寒いんだか、暑いんだか

●アイタタタ・・・

GW中、慣れない力仕事をしたので、いまだに筋肉痛です(苦笑)。

脚の後ろ側の筋、そんなところにあったんだってくらい、普段は意識しない筋肉ね。。。

といっても、別にものすごい労働をしたわけじゃなくて、押入れの片づけ程度(古い日本家屋なので、昔ながらのフルサイズの押入れがあるのです、笑)。

大きなスチールのチェストをひとつ、やっと処分しました。

学生時代、わたしが占有してきたスペースなのですが・・・まあ、古い話です。

ン10年もマトモにいじられていない場所なので(最低限の掃除をする程度)、なにをしまい込んでいるのか覚えているわけもなく、我ながらラビリンスに踏み込む冒険者の気分でした(爆)。

※わたしは超がつくほどの、片づけられない女です。

(小鳥さんいわく、整理は好きなくせに捨てられない人、だって。)

まあ、そんなわけで。

掃除機を片手に、ひとつひとつ、過去を手探りで暴いてみました。

※鼻炎アレルギーの人間には、けっこう難儀でした。ホコリ、すごいんだもの(涙)。

・・・いやあ、びっくりしました。

中学生のころ交換日記!とか、テストの束とか、文集とか、教科書とか。

得体のしれないイロイロなお土産、古いバッグ、ピンバッジ、ガラクタとしか呼べないようなものたち。

山ほどの、何が録画されているかもよくわからないビデオテープ。

それから当時の趣味を反映した、手芸グッズの数々ね。

はぎれも、ビーズも、刺繍糸も、毛糸玉も、お人形用の軍手や綿まで・・・(苦笑)。

「なんだ、こりゃ!?」

と自分でも、どうしてこんなに大切にしまってきたのかわからないブツから、

「ああ、なつかしい!」

と、驚くほど鮮やかに記憶がよみがえってくるモノもあって、楽しいというか、辛いというか。

・・・いったい何十年、それらを放置してきたんだって、標準的な(きれい好きな)人には呆れられると思いますが・・・いや、どうぞ存分に呆れてください(苦笑)。

自分でも情けないですが、生来のぐうたらが祟って、親に何度いわれても動かなかったんですよ。

でもまあ、どういうわけか、突然やる気になったのね・・・(苦笑)。

感傷的になりそうなものが多いので、ノートや手紙はあえていっさい広げず、読まずに処分。

書籍を捨てるのには心理的に抵抗がありますが、保存状態がよほどよい場合以外は、やっぱり処分(古本屋さんに持っていけるレベルじゃないので)。

はぎれその他は、厳密にはまだ使えますが、1メートル以上の生地を残して処分。

英語学習用のカセットテープ(いつの話だよ!?)も、きっぱり処分。

たぶん、ふだんから不要なものをきちんと捨てられる人にとってはフツーの、当たり前のことなんだと思いますが、わたしにとってはこれでも画期的!(笑)

大胆に仕分けた結果、それでも捨てられないものがちょっとだけ、残りました。

一部の手紙と、祖母のつくってくれたお人形と、母の手製のお稽古バッグの類。

それから、まだチェックしていないビデオテープですね~。

探している古い録画テープがあるので、それを発見しないことには、廃棄処分できないのです(笑)。

まあ、一歩前進ってことで・・・がんばるぞ~。



●以上のことを

報告しても、あまり周囲には感心してもらえませんけどね(あたりまえ)。

ところでみなさまは、古い手紙、どうしてますか?

世の中がデジタル化するずっと前は、文通・・・というか、引っ越ししていったお友達との手紙のやりとりなど、今よりもずっと頻繁にありましたよね。

海外に行っちゃった友人もいれば、旅行先から絵葉書をくれた家族や知人も多い。

・・・そういうのが大量に、丁寧に分類された状態で発掘されて、すごく困ってます(笑)。

内容をいっさい見ずに、ごっそり捨てちゃいますか?

(燃やすほうがいいのかも?)

全部を保存するのは無理でも、捨てきれずにどこかにしまってありますか?

(たとえば、中学のころ大好きだった男の子からの手紙って・・・捨てられます?)

単に「自分の生活に要るか、要らないか」という基準でいえば、もちろん100%不要ですよね。

もったいない、なつかしいって言ってたらキリがないとも思うんだけど、でもね~。

わたしが優柔不断というか、捨てられない女だから悩むのか?

センチメンタルに過ぎるってだけのこと?

あぐぐ、しばらくは葛藤しそうです・・・(苦笑)。



【10/05/2011 04:41】 島流し生活2008~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。