雨が・・・

●雨がなんだか

ずいぶん激しく降っています。

おかしいな・・・そろそろあがるはずなのに、けっこう本降りになってる。

被災地は、また気温が下がっているのでしょうか。

花粉が飛ばないので雨の日は歓迎、といいたいところですが、放射能汚染が心配な今日この頃では、そうも言っていられないような・・・?

そうです、福島の原発。

大地震+大津波+停電+基準値を超える放射線の拡散を受けて、炉心や使用済み核燃料を冷やすために、被爆もかえりみず文字通り命がけの仕事をする人たちには、本当に頭が下がりますが、それでもなお、不信感は拭えません。

政府や東電が積極的にうそをついてる、都合の悪い事実を隠蔽している、と思うわけじゃないんだけど、国民がパニックを起こさないようにという配慮?政治的意図?が優先されるあまり、リスクの程度があえて控えめに表現されてるのでは、と思ってしまう。

疑心暗鬼になるのは、もちろん、放射能がこわいからです。

国、住民の被曝予測公表せず 研究者らが批判

毎日、テレビに出ている「専門家」「研究者」の人たち。

いろいろと解説してくれるのはいいけど、この人たちがいわゆる「原発神話」の創造に貢献しているはずなので、イマイチその発言に信憑性を感じない。

彼らひとりとして、「この程度の地震に耐えられれば大丈夫のはず」という想定が見事にはずれたことについて、謝罪も反省もないものねえ。

「ただちに健康への被害はない」

・・・これ、ホント、何回聞いた?

将来的にどこか、被爆の影響が出てくるかもしれないね、って言われてるようにしか思えない(苦笑)。

福島第1原発:農産物出荷停止 風評被害拡大抑える狙い

いちばんの被害者は、避難指示を受けて家を追い出された人たちでしょう。

放射能の恐怖におびえ、着の身着のまま、いつ自宅に戻れるかもわからない。

財産も思い出もほったらかし・・・畑を放り出し、置いてきた牛たちの心配をして涙を流す農家の人たちなど、とても正視できるものではありません。

そのうえ、茨城や栃木などでも、農作物に放射性物質ですって?

一生懸命そだてて来た農家のみなさんの、心痛と憤りはいかばかりでしょう。

まして、首都圏の台所を支える、一大農業エリアなのに・・・!

政府が大丈夫、問題はないと繰り返すたびに、国民の不安は募っていくように思います。

心配で、こわくてあたりまえですもの―――そしてこの心理状態が、風評被害を生むんじゃないかしら。

情報提供のありかたを、見直さなくちゃいけない。

今は本当にそう思います。



●それでは、

また。。。



【21/03/2011 23:42】 島流し生活2008~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。