他人事ではないという気持ちで

●湿度、高すぎ

カメラたちを収納しているドライボックスを、ふと見たら。


キャパティ ドライボックス 8L ホワイト DB-8L-Wキャパティ ドライボックス 8L ホワイト DB-8L-W
()
ナカバヤシ

商品詳細を見る



ボックス内に備えつけの湿度計が、80%を超えていました。

「ひえ~!」

カメラに湿度は、もちろん大敵。

たとえ「防水(防滴)機能」つきのカメラでも、やっぱり保管は乾いた場所が原則です。

じゃないとホント、レンズがカビで曇ってしまったりするし(爆)。

「乾燥剤、取り変えなくちゃ!」

あわてて買い置きの乾燥剤を入れたら、湿度はなんとか40%くらいに下がりました。

だいたい適切な数字、ではないかと思います。

さて、ドライボックスね(笑)。

カメラ専用のもの(上記)でなくても、フツーのタッパーに乾燥剤、でも代用できます。

100円ショップでも揃えられるってことですね(笑)。

適正な湿度は・・・人のアドバイスによれば、だいたい30~50%くらいかなあ。

(あんまり乾燥しすぎると、今度は機材や皮のストラップなどを痛めます。)

いちいち面倒だとは思いますが、可能ならばそうやって、まあ言わばカラリと爽やかな環境に置いておくほうが、カメラが絶好調でいい仕事をしてくれます(笑)。

ホントは、デジタル機器全般に、これは言えることなのかもしれませんね。



●口さがないネットでは

一部でこれを、バカ発見器、と称しているそうですね。

「軽率ツイート」大騒動に 高級ホテル、有名メーカー相次ぐ謝罪

深夜、飲酒運転をしたと自ら告白した大学生とか。

(ホントは自転車に乗ってたみたいだけど、騒ぎのせいで停学になったとか。)

軽~い気持ちで見学者を募った航空管制官までいると聞いては、なんかもうね。

たぶん・・・わたしはツイッター未経験なので想像ですが、メールの感覚なんじゃないかと思ってます。

携帯端末で短い文章を打ち込んで送信する、というプロセス自体が、ケータイのメールと同じだから。

有名人でもない限り、自分のツイートを見てくれる人も反応してくれる人も、(たぶん基本的に)知り合いばかりで(オンラインのみの知り合いもいるだろうけど)、オーディエンスがほぼ決まっているから、特定のグループに「一斉メール」をしてる感覚なのかも。

ちがうかな???

実際には、いつどこで、誰がどんなきっかけで目にするか、それを読んでどう思うか、わからないのにね。

それも、昨日今日はじまったことじゃなくて、もう何年も前から、ブログなりYouTube動画なりで、似たようなことをして手痛い目に遭った人たちが、大勢いるのにね。

結果を予測できないとんだオコチャマでも、かなり偏った危険思想の持ち主も、そしてわたしみたいな立派に腐ったオバチャンも。

誰もがカンタンに世界に向けて発信できるのが、インターネット。

その威力と、秘められた危険を、忘れたくないと思いました。

あ、ところで>>

「ツイート」を日本では、つぶやく(つぶやき)、って訳してますよね。

明らかな誤訳だとは思いませんが、英語の「tweet」とは、若干ニュアンスが違うような・・・?

チュンチュンとか、ピーチクパーチクとか(笑)、どちらかというともっと明るい印象。

さえずり、おしゃべり。

・・・そんな感じじゃないかなあ。

「呟く」っていうと、誰かが聞こうが聞くまいが、ひとりポツンと発言するイメージじゃない?

ブツブツとか、ボソボソとか。

だからいけないってわけじゃないけど、なんかこう、少し根暗なのが気になります(苦笑)。



【29/07/2011 21:59】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。