恐怖、また起こるのではないかという不安が、幻覚のような症状を引き起こしている感じ。

自分ではそう意識してないんですが、神経が常に高ぶっていて、夜もしっかり眠れていない(どこか緊張したままの状態が続いている)のが原因なのかしら。

どうしようもないですものね、こればっかりは。

わたしのような、震源地からはるかに離れた場所にいる人間ですらそうなのだから、本当に被災された方々の心労は如何ばかりかと、あらためて慄然とする次第です。

あの巨大地震から、今日で一週間。

世の中、何もかも変わってしまった・・・そんな気持ちです。



●停電のさなか

花粉症の悪化がひどいので耐えきれずに、医者に行きました。

以前からロンドンから一時帰国中に何度か、風邪をひくたびにお世話になっているお医者さんです。

運悪く、その医院のあるエリアも停電中。

それでもなんとか診てくれた先生に、まずは感謝!

いよっ、色男!(笑)

(よほど切羽詰まっていたのが、一目瞭然だったんだと思いますが。)

「コンピュータが動いてないと清算もできないから」という理由で、とりあえず一銭も払わずに、その場では処方箋だけ頂いてきました。

「まあ、この辺を次に通りかかったときに払ってください」

って、まあ、のどかなお話。

薬局でも状況は同じで、同じくお金も払っていないのに、いっぱいお薬を持たされました。

本当にありがたいことです。。。

計画停電中の診療や処方箋の扱いについて、医療従事者にとっては当然の措置なのかもしれませんし、もしかしたら「患者最優先」という取り決めがあるのかもしれませんが、それにしてもみなさん、とてもいい人ばっかりだなあ。

今日はとにかく寒かったけど、それでも暖かい気持ちになりました。

(あとでお支払いに行ったのは、むろん言うまでもありません。)



●これは

あんまり報道されていないような。

傾く家・使えぬトイレ 首都圏の水辺、液状化のつめ跡

巨大なきのこのオブジェのようにも見える、この奇怪なコンクリート管、飛び出したマンホール・・・巨大地震の爪痕でなかったら、どんなセンスの悪い現代アートかと悪態をついてしまいそう。

親戚がまさに、このエリアに住んでいます。

家が傾き、庭が沈み込んでいるそうで・・・どうすればいいのか、途方に暮れています。

すごく綺麗なマイホームなのに、なんてこと。

東京ディズニーランドなど21日以降も休園 再開は未定

浦安のTDRも、事態はかなり深刻のようですね。

テクニカラーの夢を、キズひとつないきれいなファンタジーを売る場所ですので、不完全な姿をお客さんに見せるわけにいかない、というのは当然だろうと思います。

再開を待ち望んでいる人は多いだろうと思うので、頑張ってほしいですが・・・時間がかかりそうだなあ。

(今はまだ大震災の直後で、日本全体が沈んでいて、とても娯楽を求めるムードではないかもしれませんが、レジャー産業そのものは必要だと思います。立ち直るには、救いも夢も、なくてはならないはずだから。)

それにしても、地震の破壊力。

凄まじさに、今でもおそろしくなります。



【18/03/2011 22:23】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。