なんともはや

●なんだか

終日、不機嫌な空でしたねえ。


tenki02.png


最高気温は30度にもいかないくらいだったので、この時期としてはラッキーなんでしょうけど、湿度が高いせいかどうにもベタベタの風(苦笑)。

「不快指数」って、そういえば最近は聞かなくなりましたよね~。

なんでだろう。

その「不快指数」、今日あたりはけっこう高いんじゃないかと思いました。

蝉・・・そういえば、鳴いてますか?

ここら辺では、まだほとんど蝉の声が聞こえてきません。


ここ最近の三種の神器(笑)>>


deowater01.jpg


シーブリーズの似たようなラインもありますが、個人的にはこっちのほうが好みです(笑)。

オレンジの香り、はまってます。


biore01.jpg


同じく、自室にもカバンの中にも、なくてはならないコレ。

ビオレがいちばんメジャーな気がしますが(イチオシはオレンジかシトラス)、たまにマツキヨに寄ると、安いPB商品もついつい買ってしまいますねえ。

(ところで、尾籠な話で恐縮ですが、トシのせいでなにしろ靴や足がにおわなくなって・・・ええ、かつて、ひどく悩んでいたのがウソみたいです。オバチャン万歳!?)


bbcream01.jpg


わたしは汗っかきなので、この時期、お化粧ってしてもムダ。

美醜に関係なく、お洒落のセンスの有無にかかわらず、お化粧したくないんじゃなくて、どんなに頑張っても、お化粧なんてたぶん15分もすれば汗で落ちて・・・しまうもんなあ・・・(涙)。

でも、だからといって、じゃあ諦めて何もしないのか?

ってねえ、そんな度胸?もあるわけないので、苦しまぎれのコレ。

うっすら化粧をしたような効果のあるBBクリーム、いろんなメーカーの製品を試してみたのですが、わたしにはこれがいちばんフィットするようです。

(冬用の茶色いパッケージのも、けっこう気に入ってます。)

まあ、ないよりはマシというか、信ずるものは救われる・・・ってノリ(笑)。

化粧水と乳液のあとに、ニベアの日焼け止め(ウォータージェル)を塗って、それからコレです。

ややテカるので、パウダーか紙おしろいで押さえたりしますが・・・まあ、その効果も、ほんの一時しのぎにすぎませんけどね(苦笑)。

いやもう、気休め、気休め。

「えっ、ましゅまさんって、お化粧してたの?」

って思ったそこのアナタ!(笑)

一応ね、人並みの・・・身だしなみというか、気づかいをしようという努力はしてるんです(爆)。

それが不発に終わってるのは、まったく不徳の致すところ。

・・・です。

うぐぐ~。



●電車を

埋めた次の日には、掘り出したんですって?

埋めた運転席掘り返し 脱線車両、一転調査 隠滅批判で

ここ掘れわんわん!

・・・ってか(爆)。

いったい、なにをしてるんだか。

本気で事故の原因を究明しようとしないのも、もちろんですが。

事故からたったの1日半で、むりやり運行を再開したこととか。

死傷者の捜索終了後に、たまたま助け出された女の子の話とか。

賠償金を上積みするから、早くもらって後は黙ってろと遺族に迫る姿勢とか。

・・・これじゃあ、誰だって不気味なものを感じます。

日本の旅行会社が、高速鉄道を利用するツアーを見直すってのも、当然だよ~。

実はこういう危機のときこそ、きちんと対応して不安と疑問を払拭するチャンスなのに、彼らはことごとく対応を誤っている。

本当にもう、ため息しか出てきません。。。



●では、

またね。



【26/07/2011 22:58】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。