若葉寒の世界禁煙デー

●TBのお題から

「恋人に求める条件」

マジレスです(笑)。


☆嘘をつかない人

もちろん世の中には、「白い」嘘もあるし、「言わない」という消極的な嘘もあります。

わたしはそういうのを全部、否定するつもりはないので、要するに「嘘をつかない」というのはいわば努力目標なんだろうと思います。

「絶対に、何があっても、どんなときでも」果たされるべき誓約だ、とまでは言いきれないんですね。

でも、それでも、よほどのことがない限り、嘘はつかないでほしいなあ。


☆聞く耳を持つ人

趣味も嗜好も、価値観も、まったく自分と同じような人間なんていないでしょう(笑)。

自分のクローンとつきあいたいわけじゃないので、「同じ価値観」にはあんまりこだわりません。

でも、少なくとも、違う意見に耳を貸す人であってほしいです。

もっというと、(本当の意味での)ディベートができる相手・・・という感じでしょうか。

「へえ、君はそう思うのか。僕はそうじゃなくて、こう考える。なぜかというと・・・」

という、話ができる人ですね。

逆にいうと、自分とはちがう考え方をする人間を頭ごなしに、感情的に否定するようなお相手とは、つきあいができないってことでしょうか。

意見を戦わせることが、その人を侮辱することに繋がると・・・そう考える人は苦手なんです。


☆弱味を見せるという強さ

女性には決して弱味を見せない、へこたれているところを見られたくない・・・という男性っていますよね。

それもひとつの価値観だと思うし、それが「愛する女性を守りたい」という古風な?発想から来るものであるなら、素敵だなあと思うかもしれません(笑)。

でも、わたしはそういう人よりも、弱い部分、ダメな姿、傷ついたプライドを、ときにさらけ出すことのできる人のほうが好みです(笑)。

自分にだけは素顔を見せてくれるんだ・・・と思いたい、ってのもあるけど。

それ以上に、弱さをさらけ出せる人というのは、実は強いというか、本質的に自信がある人なんじゃないかと思うんですよね。

「男だから」こう振る舞わなくちゃ、という既成概念にとらわれない、虚勢を張る必要性を感じない人。

・・・え、ドリーム入ってますか?(笑)


以上、本気にマジレスなんですが、これってさ~。

どっかの誰かさんの生き方まんま、ですよね・・・(爆)。

やれやれ、惹かれるはずです。



●不信任決議案

自民党は張り切ってるし、与党の一部も同調するとかしないとか。

正直、永田町の興奮状態がニュース画面から伝わってくる度に、吐き気がします。

「あのさあ・・・なにやってんの?」

井の中の蛙とは、まあよく言ったものですね。

別にね、菅さんの肩を持つわけじゃないんですよ。

彼にリーダーとしての資質が、それも尋常ならざる危機管理を任された指導者としての自覚も覚悟も、何もかも情けないほど不足してるのは、たぶん世界中がすでに知っています(苦笑)。

哀しいことに、それが現状だけれど、じゃあ誰ならいいっていうの?

思いつかないですよね?

未曾有のピンチを救うべき抑えのエースもいないのに、先発投手を降板させてどうするんだろう?

たぶん、日本人の多くは、菅さんにひどく失望している。

とはいえ、今は非常事態。

よほどのことがない限り、事態の好転が本気で見込めない限り、続投を許すべきでしょう。

(許すというか、我慢せざるを得ないというか。)

だって、永田町のパワー闘争なんぞに、首相や国会がエネルギーを割いていていいはずがない。

やることは山積していますからね。

もしも・・・もしもですよ?

本当の本当に、一部の政治家がいうとおり、「菅さんでは復興は無理」だというのなら、なぜ国民が納得できるように説明をしないんでしょう。

菅下ろしに夢中の人たちは、国会議員同士でひそひそ票のカウントに忙しくて、「なぜ今、この時期に首相を辞めさせようとするのか」を、まともに語ろうとすらしない。

冗談じゃないよ、ホント。

結局この不信任案は、ギリギリのところで否決されると思うけど―――その結果、またしても菅さんの人望の無さが露呈し、さらに

「日本はいったい今、何をやってるんだろう」

と、国内外の大勢の人が首をひねって終わるような。。。



●東電

「あ、すみません、うっかり発表し忘れてました!」

が毎日つづけば、やがて国民は慣れて、過剰に反応しなくなるとでも思ってるのかしら。

地震と津波で、「学習機能」もすべて流されてしまったようですね。

あるいは。。。

もはやボコボコに叩きまくられて、どうにでもなれ、とヤケになってるのか?



●JR北海道

特急電車の脱線と、トンネル内での火災。

人が死んでないのが奇跡のような事故なのに、乗員が乗客の避難誘導を怠ったとか。

・・・非常事態で、マニュアル至上主義?

普通の脳みそを持った人間であれば、当然するだろうと思う行動をしないってのは、恐ろしい話ですね。

おまけに今日になって、情報の訂正もあったりして。

東電が反面教師になっていないのかと思うと、それも驚異です。



【31/05/2011 22:16】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。