Right to be left alone

●拍手&コメント

いろいろありがとうございます。

「持ってる」みなさまのポジティブな反応に、ちょっとホッとしています(笑)。

東のSさま>>

いつもコメント、ありがとうございます♪

ええ、そらもう、相変わらずうちの甥っ子たちにめろめろ(死語)のわたしです・・・(笑)。

西のSさま>>

そうなんですよね~。

激しく暑苦しいマグナム持ちばっかりで、岩城さんを狙ってる構図(笑)。

そこに立ち塞がる旦那さまに勝てる自信は・・・まあ、あったことないですけど(爆)。

某さま>>

初コメント?ありがとうございました♪

男性の名前へのこだわりは、ものすご~く強いわたしです。

美しい響き、語感、漢字のチョイスなどなど、究極の美学がそこにあると思います(笑)。



●台風12号は

若干、西に逸れたようですが・・・それにしても、のろいですね。

まだ本州から1000キロも離れたところにあるのに、すでに北関東で被害が出ているのには驚きです。

このあたりでは激しい雨がときおり降る程度ですが、それにしても、暑い!

湿度がかなり高いのでしょう、空気がすでに「濡れている」感じ。

何にもしてなくても、肌が始終べっとり汗をかいている状態で、なんとも気持ちが悪いです(苦笑)。



●ITネタ

お疲れさま、そして心からありがとう>>

定番FTPクライアントソフト「FFFTP」が開発終了

え、聞いたことない・・・?(笑)

ビルダーなどのHP作成ソフトを使わず、基本的に自力でサイトをつくっている人には、「超」がつくほどお馴染みのフリーソフトです。

これがないと、自分のPCでつくったページを、インターネット上に公開できない。

・・・って、かなり乱暴な説明ですが、そんな感じ。

ホームページ作成の必需品のひとつだと、わたしは思ってます。

そんな世界中で愛されているソフトですが、セキュリティ上の不安は完全に解消されておらず、いずれは別のソフトを利用しなくちゃいけないのかなあ、と思ってはいたのですが。

でも、FFFTPはシンプルでわかりやすいのよね。

当分は使用を継続するつもりですが、やっぱり、残念だなあ。

もうひとつ>>

恋人追跡の「カレログ」が謝罪、「サービスを根本的に見直す」

偶然に「カレログ」の存在を知って、さすがにのけ反りました。

別に法律なんかに詳しくない人だって、

「それってヤバくない・・・?」

って、ふつう気づくと思うんですけど・・・(汗)。

どう考えても「ストーカー御用達ツール」だと思いますが、そうでなくてもダメでしょ~。

なにがダメって、アナタ、恋愛関係をサポートするとはとうてい思えないからです。

このツールを(恋人に黙って、恋人のスマートフォンに)インストールしようという発想自体が、すでにその恋愛関係の破綻を示唆してるでしょう?

信頼関係がないって、暴露してるようなものでしょう?

「やましいことがないのなら、このアプリを入れてもいいはず」

・・・なんてとち狂った考えの人間がいたら、その人は相当なおバカさんです。

(この手の「プライバシー」論争になると、必ずいるんですけどね。)

好きな相手のことを知りたい、何をしてるのか気になるってのは、恋愛の自然な感情ですが、それとこれとは話が違う―――次元が違う、というかね。

さて、あまりの反発に驚いたのか、開発者は改善を約束したそうですね。

(そういうリアクションを予測できなかった時点で、すでにおかしな企業だと思うけど。)

要するに、スマートフォンの持ち主が、このアプリの存在に同意しているかどうかを、きちんと確認できればいい・・・って理屈は、まあ、そのとおりです。

さて、でも、考えてもみてください(笑)。

「こういうソフトがあるんだけど、あなたのケータイにインストールしてもいい?」
「うん、いいよ」

と、なんの疑問も抵抗もなく、あっさり同意が得られるようなカップルは、そもそもカレログが要らないんですよ(笑)。

恋人がいつどこで何をしてるのか、誰と何を話してるのか。

そこに猜疑心の入り込む余地がなく、聞きたければ聞けばいい、聞けば正直な答えがもらえる環境にいる人が、どうしてそんなストーカーの真似をするでしょう(笑)。

これが岩城さんなら、こういうサービスがあると知って、

「・・・便利かもしれないな。おまえコレ、俺のケータイに入れておくか?」

とか、軽く言いそうでしょう(笑)。

彼にとっては、「ロケ中で電話できないってわかっていいだろうし、うっかりケータイの充電切れのときでも、香藤がそれを知ることができるから、安心かも」・・・程度の感覚。

一方で香藤くんは、こちらもあっさり、お断りするような気がします。

「えー、やだよそんなのー」
「なんでだ?」
「別に俺、岩城さんに盗聴器つけて監視したいわけじゃないしさー」
「ああ、まあ、それはそうだが」
「だいいち、つまんないじゃない」
「なにがだ?」
「そんなアプリで岩城さんの行動が把握できるようになったら、岩城さん、俺に電話してくれなくなっちゃうんじゃない?」
「そ、それは・・・」
「いっつも俺、岩城さんから電話くるの、ドキドキしながら待ってるのに」
「・・・バカ」
「今どこかな、そろそろロケ終わったかな、元気かな、やっと電話来るかなーって、いろいろ思いながら電話待つのって、すっごく楽しいんだよ?」
「・・・」
「会えないのは寂しいけど、岩城さんが電話してくれるのは嬉しい。その楽しみ、奪わないでよね」

・・・あ、なんか、非常に暑苦しいことに・・・(爆)。



【02/09/2011 01:54】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。