今夜は満月

●毎晩

ベッドからぴかぴかのお月さまを見てますが・・・ほら、夜も窓を閉めてないから(笑)。

どうやら今晩は満月のようです。

月はたしかに涼しげですが、実際には、熱い空気が冷めることはないからなあ。


sunnysun01.jpg


イギリスではさ、前にも書いたけど、夜の気温が15度より下がらないようなとき、

「今晩はずっと蒸し暑く、寝苦しい夜になるでしょう」

って、お天気のおじさんが言うんだよね・・・(笑)。

ああ、なんであの国を離れてしまったんでしょう、わたしのバカ。

夏はどうしても、帰りたいモードになります。

あぐぐ~。



●気になる

ノンフィクション本を2冊ほど。

http://book.asahi.com/review/TKY201107120285.html

困ってるひと困ってるひと
(2011/06/16)
大野 更紗

商品詳細を見る



こっちも、根底には同じテーマがあるように思います。

http://book.asahi.com/shinsho/TKY201107110093.html

[だてマスク]依存症 ~無縁社会の入り口に立つ人々~ (扶桑社新書)[だてマスク]依存症 ~無縁社会の入り口に立つ人々~ (扶桑社新書)
(2011/06/01)
菊本 裕三 (聞き上手倶楽部 代表)

商品詳細を見る



国家(というか国益)の呪縛、「イエ」の縛りから逃れ、数世代の同居もなるべく避け、隣り近所とのかかわりの少ない都会へ、集合住宅へ、ミニマムな核家族へ、いっそのこと別居婚、いやむしろ独居へ。

直接の「生々しい」コミュニケーションを避け、電話すらリアルすぎるから、メールやインターネットでゆるく繋がる、薄氷を踏むような希薄な人間関係。

乱暴にいっちゃうと、日本人がここ数十年で歩んできた道というのは、ひたすら「おひとりさま社会」へ向かう一本道だったのか・・・?

一部のマスコミが大騒ぎ?する「無縁社会」というのは、その当然の帰結なのかも?

わずらわしいことを回避しまくり、ひとりでいるのがいちばん(誰も傷つけない、誰にも傷つけられない)安心な状態だというのなら、いざというときのセーフティ・ネットがないのも当然・・・?

ソーシャル・サービスがどれほど発達したとしても、家族の代わりにはなってくれないよねえ。

突き詰めて言えば、お金で愛情は買えない、ってことでもあるから。

・・・なんて、いろいろ、考えてしまいました。



●孝夫ちゃんは

大好きだし、ぽよよん笑顔も可愛いんですが。

仁左衛門「義経千本桜」 21都市で

※この地方巡業も、埼玉まで追っかけして見ます(笑)。

でも、このジャケットとズボンの取り合わせは変。

どう見ても、圧倒的に、ヘン!(笑)

なにか間違えたのか、あわてて上着だけ人から借りたのか(まさか)・・・?

ホンマ、ええ男が台無しやわ(苦笑)。



【15/07/2011 17:58】 島流し生活2008~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。