日本語は難しい

●TBのお題から

「クーラーまだ使ってますか?」

(「クーラー」って最近あんまり聞かないような・・・? 「エアコン」って言いません?)

「まだ」も何も、今だからこそ必須でしょう(笑)。

きびしく辛い夏の暑さもようやく、あと数日で峠を越えるというのに(というのは過剰な願望かも)、今ここで累積した疲れにやられては、元も子もありませんもの。

夏をなんとか逃げのびて・・・いや、たぶん、そのはずなんですが。

結果、今は体力が減退してるのを実感しているだけに、よけいにエアコンの助けが要ると感じています。

・・・35度とか、もう、要らないよ~(汗)。

早く、早く、夏にはご退場を願いたいです。

(自分だけの勝手な感覚で言えば、もう二度と来なくてもいいレベル。)



●恒例の

日本語調査、今年はこの記事がいちばん充実してました(笑)>>

「っ」付き言葉、6~8割が「気にならない」 「姑息」の誤用も

毎年これは、勉強になりますねえ。

自分ではわりと、日本語の使い方にうるさいと思っているんですが、この世論調査を見ると思い違いもあったりして、毎年ドキドキします(笑)。

☆「姑息」

これねえ、昔むかし、言われたことがあるんですよ。

「だいたい姑(しゅうとめ)と息子よ? ずるくて厭らしいって意味に決まってるじゃない!」

って、そのころ同じ職場にいたパートのおばさんに。

ぼんやりとしたわたしには、彼女の毒舌の背後にあるものが想像もできず、けっこうびっくりしました。

その強烈な印象のせいかどうか、間違って使ってるよなあ(苦笑)。

☆「寒っ」

「うまっ」とか、「安っ」とかという表現は、あんまり気になりませんね。

誤用か否かではなく、これは口語的表現だと思っているので、カジュアルな会話の中で登場する限りは、どっちでもいいです(笑)。

※「きもっ」や「うざっ」はイヤですが、それは「っ」のせいではなく、もともと「キモイ」「ウザい」という俗語(造語? 新語?) を好きではないからです。

☆「ら抜き」「さ入れ」

・・・もはや言うまい・・・(笑)。

☆「号泣」

偉そうに人の言葉づかいを直せるような立場じゃないけど、でも!

でもでも、これだけはダメです(笑)。

わんわん声をあげて泣く、という意味なのに、間違って使われてるのを最近、よく目にするので。

芸人やワイドショーや、芸能人のスキャンダルを扱うメディアが、ほんの少し泣いた程度で大げさに「号泣!」なんて見出しをつけたりするから、その誤った印象が広まった・・・ということですが。

でも、決してそういう、俗っぽい?出所だけが悪いとは思えないなあ。

覚えてますか、過日、あのカイエダバンリっていうオジサンが、お仕事中に泣いたことを?(笑)

マスコミも野党も一斉に食いついて、あることないこと言いましたよね~。

そのとき、とりあえず一流ってことになっている新聞やテレビ局でも、

「海江田経産相、進退を問われて号泣!」

って、さんざん報道したんですよ。

確かに、政治家のオジサンが委員会の席で泣くって珍しいし、一般的に見るとあれは相当、みっともない椿事だったのかもしれませんが、しかし。

わたしの見た限りでは、あれは「号泣」ではありません(笑)。

派手においおい声をあげて、身も世もなく泣き崩れたわけじゃないんだから。

あんな程度で「号泣」と呼ばれたら、ほとんどの人間の泣くという行為=号泣、になってしまいます。

それはおかしいでしょ~。

☆最後に

同じく、最近よく見かける誤用といえば、「妙齢」。

妙齢って、うら若い女性、それもホントに客観的に見て若い女性(感覚的には高校生~せいぜい20代前半くらいまで)にしか使っちゃいけない言葉ですよね。

それなのに、どうも最近、用法がおかしいんです(笑)。

30代以上というか、いわゆるオバサン一歩手前の「微妙な」年代の女性を表す言葉として、間違って使われているケースが少なくない。

「ほら、わたしたちって、妙齢だからさ~」

なんていう、噴飯ものの会話すら聞いたことがあります(苦笑)。

「待て待て、ちょっと待て! 妙齢の意味、まちがってるよ!」

・・・というか、そもそも自分のことを妙齢とは、死んでも言わないでしょう。

ヘンだよ、という話を小鳥さんにしたら、

「今の時代、(ホントの意味の)妙齢の女性は、ミョウレイなんて言葉は知らないよ」

って、まあ、ヒドイ(笑)。

それは極論だけど、文学少女でなければ、たしかにあまり遭遇しない言葉かもしれませんね。

つまり、岩城さんがどれほど美人で蠱惑的でも、彼は決して!絶対に!妙齢ではあり得ません(笑)。

彼の年齢は今、ミョウレイ×2、くらいでしょう(爆)。

(・・・え、男性に使うのはおかしい? え? え?? ドウイウコト?)

もっとも、岩城さんが妙齢だった頃(すでに使い方がヘン)って・・・香藤くん、中学生ですね(爆)。

その頃に出会ってなくて本当によかったと、心から思います。

だってほら、出会って恋に落ちていたら、岩城さんは青少年保護条例とかに引っかかって、警察のご厄介になっていたかも・・・!?

未成年との××容疑で逮捕される岩城さんとか、イヤすぎる(爆)。



【16/09/2011 02:23】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。